部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-11-27

下総デュアスロン大会報告

11月26日(日)千葉県成田市にありますフレンドリーパーク下総において千葉県トライアスロン連合主催の「下総デュアスロン大会」に部員全員で参加してきました。今年で最初で最後に全員で参加する大会です。保護者の方々も大勢応援に駆けつけていただき大変ありがとうございました。

気温は5度、風速3mで非常に肌寒い中での開催でしたが、幸いにも快晴であり、精一杯身体を動かせば本当に快適な環境でした。
大会距離は変則的ではありますが、中学生はラン1.5km-バイク10.5km-ラン1.5km、高校生はラン3km-バイク21km-ラン3kmで行われました。
2017年最後の大会になります。1年間の努力の成果をどれだけ発揮できるか試される大会でした。

結果としては2年の油井がラン+バイクの強さを発揮して3位に入賞。それに続くのは1年の福島。あとは北島と続き、練習を一生懸命取り組んでいる順番に並びました。部内4番目に飛び込んできたのが市橋で、日頃スイムが苦手でどうしても力を使い果たしてしまうのですが、「得意を伸ばし」躍進をしました。種目の組み合わせによって順位が変動するのが面白いところです。

あとは生徒の感想にて報告とさせていただきます。


高2E 油井明澄
今シーズン最後の大会でした。福島のデュアスロンで結果が残せなかったのでこの大会は3位以内に入るのが目標でした。最初のランは前半1位でしたがペースをキープ出来ず4位までさがってしまいましたそこは練習不足だと感じました。バイクでは、しっかりと40キロ前後でスピードを維持できたのですごく良かったですそしてバイクで3位にあがれたのでよかったです。
第2ランは、福島の時は悔いが残っていたので最後までしっかりと走れたので良かったです。けれどスピードがまだまだ遅いので冬に走り込んでいきたいです。

>>>積極的なレース展開はいい心がけです。どんな大会も自分がどこまでできるのか試してみないとわかりません。入賞できたことは素晴らしい。昨年の1:01:26から3分ちょっと短縮しました。進歩していますね。

高1C 福島旺
今年のレースとしてはこれが最後だったので、来年のレースに繋げられる内容にしようと思って臨むことができた。第一ランは、スタート位置が後ろだったため、自分のペースで走れず先頭に置いていかれて、結局追いつくことができず無駄に体力を使ってしまったので、一斉スタートの時は出来るだけ前にいられるように並ぶ前から良い位置を取れるような場所にいたい。
バイクは、前日にサドルの位置を少し低くしたのもあってか漕ぎやすかったので、いつもより平坦も登りもこれっていうギアがあったのでよかった。14周ということで、気が遠く精神的にきつかったけど今までと違うバイクを乗っている感じがあったのでやる気を失わずに走り終えることができた。
第2ランは記録会のことを考えてしまい、少し ゆっくり走ってしまった。だけど、そのおかげで楽しく走れた。生涯スポーツとして、改めて面白いと思った。また、今回のレースの前後に神津島のアクアスロンで一緒に表彰台に上った人が自分のことを覚えていて、話しかけてくれて嬉しかった。こういう関係の人が増えるとレースももっと楽しくなると思うので、余裕があったら話せそうな人には話していきたいと思った。

>>>レースを通して様々な経験をしていることがわかります。まずはバイクのポジションですが、低くすることでうまくももの裏側からお尻にかけての大きな筋肉を使うことができるようになったのでしょう。その感覚を忘れないでください。またトライアスロンの生涯スポーツとしての楽しみ方を実感できるのは素晴らしいことです。楽しくなければ速くなりません。神津島での活躍を覚えていてくれる人がいたなんて幸せですね。これからどんどん活躍して周りから応援される選手になりましょう。



高2D 北島翔 (2016年1:04:02→1:01:58 3分の短縮)
2度目の出場となった今回の大会はデュアスロンということもあり、私にとって一番有利な種目でした。第1ランが3km、バイクが約20km、そして第2ランが
3kmというレースでトライアスロンでのスイムの代わりにランがあるというものです。
第1ランでは次のバイクに繋げるようになるべく体力を温存させるように走りました。ただ、今回のコースは坂があった為、脚への負荷が大きく、脚をかなり使ってしまうので難しかったです。
バイクではペース配分に注意しました。この大会のバイク周回数が14ですので、1周1周の距離は短かったです。しかし、その分バイクで集団になってしまう事が多かったです。ドラフティングにならないように出来るだけ早く追い越すのですが、集団を抜かすのはかなり難しいと痛感しました。それを克服する為にもローラーでの1分ハードや10分ハードをもっと練習をしなければならないと思いました。第2ランの時には脚が思うように動かないのでストライドを大きくする事を意識して走りました。

