部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2018-03-01

ラン練習羽根木公園の梅丘紹介

トライアスロン部のラン練習は近くにある羽根木公園をよく使用します。山渓部やサッカー部も使用していますが、1周1.2kmのアップダウンコースを作ってスピードレベルを5つに分けて練習するのがメインです。時には660mコースがあるので、そこを使って眺めのダッシュをしたりします。大変素晴らしい公園です。

そんな羽根木公園で2017年の12月に生徒が少しインタビューを受けた時の映像が公開されていました。インタビューそのものは採用されておらず、走っているほんの1シーンですが、ご紹介いたします。

国士舘大学卒業の斉藤仁さんをメインにした「名言巡礼 斉藤仁の言葉から 梅ヶ丘」をぜひご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=07916&ctg=5&page_no=1

私も知らないことがこれでよくわかりました。