高校3コース制

夢を実現させる3コース

生徒一人ひとりの目標や進路に対応したきめ細かい指導を展開するため、本校では3つのコースを設置しています。
生徒の自主性を尊重しながら、それぞれの個性や可能性を引き出すことをめざし、柔軟で的確な指導に力を注いでいます。

特別進学コース

1年次での英数国3教科重視のカリキュラムの展開、少人数のクラス編成、さらに2年次からは文系・理系に分かれた授業を行い、一般入試・センター入試に必要な科目を重点的に鍛え上げるコースです。週4日の7時限授業、朝テストや放課後指導、夏期・冬期の 集中講習なども含めた独自のカリキュラムで徹底指導することにより、基礎学力を充実させ、高い応用力を育成します。

 

明治大学を基軸に、
国公立・早慶上理などの難関大学への
現役合格をめざす。

特別進学コース

めざすは難関大学への合格実績、徹底指導で学力を伸ばす。

明治大学を基軸に国公立・早慶上理など難関大学のへ現役合格をめざすためのコースです。特徴は① 難関大学に対応する「3教科」重点カリキュラムの展開② 少人数クラスの編成③ 成績に対応した「特待制度」などです。≪1年次≫から土曜日も通常授業を実施し、週4日は7時限授業を設けています。さらに朝学習や放課後指導を実施し、「小テスト」で学習の習熟度を測りながら進めます。また、受験対策として夏期は2期・冬期は1期で、1年生から3年生まで全員参加の「集中講習」を実施します。≪2年次≫からは志望する学部によって文系・理系に分かれて授業を行いますが、文理ともに「難関大学受験」の3教科シフトを採り、一般入試・センター試験に必要な科目を重点的に鍛えあげ、生徒の基礎学力を充実させると同時に応用力を育成します。≪3年次≫には応用・演習問題に集中的に取り組みます。「文系」は英語と古典の時間を多くとり、大学入試の傾向を睨みながら実践的な学習に取り組みます。「理系」は数学重視のカリキュラムを編成、入試本番に向けて実践的な問題演習に繰り返し取り組みます。

難関大学に対応する
「3教科」重点カリキュラム

1年生で難関大学入試に必要な学習方法を学びます。文理に分かれる2・3年生のカリキュラムは難関大学入試の3教科に重点を置き、センター入試はもとより一般入試に対応したカリキュラムが組まれています。

難関私立大学に対応する「3教科」重点カリキュラム
少人数30名以下のクラス編成

少人数のクラス編成。面倒見のよいフォロー体制で入試に取り組みます。重厚なカリキュラムのもと、各自の受験大学・学部・学科に対する対策が行えるのもこの少人数編成の利点です。

少人数30名以下のクラス編成
充実した特待生制度

「特待制度」には4段階あります。
●SS特待(入学金+授業料+充実費+施設費免除)
●S特待(入学金+授業料+施設費免除)
●A特待(授業料免除)
●B特待(教育充実費+施設費免除)
※年度毎の見直しがあります。

充実した特待生制度

総合進学コース

1年次は日々の学習の徹底を図り、学習習慣をつけ基礎学力を確実に身につけることを目指します。全員がすべての教科を幅広く学び、将来の進路や適性を見極めます。
2年次では「一人ひとりの個性に合った進路指導」のために文系・理系に分かれて授業を行います。3年次では受験科目に重点を置いたカリキュラムや小論文対策授業などを通して、入試に対応できる力を養います。

 

文武両道で特性を伸ばし
自己実現をめざす。

総合進学コース

一般入試、AO、指定校など多彩な大学入試に対応

≪1 年次≫は基礎基本の習得を目標に、日々の学習の徹底を図り、積み重ねを大切にして将来につなげる学習習慣と基礎学力を身につけます。≪2年次≫は「一人ひとりの個性にあった進路指導」のために文系・理系に分かれて将来の進路に備えます。弱点補強やさらに深い知識を習得するために英語・数学・国語の主要3教科に関しては実力アップ講座を行い、徹底指導で確実に実力をつけて3年次につなぎます。≪3年次≫では2年次までの理系・文系という枠からさらに自分の志望を追求し、進路に向けて必要な科目を効率的に学習します。大学進学を目指す生徒には夏期講習・冬期講習・直前講習を行い、英語・数学・国語の3教科を中心に集中的に学びます。

総合進学コース1年次時間割

スポーツコース

本コースは、硬式野球部、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、柔道部に入部する生徒で構成されています。このコースを選ぶ生徒の中には、将来はスポーツの指導者やスポーツに携わる仕事がしたいなどの目的意識を持った生徒が多いのも特徴です。3 年間スポーツのみで卒業かというとそうではありません。英数国の3教科に重点を置いたカリキュラムを組み進学するための学力も身につけさせます。

 

スポーツで輝く人になる。
目指すはトップアスリート。

スポーツコース

スポーツを主軸にしつつ大学進学に対応する学力を伸ばす

日本学園のスポーツコースは、硬式野球部、サッカー部、バスケットボール部、バレーボール部、柔道部に入部する生徒で構成されています。所属する部は違っていても「スポーツ」という共通語のもと、クラスは一つにまとまっています。スポーツコースを選ぶ生徒は、スポーツが好きで、将来はスポーツの指導者になりたい、あるいはスポーツに携わる仕事をしたい、部活を頑張ってもっと上手くなりたいなど、目的意識がはっきりとした生徒が多いのも特徴です。3年間スポーツのみで卒業かというと、そうではありません。英語・数学・国語の3教科に重点を置いたカリキュラムを組み、志望大学・学部に進学するための学力を身につけます。時間割は土曜日の3時間目から部活の時間を設け、遠征にも行きやすく工夫されています。スポーツコースの3年間で身につけた礼儀正しさ、部活での厳しい練習で培った精神力は、学習にも良い効果を及ぼしています。

スポーツコース1年次時間割