部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2018-01-24

NOMURA WEBムービー完成 2020に向けて

「日本の挑戦を、サポートするという誇り」

野村ホールディングスは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のゴールドパートナーとして大会をサポートしています。
サポート企業の1つとして東京2020WEBムービーを作成いたしました。

そのムービーにトライアスロン部から1名が参加することが決定し、2017年の11月から作成が始まりました。部内でも制作者によるオーディションを実施しました。審査の結果、高1Cの山口が選出され、今回のムービーに出演しています。制作期間は約1ヶ月間で、およそ週1回の撮影あるいは合同練習を経験しました。

コンセプトは「自分への挑戦」、小学生、高校生、シニア、パラ選手、オリンピック出場経験のある選手など年齢も性別も境遇も全てバラバラの選手が「自分のベスト記録への挑戦」をします。山口は自分の記録を更新できたのでしょうか?
オリンピック出場経験のある選手とは、ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪競泳女子200メートルバタフライで2大会連続銅メダルを獲得した星奈津美さんです。山口はしっかりサインをもらっていました。

百聞は一見に如かず! ぜひご覧ください。


〜野村ホールディングのメッセージ〜

2020年の晴れの舞台に向けて、アスリート、企業、そして日本の挑戦は本格的に始まっています。

自らの「変革と挑戦」を掲げる当社は、一つひとつの確かな歩みが大きな明日をつくると信じています。

私たちは、この世界最高峰のスポーツの祭典を通じ、日本の経済成長や社会の発展に貢献することで、未来への夢や希望を応援してまいります。

みんなの自己ベスト|My Personal Best
https://youtu.be/8v0ubIN5xqo

大変素晴らしい映像に仕上がっています。これからみなさんも自己ベストを目指して日々自分との勝負に挑戦しましょう。

ちなみに野村ホールディングスのHPはこちらです。
http://www.nomuraholdings.com/jp/tokyo2020/

こちらも感動する映像がたくさんあります。2020に向けて様々な取り組みをされていることが良く分かります。