広報室

2017-09-05

漁業体験、生徒たちの感想

先日行われた漁業体験の中学2年生の感想です。
少し長くなりますがよろしければご一読ください。


漁業体験について学んで
中2 杉田くん
私は三日間漁業体験に行きました。
一日目はセミナーを受けたり、施設見学をしました。セミナーでは漁協についてや、漁法についても学びました。魚を取る手法はたくさんあり、とる魚によって手法を変えているそうです。次の施設見学では自動化が進んでいることに驚きました。
二日目は養殖について学んだり、水族館に行ったりしました。漁船に乗っていけすを見学したときは、大きないけすをたくさん見ました。水族館ではなかなか見られない珍しい魚を見ることができたなど、とても楽しかったです。
三日目は競りを見学しました。売る人は明るく場を盛り上げながらも売り残してはならないというような必死な雰囲気が伝わってきました。昼は食事処で食事をしました。漁港ととても近いためか、とても新鮮な魚をいただくことができました。
この三日間では、都会ではできないような貴重な体験をすることができ、漁業についても学ぶことができました。


漁業体験に行ってみて
中2 辰巳くん
静岡県沼津市で漁業体験を行いました。
一日目は午後からはじまり、まずは漁業セミナーを行いました。しかしこれは事前に学んだ事と似たような内容だったので、すぐ理解することができました。
その後は市場や製氷工場、加工場の見学をしました。二日目は朝早くから出発をし、水揚げ作業の様子を見ました。三人がかりで何千万匹のアジを船からトランクへ手早く移動していました。
その後、ロープワークやいけす見学、カゴ漁業体験を行いました。ロープワークでは実用的な結び方や、アジを育てているいけすでは一つ何百万匹も入っていることに驚きました。カゴ漁では様々な餌をつかい、どのカゴが一番漁が取れるか競いました。
三日目は、競りの様子を見ました。様々な人が魚を買おうと白熱していて、見ていて面白かったです。
この合宿で思ったことは、漁師の生活は想像より大変ということです。
この沼津では、アジの養殖がメインなのですが、アジの様子を見ないといけないので、1年間休みがないということと、年々魚の値が安くなるのに燃料や餌代は高くなってしまっているからです。
でもこの仕事に興味を持ったのでこれからも調べてみようと思います。


FISH
中2 多田くん
沼津市に漁業体験をしに行ってきました。
初日は内浦漁協に行って漁協のセミナーを受けました。そこでは今まで分からなかった漁協のことがすごくわかりました。
その後、施設見学に行って実際に魚を保存している冷凍庫に入りました。とても寒かったのでびっくりしました。初日から色々な体験ができました。
二日目はカゴ漁の体験や、船に乗ることができました。カゴ漁では自分達で餌を決めてそれを入れるまでやりました。その後、船に乗って魚を養殖しているいけすに行きました。餌をやっているのを見るとすごい量の魚を食べていたので、びっくりしました。
お昼はBBQでした。魚を焼いたりしたのでとてもおいしかったです。
最終日は朝早く起きて沼津漁港の競りを見に行きました。思っていた以上に大きな声を出していて迫力がありました。三日間でこんなに良い体験ができると思ってなかったのですごく楽しかったです。