部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2018-03-11

TU公認東京都記録会報告

3月4日(日)中央大学と上柚木陸上競技場にて強化選手認定を受けるための記録会に参加しました。4月入学予定の新入生2名も参加し、結果は下記のようになりました。
スイムは中央大学水泳部が使用しているプール。泳ぎやすいと評判ではありますが、部員はベストを出すことはできないものの方が多かったです。
ランは上柚木陸上競技場で、天気はいいものの3月の気温としては大変高めで21度となり、風も強くコンディションとしては記録の出にくい環境だったかもしれません。

詳しくはこちらにあります。
http://www.jtu.or.jp/kyouka/2018/pdf/18tokyo_kirokukai-result.pdf

今回の記録会ではよかった点は今まで以上にしっかりみんなアップをしていたこと、もっと意識してほしい点は競技終了後エリート選手のスイムやランをもっと観察してほしかったことですね。どこがいいから速いのか研究する貪欲さがまだまだ足りないですね。

にちがくとして今シーズン認定を受ける強化選手をまとめます。

JTU強化指定 C 福島旺

TMTU強化指定 B 黒川由宇 黒川遼宇
TMTU強化指定 C 油井明澄 山口大貴 本木颯人 山下翔雅

指定選手が5名から7名に伸びました。2018年シーズンでは大いに活躍してほしいと思います。
これから記録会も埼玉、6月・8月の東京と3回チャンスがあります。まだ指定をとっていない人は何としても制限タイムを切ってほしいです。


にちがく歴代の記録とともに掲載いたしました。
青の部分は今回の記録会の結果です。


今後の予定
3月26−27 日本CSC合宿(4月のロード競技の備えて)
3月31日(土) ユースオリンピック アジア大陸別代表選手選考会 (2018/宮崎シーガイヤ)開催
4月2−4 富山臨海バイク合宿