>>>速くなるために工夫している様子が伺えます。確実に記録を伸ばしている北島は本当に立派です。

高1B 市橋寛行
この大会は自分にとってトライアスロンの大会に比べると、有利だった。ラン バイク ラン の順番だった。最初のランの時にもう少し良いポジションからバイクに移行できればもっと良かったと思う。バイクでは、一定のペースで走ることができて良かったと思う。コーナーでも、よく攻めることができたと思った。バイク後のランでは脚が少しもたついてしまってペースが落ちてしまった。もっとランを強化しないといけないと思う。来年度の色々な大会に向けて頑張っていきたいと思う。

>>>スイムのないこの大会でいい結果を残せたことは自信になったでしょう。バイクという「得意を伸ばす」ことはできてきていますので、次は自覚しているとおり、まずはランですね。冬のあいだもスイム練習はするので、毎回参加して少しずつでも上達してください。


高1B 黒川由宇
今回の大会での改善点は、バイクです。ランではそこそこいいタイムではしれたがバイクで何人もの人に抜かれたり離されたりしました。この反省をいかしてバイク練習をしたいです。例えばバイクではローラーの練習を週に何回かいれるか、自転車でどこが走りにいくなりして、バイク練習をしたいです。ランは最初のランで落とし過ぎだと思うので最初から飛ばせるようにしたいです。この下総で今年の大会はおわりなので来年に向け練習をまじめにとりくみたいです。

>>>バイクは以前よりも頭が上下しなくなりました。無駄な動きをしないようにしましょう。中学の頃から見ていますが、課題はバイクです。そろそろパワーを付けてもいいと思います。具体的には自分で提案しているローラーやロードの練習ばかりではなく、スクワットを絡めた筋トレです。毎日少しずつやりましょう。ランは少しずつ記録が伸びてきています。自信を持ってください。


高2E 伊倉大晴
今回はシーズン最後の大会だったので気合を入れていました。しかし、結果はあまり良くなかったです。最初のランの順位は悪くない順位だったのですが、上位に食い込もうという気持ちだったのでそこで周りの人のペースに飲まれいつもより速くなってしましました。そこでの疲労が後から蓄積してなかなか速くなりませんでした。また水分を摂取する量が少なかったので両足共につってしまいました。とても勿体なく感じます。体調は悪くないのに練習量と経験の他の人より少ないことが浮き彫りになりました。このままではダメなので次の大会に向けて自分をもっとよく知り練習を積まないと速くなれないのでこの悔しさをバネに進んでいきたいです。またいちばん悔しかったのは先生に勝てなか ったこ とです。トライアスロンでは勝てたので、本当に悔しかったです。また機会があればリベンジして先生に勝って尚且つ表彰されるようにします。先生待っていてください、必ず勝ちます!また今回たくさんの保護者の方が来てくださったことを感謝しています。ありがとうございました。また来シーズン本調子で頑張っていこうと思います。

>>>昨年は前輪のブレーキがかかったままの状態でレースを行っていたことがあとで分かりました。今年はまずその点を確認してスタート。調子よくレースを進めていましたが、足がつったようですね。そこは練習不足ですし、「足がつってもほかの筋肉を使って走る」ことはできることを上田藍さんから学んだはずです。そんな工夫ができるように日頃から練習を積みましょう。


高2C 土田夕亮
今回の大会はデュアスロンでした。デュアスロンは初参加でどのようにレースのペースを作るかあまり良く分からずに行きました。自分はランが苦手なので最初のランはペースを上げて、バイクで体力を温存して、2回目のランに行こうと考えて走りました。
最初の3キロは自分の中ではいいペースで走れたと思います。トランジッションもスムーズに行きいい感じでした。しかし、2周目辺りから右の太ももが吊り、脚を回すことが出来なくなり、ふくらはぎの筋肉で踏む感じでこぐことになりました。太ももの吊りが無くなり回すようにしました。けど、12周目辺りで次はふくらはぎが吊りました。練習中にふくらはぎがつったことはあったので対処はすぐに出来ました。
バイクが終わりトランジッションをし、ランに行こうとした時に両ふくらはぎが吊りました。なかなか収まらなくて1周目は悲惨でした。2週目は吊りも収まり全力で走ることが出来ました。
今回の大会は朝から右ふくらはぎと太ももが張っていたので案の定何回も吊りました。原因は大会前に自転車をこいで筋肉痛になりそれが右脚の張る原因になったと思います。今後は連取後にストレッチや大会前の練習メニューを変えて大会に出場しようと思います。

>>>スタートからかなりいいペースで飛ばしているのは分かりました。ランも足の力を使いすぎています。バイクも足の力を使いすぎています。ランは体重移動をもっと利用しましょう。そのためのラダー練習です。姿勢に注意です。バイクはお尻をもっと使って欲しいですね。足をつっている土田を見ながら追い越していったわけですが、私もつっていたので、つっても上手に走る方法を自分なりに考えてください。


高1C 山口大貴
今回の大会は、先週の大会で痛めたところが治らなくて、思うように走れなかった。今シーズン最後の大会だったので、この結果はとても悔しかった。冬のシーズンでしっかり練習して、来年のこの時期にいい成績を出せるようにしたい。

