部活動

表象文化研究部

主に東京で行われる絵画展や映画を通じて、ある表象が歴史的な文脈の中で、どのように利用されているかを研究する部活動です。つまり、芸術・文化に触れて自らの感性・教養を磨くことを目的としています。

部活動・委員会一覧
2018-07-10

期末試験最終日、中2(奥村・佐藤・廣岡)中3(杉田・中山)高1(大竹・澤田)高2(大岩)と副顧問ジェイミー先生と顧問で国立西洋美術館に行きました。ミケランジェロについては、この表象文化研究部ではおなじみです。2015年富士美術館「レオナルド・ダ・ヴィンチ「アンギアーリの戦い」展」でミケランジェロがダ・ヴィンチに対抗して描いた「カッシーナの戦い」の唯一残っている模写が来ていました。また昨年、三菱一号館美術館で「レオナルド×ミケランジェロ展」で主に彫刻のために描かれた多くのデッサンと大きなキリスト像を見ました。

さて、今回の目玉はまずミケランジェロの2点「ダヴィデ=アポロ」像と「若き洗礼者ヨハネ」像、そして預言者ラオコーンとその息子たちを襲う海神ポセイドーンの巨大な海蛇を彫った「ラオコーン」像の当時の写しです。ミケランジェロが活躍していたフィレンツエ・ルネッサンス当時に発見されたもので、ミケランジェロは「理想の身体」を見出す前に、古代ギリシャのさまざまな彫像を研究し、この「ラオコーン」の体のひねりとバランスにも多くのヒントを得て、今回来ている「ダヴィデ=アポロ」像に存分に活かしています。題名が独特なのは、ダヴィデなのか、アポロなのか確定できない、ふたつの要素をもった彫像だからです。ダヴィデはゴリアテを倒したことで有名、アポロは太陽神。

何よりも感動したのは「若き洗礼者ヨハネ」像です。スペイン戦争で破損、その後修復しミケランジェロ作とわかった作品で、戦争の惨禍の犠牲になり、その修復をした姿そのものが、何か洗礼者ヨハネの聖書の中での厳しい末路を思わせ、うつむき加減の悲しげな表情に心をうたれるひとは多いと思います。洗礼者ヨハネといちいち言われるのは、黙示録を書いたヨハネが別にいるからです。洗礼者ヨハネは杖をもって荒野をさまよいキリストに洗礼をしましたが、その後、ヘロデ王の娘サロメの願いによって、斬首されたことで有名です。

そこからの「復活」を願って彫られたかのように思われるのは、その後のこの彫像のたどった運命を考えても、現在に何かを送り届けているように感じます。

2018-05-02

事前学習のレジュメも記録として残しておきたいと思います。大岩君が作りました。学園祭などでもみていただければと思います。

2018-05-01

1昨年の京都合宿、昨年の鎌倉合宿でも表象文化研究部は山歩きの時間がとってありました。現在高3の鎌田君が自転車部で、体力がないと美術館めぐりもちゃんとできないよ、と言って合宿メニューの中に2・3時間の山歩きの時間を作りました。

京都合宿では真夏に伏見稲荷の一の峰までみんなで登り、鎌倉では銭洗弁財天から山の尾根伝いを高徳院(鎌倉大仏)まで歩きました。確かに美術館を一日にふたつ見て回った方なら身に覚えがあると思いますが、結構ふらふらになるものです。

体力がないとあとは適当に見ようということになりかねません。私のお勧めは、ひとつの美術館を見たら、一度腹ごしらえをして、次の美術館へいくことです。そうすればたいていの場合、疲れよりも充実感のなか帰りの電車に乗ることができるような気がします。

さて今回は計画になかったのですが、元麻布・広尾駅付近は大使館ばかりある地域ですが、有栖川記念公園があり、新緑がまぶしく、街の人々の憩いの場所になっているようでした。そこを散策しながら帰りました。

もし金沢に夏合宿にいくなら、兼六園があり、庭や公園の見方も事前に学んでいきたいものです。

2018-05-01

東京都内の美術館にはよく足を運びますが、すでに歴史的に認められ、すでにこの世にない画家の絵画や彫刻作品ばかりをみていることになります。今回は、今もどんどん絵画を書き続けている現代画家の作品を見にいくことにしました。

