部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-01-06

年末合宿

12月26日〜28日2泊3日昨年から恒例にすると決めた年末根性合宿を実施しました。

コンセプトは「苦しい練習を100本という切りのいい数字でみんなで励ましながら練習して、根性を鍛えよう!」というものです。
都合が悪く参加できない部員もいましたが、今回は東京都トライアスロン連合のB指定、C指定の選手でにちがくに入学を希望している選手も特別参加しました。メニューを少し紹介しましょう。

1日目 学校でのバイクトレーニング+筋力トレーニング
バイク練習は校外で登坂練習をするのが今までのメインでした。よみうりランドの坂を10往復するというのが土曜日の練習ですが、さらに負荷をかけることが必要となりました。

持久力、筋力アップの両方に最も効果的といわれる「タバタトレーニング(20秒ハード、10秒イージーの8セット繰り返し)」を取り入れ、バイクでは1本目シフトダウンしてスピードをあげる、2本目はシフトダウンせず高速ケイデンスで、3本目は片足ペダルで行い、これを1セットして4回回しました。つまり細かく考えると20秒x96本ハード。

この練習は3人一組で3本ローラー3台で実施したため、もう一つのグループは腕、腹斜筋、広背筋、臀部、ハムストリングを鍛えるトレーニングを3種類考案し、4セット実施。4分おきにバイクと筋トレを交換して行いました。最後に全員で体幹トレーニングを行い、4本を加え、全部で100本やって締めました。

昼食後の練習はインターバルの1回の時間を長めに取りました。

3分ハード、2分イージーを5セット
5分ハード、3分イージーを2セット
10分ハード1本

もう一方のチームは2人組での体幹トレーニング。先日日本トライアスロン連合の指導者研修会で学んだメニューを実践してみました。


二日目は甲府市に移動し、トレイルランの予定だったのですが、あいにくの雨のため、移動後ランのフォームチェックを行い午後からはスイム練習を実施。


夜練習
☆50m100本 合計5000m 2日目スイム合計10000m(10km)
サークル
1:10 10本 1:05 20本 1:00 30本 0:55 30本 0:50 10 本

最終日
75m108本 1:30サークル
10本 ノーマル、
10本Fr-Ba-Fr、
10本 Fr-Bf-Fr,
20本 Descending(4x5set) ,
30本 Buildup ( 75m 内で 25m ずつスピードアップ)
20本 easy-hard

合宿全体を通して、昨年よりも質と量ともに多くしたため、内容はレベルアップしています。まだまだ合宿を終えて感動して涙を流すくらいになっていないので、物足りないですが、ゆくゆくは更に達成感のある合宿にしたいと思います。


以下は生徒の感想です。

KAI
12月26日から28日にかけて年内最後の合宿を行いました。今回の合宿では来年入学してくる予定の選手も参加してくれて良い刺激を受ける事ができました。
1日目は学校でのバイク練習でした。午前、午後とのバイク練習だったためきつかったです。午前中はタバタトレーニングを中心に行い、午後はインターバルでした。
set数が多かったため筋肉を使い分けたりポジションを変えたりと工夫をして行う事ができました。
2日目は山梨に移動しトレイルラン、スイム練のよていでしたがあいにくの雨だったためランの基礎練習を行い昼と夜とでスイム練を行いました。
ランの基礎練習ではフォームを一から見直し効率の良い走りを意識した練習をしました。1回目は普段やるような練習をし、2回目の練習では去年と同様、50m×100本を行いました。何度かやめたくなったこともありましたがそこはぐっと我慢をしなんとか乗り切る事ができました。
そして最終日はこれも去年と同様に75m×108本を行いました。しかし途中から左耳が痛くなり途中リタイア、、そこからはひたすら筋トレを行いました。
去年できた事が今年できなくて残念です。

この合宿をやることによって「普段1人でやる事もこんなメニューをやったんだからできるはず!」と思うようになりました。
また来年入学してくる1年生にもこのままではすぐに追い越されてしまうという危機感も持てました。この合宿に参加できてよかったです。来年も宜しくお願いします。

Asami
最初は、練習メニューとかを聞いた時には最後までやりきれるかとても心配でしたがバイクでは、日頃練習をしていたので最後まで出来ましたが少し日頃の練習量が足りなかったと思いました。
スイムでは、苦手意識のある種目だったので弱音を沢山はいてしまいましたけれど2日目の50メートル100本はなんとか乗りきれましたけれど3日目の75メートル100本は半分ぐらいしかできなかったです。なのでこれからはスイムの練習を多くしていきたいです。
合宿を通して本数がおおいいのを乗りきった時の達成感がとても味わえたのでこれからも達成感が味わえる練習を自分でいれていきたいです。