>>>自分の実力を思いっきり発揮できないことほど悔しいことはありません。怪我をしない身体作りも大切です。ストレットと筋肉トレーニングをやりましょう。


高1C 益山恭平
今回の下総のデュアスロンは、今シーズン最後のレースだったのですが、とても悔しい結果となってしまいました。理由としては、バイクの途中で気分が悪くなり、自分の思うようなレースができなかった事です。ですが、レース前からしっかりコンディションを良くしていればこんなことにはなんなかったと思います。なぜなら、レース前に少し遊びすぎて、ストレッチやアップなどをしっかりできなかったからです。次からは、遊びじゃなくレースの事だけに集中し、取り組みたいと思います。また、もう一つの理由として、今回のレースの日は、すごく気温が低かったのに、トライスーツで出てしまったので、そこで冷えてしまって、体調が悪くなってしまったのかなと思います。なので次からは、気温などに気にして服装を考えたいと思います。良かった点としては、最後まで諦めずにやれた事です。

>>>トライスーツで出たのは本来あるべき姿です。エリート選手の場合、すべてトライスーツが原則です。その下にタイツや長袖のシャツを身につけてもいいので、それを考えたほうがいいです。アップが足りないのは顧問の言う事を聞かない証拠ですね。アップしなくても大丈夫か?と何度か聞きましたが、、、、、日ごろやっているラダーメニューを真剣にやるだけでもいいアップになることを覚えましょう。

高2C 近藤大洋
僕にとって下総デイアスロンは初めての大会でした。結論から先に言いますと自分のベストを尽くせたかなと思います。無事に完走できたのはこの大会のために1週間ちょっと前から準備をしていたからです。練習メニューをしっかりやったり、他の部活の練習に混ぜてもらったりしていました。でも周りの人との実力の差を感じた試合でもありました。次回出る機会があったらベストをつくさるように頑張りたいです。

しかし、最下位にならなくてよかったのが一番僕にとって嬉しかったことではないのだろうか!?

>>>トライアスロンに限らず、スポーツ競技は1週間前から準備するだけではどうにもならないものです。完走だけを目指していたのならば「おめでとう」といいたいですね。勉強との両立で大変だと思いますが、努力を継続してください。


高1B 野村佳音
今回のディアスロンでは、バイクの時にふくらはぎがつってしまった。その理由としては大会の前のアップをしなかったのが原因だと思います。
次は記録会があります、その時は今日のような失敗をしないように心掛けたいです。

>>>実際私も足がつりましたが、なんとかランのほかの筋肉を意識しながら走りました。そうしているうちに徐々に身体が動くようになり、やがてはいつものペースに戻りました。日頃からどれだけいつも自分を追い込めるかが重要です。野村はまだまだ全力で練習をしていません。何のために練習しているのか疑問に思う時があります。いいフォームを作り、限界まで追い込んでみましょう。


黒川遼宇
今回の大会で特に意識したことは、スピードのあげるタイミングです。なぜなら坂が多く最初は下りだけど下りが終わると登りに入り、スピードにのっていないと失速してしまうからです。さらに周回が多いコースでとても辛かったです。そして2位を取ることができました。
だけど1位との差が大きかったのでそこを詰めれるように頑張っていきたいです。

>>>中学の部で2位は立派です。粘り強いレースができるようになってきました。2歳違いますが、兄に追いついてプレッシャーをかける存在になって欲しいと願っています。

黒川航宇
僕は初めてのデュアスロンで3つわかりました。1つは最初のランで身体があまり温まっていなかったから、身体が寒くて動かなかったです。2つ目は自転車でランの後だったので身体が温まっていてスイム後の自転車より身体が軽くて走りやすかったです。3つ目は2回目のランで最後のランは一周だったけどいきなりペースが落ちて寒くなってしまい、身体が冷えてしまったので、バイクの時にもう少しペースを上げて身体を温めておけばよかったと思いました。この反省点を生かして次も頑張りたいです。
>>>身体が温まっていないとは基本的にダメですねえ。アップをしっかりやりましょう。
部活の前にやっているラダーメニューでほぐしてダッシュを何本か最低でもやってください。レース中に体温が下がるのはよっぽど寒い時ですが、今回はそれに該当しません。次は君のアップに注目しておきます。

遠藤眞梧
今回のデュアスロンの大会は出場が初めてでした。先輩達は慣れているようで、流石だなあと思いました。僕は最初のランで体力を使ってしまって、バイクで呼吸を整えるのが大変でした。最後のランは脚が軽くなったようでなかなか前に進まず大変でしたが、完走はできました。先輩たちのペースを見ていると、こぎ方も自分と違うようで勉強になりました。今回の大会での自分の欠点等を考えながら来年の大会でもいかしていきたいです。
>>>>やっと大会に出場しましたね。練習の成果を発揮する場がないと自己評価もできません。
完走できた喜びはあったのでしょうか?