ジェイミー先生もサイバーパンクの絵画を描く画家ですが、彼の口癖は今を生きる画家の作品を生徒にぜひもっと多く見せたい、できればその作家が画廊にいらっしゃれば、質問をさせたい、です。とても大切なことだと私も思いました。

今回足を運んだギャラリーは、現代の日本を代表する村上隆さんの画廊です。彼がお薦めする画家たちに場所を提供し、このような展示が行われているようです。今回はジェイムズ・ジーンという画家のもの。映画の「ブレードランナー2049」や「シェイプ・オブ・ウォ―ター」などのイメージ絵画も手掛けている最前線を走っている画家です。

とてもビビッドで感心しました。新しいだけではなく、何か私たち現代人が入っていける要素がしっかり盛り込まれていると同時に画家のの世界観がおもしろく構成されているのを感じました。生徒たちもとても反応がよく、写真可でしたので、好きな作品は写真を撮っていました。また、こういった現代作家のものも見に来たいものです。

2018-05-01

春季遠征を終えて、やっと新学期になって活動日が来ました。学校生活も始まって約1か月、新学年の軌道に乗せるのに生徒たちは精一杯だったと思います。G.W直前に美術館が混雑する前に、中1(山下君)、中2(佐藤君、廣岡君)、中3(甘利君、中山君、杉田君)、高1(澤田君)、高2(大岩君)、高3(平尾君)、副顧問ジェイミー先生と私で出かけました。

目的は、2か所ー1東京都美術館「プーシキン美術館展」と2カイカイキキギャラリー「ジェイムズ・ジーン展」そして3帰り道にあった有栖川記念公園散策!楽しい午後をみんなでおくれたと思います。

さて、まず「プーシキン美術館」ですが、モスクワにある有名な美術館で、そこから65点の風景画が来ています。目玉は、モネ「草上の昼食」、ルソー「馬を襲うジャガー」、セザンヌのサント=ヴィクトワール山を描いた何枚か。フランス絵画がほとんどですが、17世紀くらいの風景画は、人物よりも自然の方がずいぶん大きく描かれおり、圧倒しています。印象派に行く前に、ミレーやトロワイヨンなどバルビゾン派の絵画もきており、野をいく牛や微妙な空模様がとても心地よく、風景画のそれぞれの窓から、初夏の涼風が美術館に流れ込んでくるようです。

2018-04-28

澤田部長を中心に、新体制で話し合いが行われました。議題は、夏の合宿先の検討とワークショップコレクション(表象文化研究部の生徒による授業)、学園祭の計画などでした。

夏合宿については、以前から奈良と金沢で事前に調べてもらい、どちらがより充実したものになるのか、出してもらいました。自転車を使う是非やハザードマップの必要などいろいろなことが話題にあがりました。ほぼ金沢に固まったようでしたが、もう少し詰めなければいけないところがあると思いました。

ワークショップコレクションについては、国語科の枠のなかでやらせてもらうことになると思いますが、平尾君(高3)がメインで大岩君(高2)がサポートし、他の部員も手伝う態勢で臨むことになりました。

学園祭では、展示発表をしようということになりました。これまでの事前に作ったレジュメをもとに発表することになると思います。

そして本日(土)は久々の活動日です。上野から広尾に向かいます。

2018-03-26

この春季遠征は、9:00上野集合し、国立西洋美術館で「プラド美術館展」、東京都美術館で「ブリューゲル展」、有楽町に移動し三菱一号館美術館で近代の画家「ルドン展」、六本木に移動してサントリー美術館で、和の世界にひたる「寛永の雅」展ー小堀遠州・野々村仁清、狩野探幽ーを一日かけて見るという体力も気力もいる企画なのでした。

