部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2016-12-08

下総デュアスロン結果報告

今年の最後のレースが11月20日(日)千葉県成田市下総フレンドリーパークで行われ、本校から5名が参加しました。初心者からエリートまで参加する大会ですが、形式はデュアスロンで、ラン2.5kmバイク21kmラン2.5kmの合計タイムで競います。1年に1度は部員と勝負をしている顧問ですが、今年は苦手なデュアスロンで勝負することになりました。

生徒の感想と顧問のコメントで報告といたします。

Kai
2016年最後のレースでした。結果は一般Aに出場し2位になることができました。レースの前、「今回は今年最後のレースだし最後くらいは勝ちたいな」と思いレースに挑みました。結果は2位でしたが勝ちのレースができたので満足です。今回のコースは周回数がとても多く1stラン2周、バイク14周、2rdラン2周と気を抜いたら周回間違いをして失格になるようなコースでした。
レース内容としては、ランからトップについていくも一周目の坂で離されそこでは焦らず前に着こうとせずにそこからは自分のペースで走りました。そしてトランジットで1人抜かしバイク序盤でもう1人の選手を抜かし2位になりました。序盤、中盤は安定していたが終盤頃に何人かの人に抜かされてしまい焦りからか少し失速してしまった気がしました。そして6位でバイクフィニッシュまたしてもトランジットにて何人かを抜かし3位でランスタートしました。
一周目はつらないようにとピッチを落として走りましたが2周目に入る前に後ろから来た選手に抜かされそうになりましたがピッチを上げていき来た選手を突き放し前にいる選手を抜かし逃げ切る形でフィニッシュしました。
デュアスロンでは毎回脚をつってしまい最後のランをしっかり走れた覚えが一度もなくそこが心配でしたが、今回はバイクでこまめに水分を取りバイクで使う筋肉を上手に使い分けて走ったことで最後までつらずに走れた要因だと思いますまた、ランやバイクで体幹を意識して走ることにより姿勢を崩さないで走れたこともつらなかった要因に繋がっていると思いました。
これで今年の大会も全て終了。これからのオフシーズンはとても重要になると思います。幾つか前の反省でも言いましたが、継続することに意味がありそれを続けることで強化に繋がると思うので怪我をしないよう頑張っていきたいと思います。
最後に応援してくださった保護者の方々ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。


>>>Kaiはこの夏から部長になり、自分でトレーニング検定のための勉強をしたりして有効と思う練習を自分で考えながら、多くの練習を積んできました。その成果が出てきました。昨年はトライアスロン・スタンダードディスタンスで顧問との勝負にわずかの差で苦汁を飲んだのですが、今年は逆に11分差という大差をつけてくれました。本当に彼の成長を肌で感じました。またレース展開においては、周りの様子を見ながら勝負することもできるようになったのも大きな収穫です。この冬で圧倒的な基礎体力を身につけ、エリートと堂々張り合えるようになってほしいです。


Asumi
今回の大会は、前日に体調を崩してしまったので本調子では出来なかったです。そこの部分を含めても大会だなと感じました。第一ランでは、前の人に離されてしまったのと最後にバテてしまったのでもう少し粘れたら良かったと思います。バイクでは、平均が34?だったので遅かったです。それとイラついてしまったので平常心が大事だと感じました。第二ランでは、自分のペースで出来たと思いました。結果は悪かったですが体調を崩した後だったけれども良かったと思います。

>>>「元気と健康が取り柄です!」と宣言して、ずっとその通りだったのに、2日前に体調を崩し早退、そして前日は学校を欠席。病み上がりの中のレースでした。
その中で健闘をしたのですが、バイクで平常心が保てなかったとはどういうことなのかよくわかりませんが、その原因を確認して、改善に努めよう。また、感想を書くときは、具体的に原因を書いてほしいです。言葉にすることは難しいかもしれませんが、次にステップアップするための大切な作業です。

Kakeru
下総のディアスロン大会はトライアスロン部として出場する今年最後の大会でした。まず、最初の第一ランですが次のバイクでの脚を温存するためにあまり、前に出過ぎないように気をつけながら走りました。走るペースとしては4分/kmでしたが、走るフォームを意識しすぎてしまった為に脚に無駄な力がかかってしまいました。幸いにも次のバイクでは大丈夫でしたが来年度の大会ではこの点を改善していこうと思います。次に、バイクについてですが第一ランからバイクへの
トランディジョンが前回の大会である高校生大会の時よりも遥かにスムーズに行うことが出来ました。その要因は、ビンディングシューズをバイクに乗ったまま履くという行動を練習したからだと
思います。ただし、私の場合はビンディングシューズの履き方を他の人と変えています。他の人はビンディングシューズを潰して回し、しばらくしたらしっかりと履くという方法を使っています。
ただ、私はビンディングシューズを潰してしまうと履く時にマジックの部分が潰されてしまう為に履きづらくなってしまうので、ビンディングシューズを潰さずに履くという練習し、それを習得しました。これによってトランディジョンでのタイムを大きく短縮させる事が出来ました。これからもこの方法を使って行きたいと思います。また、バイクの走行は
通学でトレーニングを兼ねて自転車通学を始めた成果が大きく表れました。
第二ランでは、前のバイクで脚をかなり使ってしまったので走っている途中で脚がつりそうになりました。それでも、なんとか完走する事が出来ました。
今までの大会を通じて、私には柔軟性と体幹が足りないということが分かったので来年度の大会までに柔軟性と体幹を更に鍛えたいと思います。