Kakeru
今回の合宿はトライアスロンをやる上で大切な根性を鍛える為の合宿でした。1日目はバイク中心の練習で、内容としては8本を続けて行って行くというものでした。ただし、1種類目はイージーの時はギアを軽くしてハードの時はギアを重くするというものであり、2種類目は
イージーとハードの時ではギアを変えないがハードの時にはケイデンス120〜160位で高速回転させるもので、3種類目はイージーの時は両脚で回転させるがハードの時には片脚で回転させるものでした。セット間は12分ありますが真ん中の4分を使ってタバタトレーニングで筋トレをします。これを1周として全部で4周行いました。2種類目はケイデンスを上げるものですが、これが私にとって1番キツイと思いました。
なぜなら、これは手を抜こうと思えば、簡単に抜く事が出来る練習だからです。
2日目の練習は午後からのスイムがメインでした。驚いた事に初めて1日に2回かもプールには入りました。1回目に泳いだ時にはピラミッドという練習をしました。これは50×2本、100×1本、200×1本、300×1本、400×1本をやったら泳ぐ順番がさっきと逆になったものを行うという練習です。この練習で私は遅れて終わりました。この原因は私がスイムが他の人よりも遅いということもありますが、私がスイムでの体の使い方が良くないという原因の方が大きいと思いました。それが柔軟性であると分かったので、これからはストレッチを中心的に行っていこうと思います。
3日目の練習はスイムでしたが、
私はすべてのメニューを行う事が出来ませんでした。これは精神的な甘さがあった為だと思いました。

Taisei
今回は久々の合宿でした。前日に足を怪我してしまったので十分に力を発揮出来ませんでした。しかし出来ることを見つけやりました。1日目のバイクは出来なかったので筋トレをやっていました。苦手な筋トレも明白になったので重点的にやっていこうと思います。またバイクの練習も足りないと思うので色々と工夫していこうと思っています。2日目3日目のスイムはとりあえずはできたのですが痛みで休むこともあったのでとてももったいなかったです。ランはほとんどできませんでした。
今回の合宿は1年間のまとめを兼ねていると考えていたので十分にできなかったことを悔いています。今回学んだことは、体調の管理や自分自身のメンテナンスを欠かさないことの大切さです。大会はこれからあるので怪我をしている場合ではないのでこれからは怪我ゼロで挑みたいです。また今回も多くの方にお世話になりました。とても感謝しています。2017年は先輩になるので恥ずかしくない先輩になって努力し続けたいと思います。これからもよろしくお願いします。

Yu
僕がこの合宿で学んだことは、基礎です。今まで僕はトライアスロンは日常で行う、走る・自転車をこぐ・泳ぐの三つなので今まで通り行っていました。しかし、この合宿で基礎からやることにより、フォームが良くなったり、どこが弱点なのかなど、色々なことがわかりました。また高校生と練習することにより自分より上の技術を見ることが
できました。

次に、ランの練習でみんなで練習をしました。その時、前に鏡がありました。今までは自分がやっているところを他の人が見てアドバイスをもらっていましたが、鏡があると自分のフォームを自分で見ることができ、なぜそのアドバイスをもらったのか、自分はどのようなフォームなのか知ることができ、外で練習するときも意識することができました。
今回の合宿で心技体のすべてを練習できました。心は水泳での百本の心、技はランのドリルの技術、体は自転車百本の体力のすべてを意識しました。このまま練習を続け、高校生大会に向けて心技体を向
上していきたいです。


Ryo
僕は、日学トライアスロンの合宿に特別参加させてもらうことになり、色々なことを学びました。
まず、先輩の人たちと一緒に練習をするので、特にバイクの練習はとても刺激を受けました。僕は三種目の中で、バイクが遅いので、その分練習も辛かったです。日学では、バイクの練習も力を入れているので、日学に入り、バイクをもっと強化していきたいです。

また、先輩の人たちは食事もきちんととっていたので、僕も今後三食をしっかりバランスよくとっていこうと思います。

このようにたくさんの刺激を受けて日学に入りたいという気持ちがより高まり、僕も強くなりたいと思いました。

水泳を習っているので、今は水泳をがんばりつつ、他の二種目もがんばりたいです。

やはり目標はオリンピックに出ることなので、その目標を目指しつつ、小さな目標から作りがんばっていきます。



Ko
僕がトライアスロンの合宿で学んだことはいっぱいです。きつくて楽しい合宿でした。

最初に学んだことは、自転車の組み立て方です。初めて組み立てたので、うまくいくかわからなかったのですが、教えてもらいながらできました。練習は筋トレとローラーで、両方とも96本ずつやりました。筋トレの回数は周りの人たちよりも少ないけれど、なるべく近づくために僕は早くきちんとやりました。ローラーでは回転数を上げてダッシュと、片足ペダルを練習しました。先ぱいたちがすごいなと思ったのが、ローラーの回転数とその音です。速さと大きさにおどろきました。1日目から先ぱいの刺激がすごかったです。

2日目は朝早くから山梨県に移動しました。その日の最初は水泳でした。水泳も先ぱいたちは速く、おいていかれないようにがんばりました。午後の水泳は50m100本で、最初のうちはついていけて順調に進んでいたのですが、サイクルが速くなるたびにペースも上げていくので間に合わないこともありましたが最後までがんばりました。水泳でも先ぱいのフォームにできるだけ近づいて速くなりたいです。

3日目は6時に起きて少しラン練習があり、朝食後の水泳では75mを108本やりました。75mは固定のサイクルでした。ここでも最初はいいペースでしたがあとから体力が無くなりペースが落ちましたが、最後までがんばりました。

この3日間での感想は、もちろんきつくて、筋肉痛にもなりましたが、体の色々なところを使えば速くなることを知って良かった3日間でした。