部活動

柔道部

関東高校柔道大会五年連続出場(平成21〜25年度)、平成23年度インターハイ73kg級優勝。平成25年度東京都中学生大会90kg級優勝、全国大会出場・関東大会BEST8。平成26年度インターハイ東京都予選会・全国高校選手権東京都予選会Best8。全国制覇を目指して、毎日厳しい練習をしています。

部活動・委員会一覧
2017-02-23

全国体育系学生柔道体重別選手権大会の結果が出ました。
永井先輩は、ベスト8。村上先輩は惜しくも2回戦敗退。

まだ、上には上がいるようです。

日本学園高校柔道部も上を目指して頑張ります。


http://www.gakujuren.or.jp/2017taikukei/2017tr0219.pdf

2017-02-17

日本学園のOB、
永井克典先輩(日本体育大学)と村上大樹先輩(日本大学)が
第29回全国体育系学生柔道体重別選手権大会に出場します。
講道館にて行われる大会で、過去には上田達彦先輩が優勝しています。
永井先輩は73kg級にエントリー、試合は2月18日(土)、
村上先輩は90kg級にエントリーで試合は2月19日(日)に行われます。

日本一を目指して頑張ってもらいます。

あたたかい応援をよろしくお願いいたします。
詳しくは↓
http://www.gakujuren.or.jp/2017taikukei.html

2017-02-11

2月18日(土)保護者後援会三年生を送る会
2月21日(火) 試験一週間前
2月28日(火)学年末試験
3月3日(金) 試験終了後 稽古
3月4日(土) 高校二次入試
3月5日(日)OFF
3月6日(月) 答案返却後 稽古
3月7日(火)10:00〜
3月8日(水)10:00〜
3月9日(木)13:30〜
3月10日(金)13:30〜
3月11日(土) 高校卒業式
3月12日(日)OFF
3月13日(月)13:30〜
3月14日(火)13:30〜
3月15日(水)13:30〜
3月16日(木)13:30〜
3月17日(金)10:00〜
3月18日(土)修了式後 稽古
3月19日(日) 全国高校選手権大会 見学
3月20日(月) 全国高校選手権大会 見学
3月21日(火)10:00〜
3月22日(水)10:00〜
3月23日(木)10:00〜
3月24日(金) 広島遠征 出発
3月25日(土) 広島平和カップ出場
3月26日(日) 平和カップ 見学
3月27日(月) 練成大会 参加
3月28日(火) 移動
3月29日(水) OFF
3月30日(木)10:00〜
3月31日(金)10:00〜

2017-01-29

BEST16

昨年、全国大会の決勝が東京同士だったので、その2校分が増えて4校が全国大会に出場できることになっています。

その全国大会を目指して、日本学園は一回戦から出場でした。しかも第一試合。相手は、明大明治。
ここには、負けなしの3人残しで勝利。上手に次の選手にバトンタッチができました。

二回戦、相手は支部の無差別チャンピオンを擁する海城高校。
ここにも上手に流れをつかみ、負けなしの2人残しで勝利。

三回戦、修徳高校が相手。
ここにも先鋒、次鋒と引き分けて、上手に流れを作りましたが、中堅に抜かれて、3人残しで負け。上手に流れを作り切れませんでした。

結果はベスト16.

東京武道館まで応援に来てくださった方々、あつい応援を下さった方々、ありがとうございました。


優 勝:足立学園
準優勝:国士舘
第三位:日体荏原、修徳
※上位四校が全国大会進出

BEST16:日本学園

2017-01-22

日本武道館への切符をかけた予選会が講道館で行われました。

体重別5階級の大会で日本学園からは2名が出場。2名は怪我のため団体戦に合わせて個人戦は棄権しました。

73kg級永島は二回戦敗退。
81kg級吉田は三回戦敗退。(ベスト16)

三回戦は、国士舘の選手相手に下がってしまい一本負け。
団体戦に向けて立て直します。

団体戦は、1月29日(日)東京武道館です。

2017-01-21

1月22日(日)講道館、1月29日(日)東京武道館にて行われる選手権大会の東京都予選会の組み合わせが発表になりました。

日本学園からは個人戦に4人がエントリーしています。
60kg級 田代
73kg級 永島・中島
81kg級 吉田
です。

また、団体戦でもエントリーしています。
寒い日が続きますが、気合を入れた稽古を行っています。

個人戦→http://www.tokyo-hs-judo.org/img/kekka3/2016shinjinMK.pdf
団体戦→http://www.tokyo-hs-judo.org/img/kekka3/2016shinjinMD.pdf

応援よろしくお願いいたします。

2017-01-15

センター試験で受験生が戦っている日に、国士舘高校の柔道場では選手権大会に向けて熱い戦いが繰り広げられていました。

日本学園も第二回戦から出場。熱い戦いをしてきました。

二回戦、相手は自由が丘高校。
相手は4人でのエントリーでしたが、重量級の選手。
先鋒の中島が、3人を抜いて、最後に引分で4人残しで勝利。

三回戦、相手は世田谷学園。
ここにも負けなしの3人残しで勝ち。
良いところ、悪いところが交互に見られた試合でした。
試合では良いところだけ見せて、悪いところは見せないようにしないといけません。相手は、我々の悪いところに付け込んできます。

四回戦は準決勝戦。相手は正則学園。
3人に抜かれ、勝ちなしの3人残しで負け。
ここでは良い流れが作れませんでした。団体戦では、小さい流れでも団体となって大きな流れになってしまいます。

気を取り直して臨んだ三位決定戦。相手は都立駒場高校。
ここにも1人残して負け。
結果は4位でした。
もう少し最後まで極めていればポイントになったかも知れないという技は見られましたが、そのようなところでの流れをつかみ切れませんでした。立ち技から寝技への移行の際に手を離してしまい、リセットしてから寝技に移ってしまうので、寝技に移行するのが早すぎると極めが疎かになってしまいます。立ち技の握りのまま寝技にいければ良いのですが、気持ちや握りをリセットしてしまい、なかなか三分の試合の中でも、流れを作ることができませんでした。

個人戦はというと、4人が出場し、4人とも敗者復活戦で都大会への切符を確保しました。ゴールデンスコアの戦い方など、確認が必要です。
都大会までに、再確認です。

寒い中、国士舘まで応援に来てくださった方々、ありがとうございました。

都大会は、1月22日(日)講道館にて個人戦。29日(日)東京武道館にて団体戦です。

2017-01-13

国士舘高校で1月15日(日)に行われる選手権大会の支部予選の組み合わせが発表になりました。
日本学園は、右側のパートで、第二回戦からの出場です。

このトーナメントから12校が都大会に出場できます。

今から気合充分です。

2017-01-09

柔道部保護者後援会とOBのご協力により、今年も盛大に鏡開きを行うことができました。

保護者後援会会長の盛さん、そして万田監督の挨拶から会が始まりました。また、三年生への記念品の贈呈。三年生からの挨拶。盛キャプテンからの送る言葉。涙々の会となりました。更に、万田先生から奥様への感謝の言葉もあり、感動的な鏡開きとなりました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
今年も良い報告ができるように頑張ります。

2017-01-09

第39回吹田杯の優勝者は、田代 久遠となりました。
田代は三勝(全勝)で優勝。二位は、3人とも同率の一勝二敗。
一本勝ちの個数、直接対決の結果などを考慮して決めました。

一位 田代久遠
二位 永島勝太
三位 中島翔真
三位 吉田龍之介

良い試合がたくさんありました。また三年生も審判として堂々と判断していました。