>>>1年間で最も努力して、バイク+ランは安定した実力が出せるようになってきました。トランジションも練習の成果が出て、劇的にタイムロスを少なくすることができたのは大きな進歩です。
ますますスイムのタイムを縮める必要がありますね。スイムを猛特訓して、トライアスロンで上位に入れるようにしましょう。


Taisei
今回の大会は自分にとって初めてのデュアスロンでした。初めてだったので細かなミスがとても多かったです。特にバイク関係のミスが目立ちました。最初のランは特に問題なく上位でゴールすることができたのですがランからバイクに移るトランディッションエリアでビンディングを履いてからスタートしたのでとても遅くなりました。そして、バイクの点検をレース前にしていなかったのでブレーキがかかっている状態で乗ることになりました。とてももったいないと思います。最後のランではミスはなく少しだけでも順位を戻すことができたのでとりあえずは良かったのかと思います。順位はどうということの前にミスを減らすことから始めていかないと今後ももったいないミスで順位を落とすことにな ってしまうのでバイクに乗る練習、バイクから降りる練習、バイクの点検をしっかりとして次のトライアスロンやデュアスロン大会につなげていければなと思います。また今回、バイクの周回を保護者の方々に数えていただいたことにとても感謝しています。ありがとうございました。今回の大会で今年の大会は終わりになってしまうので来年はもっと飛躍できるよう努力を重ね来年の後輩に恥のないような先輩になろうと思います。来年もよろしくお願いします。

今年は入部一年目にして数々の大会に出場しました。初めてやるスポーツで全く自信がなかったのですが大会を経験していくうちで少しずつ慣れていくことができたのではないかと思います。その中で自分の得意なのがアクアスロンだということがわかりました。裏を返せばバイクが苦手だということなので今後はもっとバイクに力を入れていかないといけないと思っているので自主的に取り組んで伸ばしていこうと思います。また、大会に出場すると知らない人が応援してくださったりしてこのスポーツの暖かさを改めて感じることができました。そして、顧問の先生、先輩方、保護者の方々、その他皆さんに支えていただいたこと、教えていただいたこと、とても感謝しています。これからはもっとそれぞ れを得意にできるように努力していこうと思っているのでよろしくお願いします。ありがとうございました。

>>>トランジッションは完全に練習不足です。家でも練習できるテクニックです。KAKERUも同様に苦手であったため、2日前にみっちり指導をして、かなり成果が出ました。本人が上に書いている通りです。その練習に同じように参加できなかったのが原因です。課題の未提出や朝の小テストの居残りにならないようにするのが大切です。まずはそこからですね。
またバイクセッティングのミスは初歩的なもので、自分で簡単に確認できます。もっと私の細かい指導が必要だとわかりました。この冬にマスターしよう。



Daisuke
今回の大会では自分の気の緩みがもろに出てしまいました。
当日会場に着くとチューブラータイヤがパンクしてしまっていて、レース前日に交換してからあまり走ってないタイヤだからパンクはしないだろうと言う甘い考えで代輪を持って行かなかった為、結局出場出来ずにDNSと言う形になりました。自分の準備の甘さのせいでスタートすら出来なかった事にとても反省しています。
また、両親はわざわざ早起きして送って来てくれたにも関わらず何も出来なかった事はとても申し訳なく思っています。
しかし今回、レース前夜にも恐らく金属疲労でパーツが破損しその件については自分でその時に解決しましたが、不運に不運が重なり普段の行いも悪かったのかとも感じました。確かに近頃以前よりも真面目に物事に臨んでいなく、ただただ勉強のみやっていました。私生活そのものから見直す必要があるのかもしれません。この前日に破損したパーツはまさか壊れる事が無いだろうと思う様な場所のパーツだったので細かいところにも日頃から注意する必要があると改めて感じさせられました。
ともかく今後同じ過ちを繰り返さないように改善します。


>>>本人が一番よくわかっていますね。顧問としてもできるだけ想定される故障の対応のために、部品は日頃からある程度用意しているのですが、チューブラータイヤは用意していませんでした。
このシーズンオフの間に、バイクは一度ショップに持って行って、怪しいところは交換することをお勧めします。タイヤ以外の部分のことです。タイヤは試合前に自分で代えるようにしましょう。


今後の予定
12月26-28日 冬期108本煩悩トレーニング合宿
1月5−8日 東京都トライアスロン連合ジュニア強化宮古島合宿