どうも生徒たちは一番「ルドン」にはピンと来なかったようです。ルドンは、中心になって描きたい対象ははっきり描くのですが、あとはかなり独特の色感覚で抽象的な雰囲気の背景としてぼかされているような描き方をしています。色も暖色が多く、やわらかな雰囲気をかもしているのですが、生徒たちにはちょっと刺激な足りないのかなと思いました。ただ、黒の時代と呼ばれる時代の画は造形もおもしろく、想像上の眼や貌が描かれています。あれはおもしろかったけど、というのが、聞こえてくる声でした。

「寛永」という時代は、江戸初期といっていいと思います。安土桃山の「わび・さび」の文化は、小堀遠州や後水尾天皇などに受け継がれて発展していきます。修学院離宮はその集大成ともいえる建築物ですが、茶器や棗、屏風などを見ながら、今日一日駆け抜けてきた空間的な、あるいは歴史的な違いを実感していました。

こういった遠征はもちろん美術を見ることが目的ですが、何と言ってもみんなであれこれ話をしながら、移動できることを楽しんでいるようなところがあります。少し疲れましたが、みんないい表情をしていました。

2018-03-26

以前「バベルの塔」(ピーテル・ブリューゲル1世)が来た時にみんなで見に行きました。このピーテル・ブリューゲル1世から長男(ピーテル・ブリューゲル2世)、次男(ヤン・ブリューゲル1世)そして孫、ひ孫の代までブリューゲル一家は画家を輩出した名門です。

お手本は父祖だけではなく、同時代のいろいろな画家の影響もあるようですが、同じ一家でコピーを作ったりしながら、腕を磨いたようです。しかし、まねばかりではなく、「花」の静物画を得意にしたり、昆虫や鳥などを博物学的に描き分けたり、また農民の生活と季節を克明に描いたりとそれぞれの得意分野をもっていたことがうかがえます。

それにしても初代の「バベルの塔」は破格の作品だったこともわかりました。

2018-03-26

以前、三菱一号館美術館で実施された「プラド美術館展」は部活動で行ったことがあります。ですから私たちにとっては2回目のプラド美術館展です。プラド美術館と言えば、何と言ってもスペインの至宝ぞろいで、その中心はゴヤとベラスケスではないかと思います。いつか現地へ出向いて堪能したいものですが、こうやって東京にやってくるものは時間の許す限りみておきたいものです。人も絵も一期一会を大事にして、特にピンときた絵は心の眼に焼き付けましょう。

さて、ベラスケスが描いた狩猟服姿のフィリッペ4世の肖像画も来ていますが、この王の芸術への理解がなければ、プラド美術館にはこれだけの絵画は収集されていないと考えていいと思います。生徒たちの感想は、今回の美術展のなかでもこのプラドの美術作品が一番だったとのこと。

私は個人的にはベラスケスは言ううまでもなく、ヴェネツィア派のティツィアーノの「音楽にくつろぐヴィーナス」やヴァン・ダイクの数点、女性画家ジェンティレスキの「天使によって介抱される聖フランチェスコ」、キリスト復活後に火の舌が降るという聖霊の降臨を描いたマイーノの画などが印象に残りました。

その他、次に行ったブリューゲルの画も数点、ルーベンスやムリーリョなども見ることができます。

2018-03-12

映画館で見たはずのこの映画「ララランド」を、学内鑑賞会で再び見ました。アメリカのアカデミー賞を受賞し話題になりましたが、音楽やダンス、そして映像をこえて、やはりこの映画はエマ・ストーンのぬれた大きな瞳が私たちの心を鷲掴みにしていたのだなと感心しました。見終わったあとに、当然あれこれと話になりましたが、中1の廣岡君がすでに10回くらいはみましたよ、と言ったのには先輩たちも驚いていました。彼が映画好きであることは知っていましたが、同じ映画を何度も見ることで養われるものが必ずあり、それを彼は知っているのだと思いました。

必ず見るたびに発見があります。今回エマ・ストーンの瞳のすばらしさ(その表情)が、女優賞をもたらしたのだと初めて気づかされました。お互いに夢に賭けていく大切さを共有し応援し合えるふたりでしたが、結果として別れなければいけなかった運命を、このミュージカルは、だからといってそれはダメじゃないんだと言っているように思えました。小さくうなづき合うふたりが印象的でした。