部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2016-10-27

城南アクアスロンシリーズポイントランキング

10月頭で7月から始まった城南アクアスロンシリーズが終了しました。目黒、にちがく、渋谷、世田谷、大田の5大会のうち、高ポイントを獲得した3大会の合計ポイントで争います。11回大会にして初めてにちがくが1・2位となり、チーム全体のレベルが上がっていることを証明できました。

シリーズチャンピオンにはスポンサーのアートスポーツの商品券3000円分、2位は2000円分が送られます。

レースに参加するのは1年生6名と2年生3名のはずでしたが、準備不足のため、何名かは欠席。その点が残念でなりません。部活を一生懸命やりながら勉強も真面目に取り組むことができるのがトライアスロン部のいいところです。下のリストに載っている選手はそれなりに練習も頑張った選手であり、シリーズを通して一回り成長してくれたと思います。

各選手の感想で報告とさせていただきます。


Kai
大田区アクアスロンを最後に今年の城南アクアスロンシリーズは閉幕し、去年は取れなかったポイントランキング1位を獲得することができました。
去年は2位で、あと1歩及ばずといった結果だったので「今年こそは1位を取ろう」という思いでシリーズ戦に挑みました。
シリーズ戦では5戦の内ポイントの良い3戦の合計得点で順位が決まるという仕組みで的を絞って3戦出ようと思いましたが、出るなら全てのレースでポイントを取ろうと思い5戦すべてに出場しました。
まず1戦目の目黒区アクアスロンではスイムで水を飲んでしまいランは腹痛になり、自分の勝ちパターンである「ラン追い上げ」ができませんでした。
次のにちがくアクアスロンは、その勝ちパターンに持ち込むことができ、2位になることができました。しかし1位とのスイムの差をあまり埋めることができなかったので、スイム力不足だと実感しました。
3戦目の渋谷アクアスロンは勝てるはずの試合でしたが、油井に負けてしまいました。初めて後輩に負けてしまいもっと練習しなければと思いました。
4戦目もスイム力不足が目立ちました。
そして最後の大田区では1位を取ることができ、ランでは最後まで粘ることができました。
5戦すべてを通しランが速くなったと思いました。しかしスイムはまだまだだなといった感じでした。
冬に向けて幾つかの課題がみつかったのでそれを1つずつクリアしていき、来年につなげたいです。

>>>同期との対決。そして1年生の追い上げ。そんな中で1位をもぎ取ることができたのは自信としていいでしょう。今まで速い選手が過去にいましたが、このようなかたちでシリーズ優勝はありません。課題も自分で見つけられるようになり、部長としても安心して任せることができます。さらに期待していますよ!

Daisuke
今シーズンの城南アクアスロンシリーズは、目黒、世田谷、大田と、三戦に出場しましたが最初の二戦は体調が優れず自分の力が出しきれませんでしたが、最後の大田アクアスロンは朝から調子が良く、スイムから先頭を行けてランで抜かされてしまったものの良いレースが出来ました。
シリーズを通して、やはり体調管理の大切さを改めて感じました。とても忙しい生活を送っているのでそこからくる疲労だと思うのですが、その中でもきちんと休む時間を作れるようスケジューリングをしたいとおもっています。
ありがもうございました。

>>>7月の入院から少しずつ体力を回復させ、粘りのレースができています。自覚できた体調管理を常に行い、生活リズムを作り、どんな時も崩さないようにしましょう。
部長対決。1年に負けない!そんな意地を見せてください。まだまだ余裕がありますね。



Asumi
自分はスイムに元々自信がありませんでした。なのでアクアスロンには向いてないなとおもっていましたが、最初のにちがくアクアスロンで良かったので自信を持って後の3回の大会を出来ました。

>>>1年生の目覚ましい成長を象徴する存在。その調子で先輩への突き上げを頑張ってほしい。それが自分自身の成長にもつながります。
文章をもっと長く、そして深く書けるようにする勉強も大切ですね。そっちの指導をします。


Kakeru
大田区アクアスロンの感想です。今回の大田区アクアスロン大会ではスイムで出来るだけキックを打つ事を意識して、ランではなるべく肩に力が入らないように意識しました。スイムは距離が短いということもあり、この作戦が自分的にはうまくいったと思います。しかし、ランでは前のスイムで心拍数が上がってしまい肩に力が入ってしまいました。私はこの反省を生かして頑張りたいと思います。今までのアクアスロン大会を通しての感想ですが、私は元々スイムがあまり得意ではなかったためにアクアスロン大会ではスイムの時点で前の人達との差がかなり広がっている事が分かりました。ランで巻き返そうと思ってもランの距離が短いため巻き返す事がかなり難しいです。なので、私はスイムを今まで以上に頑張りたいと思います。具体的には、スイムで重要な肩の柔軟性を高める事です。私は肩がものすごく硬いため、泳ぐ時にそれが抵抗になってしまっています。肩が柔らかくなれば、抵抗が少なくなるので頑張りたいと思います。また、ランは肩の力を抜くことを頑張りたいと思います。
日頃から肩に常に力が入っているので、力を入れるところでうまく力を伝えるの事が出来ません。なので、これからの練習で力を入れるところと入れないところで区別出来るようにしたいと思います。

>>>練習ではスイムのストリームラインのチェックから始めなおしました。自宅でストレッチしていますか?肩回しを頻繁に行って、少しでも柔らかくなりましょう。
このままでは抵抗が大きすぎます。一所懸命練習するので、記録が伸びています。自信を持って下さいね。

Taisei
すべてのアクアスロン大会が終わりました。
今回の大会で、色々なことを学びました。一番最初のアクアスロン大会は、怪我をしていたので全力でできませんでしたが、今振り返ってみると少し無理をしてでもやっておけばよかったのではないかなと思います。次の大会まで時間はあったので、少し後悔しています。また、自分自身の怪我を未然に防ぐためにストレッチなど出来ることをしようと思います。大会を重ねていくにつれて、タイムを早めたい、自分が満足出来る結果を出したいと思うようになりました。そして少しずつ良くなっていったかわかりませんが自分としては少しは良くなったと思います。しかし、どこかの大会でスイムの周回を間違えました。高タイムを狙えたかもしれなかったので悔やんでます。しかしそれもすべてアクアスロンの大会という経験となりました。自分が一番良いと思った大会は最後の大会です。最後ということで気持ちを高めて頑張ることが出来ました。順位は良くないですが達成感はありました。次に繋げていけそうです。また、全大会を通して、大会に関わった方々、部活動の仲間、その他色々な方に支えていただきました。ありがとうございました。これからも努力を続けますのでよろしくお願いします。

>>>練習の参加を多くして、もっともっと量を積めばきっと速くなるのに、、、、といつも思っています。
終わった後の反省は一番しているのに、次につながらないのはなぜ?部活の日以外も走りこんで、まずは体力をつけましょうね。


今後の予定
11月 6(日)U19ジュニアデュアスロン日本選手権 (福島)
11月20(日) 下総フレンドリーデュアスロン大会(千葉県成田市)
12月冬休み 108本 根性合宿 山梨県
1月15日 高体連自転車専門部 講習会 特別コーチ招聘