部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-11-16

U19/U15 ジュニアデュアスロン日本選手権

11月12日(日)福島県福島市あづま総合運動公園において実施されました日本トライアスロン連合主催の「ジュニアデュアスロン日本選手権」に、U19カテゴリーに3名、U15カテゴリーに2名が参加しました。デュアスロンとはトライアスロンのスイムがなくなり、ラン-バイク-ランで行われる競技で、今回は日本代表クラスのエリート選手、U23、U19は同じ距離(ラン5km-バイク20km-ラン2.5km)のスプリントディスタンスで行われ、U15その半分のスーパースプリントで実施されました。

エリート選手の注目は何といっても上田藍選手。先日BS朝日で部員が一緒に出演させていただいたばかりです。今年の夏にバイクの落車事故で大きな怪我をしたにもかかわらず、2位に3分以上の差をつけて優勝。番組で彼女が繰り返し言っていた、「どんなことでもプラスにして自分に生かす」ことができる人なんだなあと再び感心いたしました。実は女子は男子の3分後にスタートしたのですが、油井以外の部員たちは上田選手に抜かれ、オリンピック選手の速さを実感できたはずです。しかも女子です。エリートと同時スタートした男子ですが、その後の上田選手のスピードも部員たちはどう感じたでしょうか?

当日は気温11度、風速4.4m、昨年とはコースも変更されました。それぞれがベストを尽くしましたが、上位選手にはまだまだ食い込めないことがはっきりしました。もっと練習を積んでいきたいと思います。あとは選手の感想で報告といたします。

>>>は顧問のコメントです。


高2E 油井明澄
今回は2回目の日本デュアスロン選手権でしたので、アームウォーマーをしっかりと準備をしてアップもしっかりとこなすことができて、万全の調子でスタート出来ましたが、ランの力の差がありすぎてしまった。これからは誰よりも走り、誰よりも速くなりたいと思いました。バイクは寒さのせいでふくろはぎがつりそうになってしまい、集団からはなされてしまいました。もっと筋肉強化や寒さの対策をしないといけないと実感しました。第2ランは結果どうり自分の練習不足です。もっともっと練習をしないと、なにもタイトルをとることなくトライアスロン部を引退することになるのは嫌なので、これからは日本一の練習量を目指していきたいです。

>>>結果としては部内の1位を維持し、面目を保っています。確かに1年生にそんなに簡単に負けられても困ります。高体連以降にバイクを封印してランの練習をしていたようですが、今回のような反省する前にもっと練習を積めますね。折角の才能がもったいないですね。結果を残すには努力が必要です。無理やりやらせることはありません。自分の意志でやりましょう。


高1C 福島旺
第一ランは、一周も持たずに先頭集団と離れてしまって後ろらへんはに散らばっていて、集団で走ることができなかったためペースがバラバラになってしまった。バイクはいい順位で始めることができたけど、スイムをやっていないせいか知らないけど、みんな速くてムカついた。集団に抜かされる時にもついていくことができなくて萎えた。第2ランはいつもより走れた気がしたけどタイム的にはそうでもなかったのでデュアスロンのやる気を失いそうです!デュアスロンに関しては初めてのレースで慣れてない部分もあったかもしれないけど、ダメダメなレースだった。バイクも全然進歩してないしランも相変わらずでスイムに頼ってばっかなので全ての種目で平均的に速くなれるようにバイクとランをもっと強化したい!また、前日の卓球ではチョレーイしすぎて楽しみすぎた。

>>>部活の中で最も練習量が多いことは本当に評価できます。その分量もスイムが多く、苦手なバイクが少なくなっています。スイムのアドバンテージを生かすにしてもバイクで集団についていくことは重要になります。ランは決して速くなっていないことはありません。確実に進歩しています。それ以上に周りが速いのです。この冬のあいだにバイクとランの走り込みをしましょう。デュアスロンの上位者の中にはスイムが福島より速い選手もいるので、負けられませんよ。


高1B 黒川由宇
今回の大会はデュアスロンでした。スイムがないのでスイムのはやい○島君に負けないようにと思って挑みました。しかし、第1ランで40秒も離されてしまいバイクで追いつこうとしましたが、バイクではメカトラと練習不足が目立ち、さらに離されてしまいました。メカトラはこれからないように自転車を整備したいです。バイクが終わり、第2のランにいきました。第2のランではバイクであまり踏めなかった分ランラップが5位という結果ですごい自分でもビックリしました。第1ランとバイクは良い成績がだせなかったが、第2ランで良い成績だったので苦手を克服し、トライアスロンに繋げたいです。

>>>日頃のラン練習から競り合って欲しいですね。そうすればそれほど差がつきません。今後からラン練習のレースペースの時は本番同様で競り合いましょう。そうすることで本番で初めて勝負できるのです。練習で本気でやって、ライバルに勝てなければ本番で勝てるはずがありません。今週末の下総では絶対メカトラが内容に準備しておきましょう。


高1C 山口大貴
今回は初めてデュアスロンの大会に出ました。第1ランは最初の方は先頭についていけだけど、すぐ離されてしまいました。バイクでは同じぐらいの順位の人と回せて、上手くこぐことが出来た。しかし最終周回で足が痛くなってしまいし、次の第2ランで上手く走ることができず、自信のある最終ランで失速してしまった。足が痛くなったのは、練習不足だからなのでしっかり練習したいですね。

>>>月水金土の練習日以外に個人で火木日にロングランをしましょう。ベースとなる脚をつくるのが大切です。10kmでも50分以内には絶対終わります。ですから練習日以外で必ず走る距離です。また、来年からスプリントの距離になります。長い分だけさらに精神力が必要です。すぐに気持ちが折れてしまう性格なので、少し心配しています。


中2A 黒川遼宇
デュアスロン選手権は初めての参加で最初のランは特に辛かったです。なぜならスタートしてから、選手が一斉にダッシュで最初は走り出し、第1集団、第2集団、第3集団に分かれます。その間にダッシュして体力を消耗した選手が同じくらいのスピードで走ります。そして後の集団から前の集団に追いつくことは、今回ランは特に長くないので不可能と言っていいくらいです。なので最初のダッシュからのどれだけ前の集団に入るかがその後につながります。そこがとても辛かったです。それからバイクは最初は登り、折り返して下るみたいなコースで実力面でもかなり必要な所もありました。そして最後のランはとっても短いのでダッシュでした。結果的には普通でしたが今後はランを特に頑張りたいです。
そして前夜祭の卓球が楽しかったです。

>>>どうすればいいレースができるかよくわかっていますね。無理して最初に飛ばすと初めは集団についていけても、持続できません。同じような実力の選手を大会参加を重ねることで認識していくことも重要です。そして言うように自分のレベルそのものを上げる必要があります。まずは部内の上級生に追いつき追い越す実力をつけようと日頃から意識して練習しましょう。負けてもいいなんて思ってはいけませんよ。



今後の予定
11月19日(日)下総デュアスロン ラン3km-バイク21km-ラン3km
11月26日(日)公認記録会