教育方針

建学の精神

建学の精神建学の精神

 日本学園は、明治の大教育者であった杉浦重剛(しげたけ)先生が1885年に創設した東京英語学校が前身です。日本の私学としては指折りの長い歴史と伝統を持つ学校です。
 当時はいまの東京大学への進学をめざす若者のための予備校で、全国から英俊が集まりました。戦後日本の路線を敷いた吉田茂元首相や岩波書店創業者である岩波茂雄、日本画の横山大観など日本の政官界、経済界、芸術と文化の分野に優れた業績を残す多くの逸材を輩出しました。

 杉浦校祖は、社会に貢献する人材を育てたいとの考えから、生徒には「まさかのときに役立つ人間になれ」と説きました。また「社会の一隅を照らす人間になれ」とも教えました。
 ここには、立身出世を目的とするのではなく、社会がまさかの状況になったときに、しっかりと行動して役立つことのできる人間になってもらいたい。そして、どんな場所にあっても、そこを照らす人間であって欲しいという、高名でありながら生涯清貧だった校祖の願いが込められています。杉浦校祖は、教育の目的は単に知識の習得にとどまるのではなく、人間形成にあると考えていました。

 ところで、その人間形成に関して、杉浦校祖は「人は得意な道で成長すればよい」と生徒を型にはめることなく、伸び伸びと自己研鑽に励むことを奨励しました。ここに、本校の卒業生が多岐にわたる分野で活躍することになった秘密があるのかもしれません。
 生徒の個性を尊重する姿勢は、日本学園の<自由闊達な校風>として今日に受け継がれているものです。

 私立学校と公立学校の違いは、私立学校がそれぞれの<建学の精神>を掲げて子弟の教育にあたっていることです。私たちは、杉浦校祖の<人間の形成こそ教育の本分><自己の得意を伸ばす>という教えは、時代が変わっても不易の価値を持っていると考えます。

 私たちは、伝統ある日本学園の<建学の精神>を今日の時代により良く生かすべく、熱意を持って生徒の指導に当たる決意です。