部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2016-11-23

ジュニアデュアスロン日本選手権大会報告

11月6日曜日福島市あづま総合運動公園にて第16回ジュニアデュアスロン日本選手権が開催され、高校生3人が参加しました。前日の土曜日は授業を一時間目受けて出発。およそ四時間半かけて車で到着。ここが顧問としては一番大変なところです。
エリートレースとなるためすぐに説明会に参加し、その後に東京都の強化選手で参加している仲間とコース下見を行いました。天気もよく非常に快適な前日でした。

ところが当日は天気がいいにもかかわらず、物凄い勢いの風。バイクパートでは強風にあおられる危険もあることからコース変更が行われ、五周回することになりました。

また今回の大会で特徴的だったのは、本来年齢別に分けて実施されるのを、距離をジュニアの距離にあわせて、U19 U23そしてエリートが全て同じスタートから始めました。
日本のトップのスピードを肌で感じとることが出来たと思います。

あとは生徒の感想で報告といたします。




Kai

今回のレースは今年を締めくくるレースでした。
結局は12位と力及ばずといった感じでした。しかし悔いは残っていません、今日のレースは調子が良くなかろうが全力で挑み、悔いの残らないレースをすると心に決めていたからです。果たしてそれが本当にできたかと言われるとなにも言えませんが、これがいま出せる力なので何も悔いは残りません。
レース内容としてはエリート.U-23との同時スタートの為最初からハイペースになると思い最初からいくつもりでスタートしました。第1ランでは途中いくつかの集団ができ追いつこうと試みましたが追いつくことができず、集団から落ちてくる選手を拾っていく形となりました。
バイクでは、風がとても強く何回か風に煽られて倒れそうになりましたが落車することなく終えることができました。集団ができてうまく回すことができたけれど、途中中切れが起きてしまい離れてしまいました。そこに追いつこうとしたものの、脚をつってしまい追いつくことができず後ろの集団に加わりました。そこでも脚のつりが治らずに少し離され第2ランに移りました。
最後の第2ランは前にいる選手に追いつこうと必死でしたが、バイクでつった脚の影響があり思うような走りができませんでした。
全体を通して、初めのランはタイム的には悪くなかったが、バイクで脚をつってしまったことが欠点として見られました。
今シーズンを振り返るとほとんどのレースで勝てたと思えたものや納得のいくレースができなかったと思います。来シーズンこそは納得のいくレースをしていきたいです。
最後に自分たちを試合に連れて行ってくれ応援をして下さった先生、毎試合応援に来たりその度おにぎりなどを作って持ってきてくれた親、東京都チームのお母さん方、友人、コーチ、、に感謝です!
自分なんかを応援してくれる人たちに来シーズンこそは勝った姿を見せれるようこれからも頑張っていきますので宜しくお願いします。


>>>天気が良かったため、気温が上昇する、また体温も追い込んで熱くなると予想していたのが、異常に冷たい強風により、体力を奪われているようであった。
その影響もあり脚がつったのでしょう。「脚がつるのはまだまだ弱い証拠」といわれますが、事前の練習と当日の服装も大きく影響することが分かったようです。
今後はそのような細かい点も気をつけてレースをしましょう。


Asumi
今回の大会は、初めてのエリートの大会でしたなんで少し緊張と焦りがありました。
スタート前のアップでは、音楽を聴きながら走ったりしていい感じにテンションが上がり集中出来ました。けれどバイクのアップは先生に何回も言われてから始めたのでそこはしっかりと自分からやっていかなければならないと感じました。
スタートしてからは一人のひとを決めて後ろについてしっかりとペースを維持して無駄な体力をあまり使わずに走れたと思います。けれど最後の1周で自分のペースをキープしすぎて決めていた人からも離されてしまいました。
バイクでは、ランの影響もあり最初の一キロあたりはドラフゥティングする相手がいなかったので無駄な足を使ってしまいましたけれどそっからは下りで攻められたのでバイクラップは8位だったので自分的には満足です。
第2ランでは、バイクのおかげで後ろはあいていたので抜かれなかったけれどすぐ前にいた人に粘ってついていけなかったので前とは差がすごくひろがってしまいました。
全体的には、焦りがあったのでバイクから第2ランにかけて失敗をしてしまったので10秒のペナルティーをもらってしまいました。なので次回からは1つ1つきおつけながらも早くできるようになりたいです。
結果は先輩二人に勝てたのは嬉しかったですが、先輩二人とも足をつってしまってたので今度の下総では万全な状態の斉藤先輩に勝ちたいです。


>>>第一ランで上位者と離れていたのをバイクで追いついたことは素晴らしいことです。特にのぼりが強いという印象を受けました。日頃246号を使って学校に自転車通学をしている効果が徐々に出ているようです。もう少しでJTUの強化選手で同じ東京の選手に追いつけそうだったのに、残念ですが、始めてから8か月でここまで成長したのは大したもんです。本人も述べているように、アップ不足はないでしょうか?ペナルティーについては焦る気持ちを抑えられなかったようですが、今後はもっと練習に取り入れます。まだまだ身についていないようですからね。



RYOTA
本人のコメントはありません。高校生最後の大会になり、最も不本意な結果だったかもしれません。日頃のバイクメンテを怠っているのか、大会前になってワイヤーが切れそうであることが発覚。何とか専属のショップがあったものの、スタート直前までバタバタしました。大学生になったら学連所属の選手として一人でトライアスロンを続けてくれると誓っています。
まずは大会への準備、当日の準備など引率教員もサポート選手もいない中で独立してやっていける訓練をしてほしいです。またどこかの大会で会うことを期待しています。



今年の大会も日本チャンピオンである上田藍さんが出場されていました。昨年もランのアドバイスをいただきましたが、今年はサインをいただきました。東京都トライアスロン連合強化選手の中山さんが色紙持参でサインをお願いしていて、「僕たちもほしい!」ということで、色紙を一枚譲り受けて「日本学園トライアスロン部へ」ということで頂きました。

部室に飾って宝物にしたいと思います。

今後の予定
根性合宿 12月26-28
東京都トライアスロン連合強化合宿宮古島 1月5-8
東京都高体連自転車専門部講習会 宮澤崇史 氏 北京オリンピック 男子個人ロードレース 日本代表