部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2016-11-08

高体連自転車専門部新人大会結果

報告遅くなりましたが、10月16日(日)伊豆にあります日本サイクルスポーツセンターにおいて実施された東京都高体連自転車専門部の新人大会に高校生3名が参加しました。前日の15日(土)に開会式と試走が行われるため3時間目の授業を受けてから学校を出発し、3時に現地到着。1年生は初参加のため入念なコースチェックが必要となりました。今回は顧問も自転車を持参して2周自走しましたが、登りの続く部分が勝負所であり、また一方で下りも危ない箇所があり、落車の注意個所も把握できました。今回は落車があり、一人も完走できませんでした。もう一度練習を見直し、次の大会に生かします。

当日は快晴に恵まれ、絶好のコンディションとなりました。上位者は3月に実施される選抜大会への参加切符が与えられますが、3人とも及びませんでした。
詳しい報告は選手たちの感想に代えさせていただきます。


Daisuke
今回のレースでは、1週目の前半まで先頭を走り、2週目もなかなかの位置に居れたにも関わらず、カーブに落ちていた枝を避けたところ曲がりきれなくなりカーブの外側の垣根に突っ込んでしまいもう少しで崖から落ちるところでした。コース上はキチンと清掃されておりあの様な大きな枝は落ちて居ると思わなかったので限界までスピードを出して曲がりましたが、今回の様なことがありました。
これからの大会では今回の様なことも頭に入れながら挑みます。ありがとうございました。

>>>トライアスロンの試合も含めて初めてのコースアウトだと思います。落車と違って比較的怪我は大きくなかったですが、精神的なダメージは大きいでしょう。
せっかく一生懸命努力して貯金したお金で買ったお気に入りの自転車は、過去よりも性能がぐんとあがり、それを120%いかして
今度こそ完走するはずでした。運が悪いですね。そんな急な障害物でも避けて通るのではなく、向かっていくくらいの気合が必要なのではないかと思います。
留学を決意し、月曜金曜の練習を一緒にできなくなってから、練習の様子がわからず顧問としては少し不安ですね。本当にしっかりやっているのでしょうか?


Toui
今回試合はしっかりと自分でどのような走り方をするか、しっかりと事前に組み立てて試合に挑んだが、最初のスタートポジションを後ろの方にとった為中切れに巻き込まれその後なにもできずに終わってしまった。今後は作戦が破綻してもカバーできるような作戦を立てて上位を狙って行きたいと思います。

>>>4月の都総体よりも早くうち切られました。練習不足が露呈したことになります。トライアスロン部の練習にも毎回参加しているわけではないところに弱さがあると思います。思えば2年前の今頃、学校見学に来て自転車の大会で上位を目指したいと言っていたことを思い出しました。トライアスロン部は自転車だけではないけど大丈夫かという質問にもやる気を持って返事をしてくれた記憶があります。バイク練習はインターバル練習も始めました。本気で上位を目指すならば、積極的に参加してほしいです。練習は裏切りません。



Asumi
始めて自転車の大会に出たので色々と迷惑をかけてしまったので次回の大会からは事前に準備をして先輩方に迷惑のかからないようにしていきたいです。
大会では、始めてあんな大人数で走ったので驚いてしまいいつものペースを乱し、無駄なことばかりをしてしまい落車をしてしまいリタイアという結果になってしまったのですごく悔しかったです。
春の大会では、今回の反省をいかして事前準備をしてこれから自転車の大会に個人的にでて大人数で走ることに慣れていきたいです。そして完走できるように練習もしっかりとしていきたいです。

>>>活躍を期待されていたのですが、本人曰く、当日は体調がすこぶるよく調子に乗ってしまったようですね。1周目で落車は顧問としても驚きました。
スタートから5分後くらいでしたので残念でなりません。自宅から自転車でアップダウンのある246号を通学することも多くなり、実力はついてきています。さらに回数を多くするなど工夫して2年生の4月では完走を目指して頑張って下さい。


11月20(日) 下総フレンドリーデュアスロン大会(千葉県成田市)
11月26-27日 成城・日大豊山合同合宿予定
12月冬休み 108本 根性合宿 山梨県
1月15日 高体連自転車専門部 講習会
オリンピアン宮澤氏によるオフトレーニングについて