部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2018-02-04

本校初 日本トライアスロン連合強化指定選手認定

日本トライアスロン連合(JTU)は東京2020に向けて選手強化を行っているのはもちろんのこと、ジュニアの育成にも力を入れています。トライアスロン部設立13年目にして初のJTU強化選手を輩出することが出来ました。

高1C 福島旺 今後の抱負・目標
・強化指定選手として周りから見られても恥ずかしくない実力と人間性を身につける。
・世界で戦える選手になる。


具体的に基準を紹介すると、JTU強化選手はスイムとランのそれぞれの基準を突破する必要があります。スイムは400m4分31秒以内、ランは3000m9分51秒以内です。両方を突破するのは意外と難しいことで、東京都でもJTU基準を参考にした強化指定選手制度を採用していますが、大きな違いはスイムとランの合計タイムであるということです。「スイムは得意だけど走るのは少し遅い、走るの速くて突破できるけどスイムが苦手」な選手は多いです。にちがくトライアスロン部でも東京都強化選手は現在5人いても、JTU強化選手は福島だけです。

2018年第1期として認定された福島には大きなチャンスがあることがわかりました。今年はアルゼンチン・ブエノスアイレスでユースオリンピックが行われます。ユース五輪は4年に一度。しかも出場できる年齢は制限されており、現在高2の早生まれ、高1、中3の12月までに生まれた選手です。JTU強化選手になったことで日本代表を決める予選に出場できることになりました。

3月31日に宮崎で行われます。
この大会において上位になることで日本代表になれ、6月17日のフィリピンで行われるアジア大会に出場できます。

出場基準はこちらです。
ユースオリンピックアジア大陸別代表選手選考会 日本代表選手選考会(2018/宮崎)

http://www.jtu.or.jp/news/2018/180130-1.html


計画としては3月31日に上位に入ります。そして6月までさらなる練習を積み上げ、フィリピンで優勝すればユース五輪に出場できます。簡単なことではありませんが、目標ができると今までよりも質のいい練習ができ、きっと強くなれます。

http://www.jtu.or.jp/news/2018/180128-1.html


これらの目標に向けて日本トライアスロン連合では強化合宿を計画し、福島は申し込みをしました。人数も限定されており、記録の速い順で選出されることになっております。ユース五輪対象年代で見ると選出されそうなので、期待しています。

合宿の要項は次のとおりです。

[1]目的
2018年10月に開催される第3回ユースオリンピック競技大会にて優秀な成績を収めるために、対象となる選手を集め、強化を図る。また、今後、国際大会において活躍するために必要な心構えなど、エリート選手としての人間力を高めること目的として、次の合宿を開催する。

[2]運営主体
主催:公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)
主管:JTUオリンピック対策チーム
協力:宮崎県トライアスロン連合

[3]期間と場所
2018年2月10日(土)〜2月12日(月)2泊3日
場所:シーガイア・フェニックス・リゾート
宿泊:ラグゼ一ツ葉(NTC競技別強化拠点)
(〒880-8545 宮崎県宮崎市山崎町浜山 TEL0985-21-1113)