部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-12-10

日本トライアスロン連合強化指定選手記録突破

11月26日(日)東京都トライアスロン連合主催の公認記録会がスイムは明治大学和泉校舎で、ランは世田谷運動競技場で実施されました。今年の最後の記録会で、東京都の指定強化選手になることはもちろん、さらに上の日本トライアスロン連合の強化選手を目指して選手は頑張りました。

結果的にはにちがくトライアスロン部から初の日本トライアスロン連合強化選手が誕生することになります。最終的には理事会での承認待ちとなりますが、基準記録を1年の福島旺が突破しました。

U19の基準は下の表にもあるとおり、スイム400mが4分31秒以内。これは100mスイムを1分7秒で平均的に泳がなければなりません。
ランは3000mを9分51秒です。1kmを3分17秒で走らなければなりません。東京都の指定基準はスイムを2倍してランをそのまま加算する方式で、どちらかが得意であればカバーできるのですが、日本トライアスロン連合の基準はスイム・ランの両方を突破する必要があります。

今回もランであれば油井が基準を突破していますが、スイムが遅いので認められません。スイムで言えば由宇と山口があと9秒短縮する必要があります。
いずれにせよ、福島はよく頑張ってくれました。理事会から承認された際には改めて報告したいと思います。


あとは選手の感想をもって報告といたします。
下の表は日本学園の歴代の記録を38位まで掲載しました。

高1C 福島旺
今回の記録会では目標にしてたJTUの指定を取ることができて良かった。スイムでは序盤に飛ばしすぎて後半バテバテだったので遅くなったと思いながら泳いでたけど良いフォームになっていたからか、水の抵抗をあまり受けずに最後まで泳ぎきれて4月よりも3秒タイムを縮めることが出来てビックリした。これからは今まで以上に内容の濃い練習をして3月の記録会までにあと数秒は縮められるようにしたい。また、
ランもここまで走れるようになっていたのはビックリした。半年前の記録会では走りをよく知らず今思えばただ進んでいるだけだったけど、それから稲子さんや関根さんに少しだけだったけど走り方を教わってフォームも少し改善してもらったり、レースでランラップ1位の人にアドバイスをもらったり、周りに助けてもらいながら成長出来てちょっと感動した。これで、JTUの合宿やアジア予選にも出ることができるようになって、レースのレベルが上がってくるので、慢心せずに今まで以上に練習して、次はA指定を取れるように頑張りたい。もちろんバイクも頑張りますけど……

>>>スイムはにちがく以外でも地元船橋でよく練習しているからこその結果です。本当に素晴らしいです。次の目標は4分10です。ランについてはTMTUの強化練習会で1KMのインターバルをやって2本3分10を出せたことが自信になりましたね。日頃の練習からベストを狙い努力していることが結果に結びつきました。立派です。フォームの習得と改善はいつも日常生活から意識する必要があります。さらにいいフォームになるには、日頃の授業中の姿勢も大事だと認識してください。バイクはまた船橋で一緒に練習しよう!


高2E 油井明澄
今回の記録会は、B指定を取ることが目標でした。
スイムでは、前半から4分代を狙えるペースでいこうと最初から思っていたので最初から全力で泳いでいましたけれど後半で腕が動かなくなってしまいペースが落ちてしまいました。まだ400mを全力で泳ぐ感覚が体にしみついていなかったのでこれからは自分から泳いでいきたいです。
ランは、9分41秒を出すことが出来たので今回は満足した。レース自体の内容はすごくよかっと思うけれど福島と1秒しか離れていないことはとてもショックだっただから次は集団にくっつくのではなくレースがスタートしてからゴールするまで誰も前を走らさずにゴールしたいです。目指せ8分代!
そして今回の記録会で福島がJTUの指定をクリアしたすごいと思った瞬間に悔しさが込み上げてきただからこれからスイムをはやくしつつ得意なバイクとランをさらに磨きトライアスロンでは絶対に負けないようにする。

>>>油井は入学前から記録会に参加して、毎回出るたびに記録を短縮しています。立派です。ランは特に前回から20秒短縮されました。お姉さんも陸上競技をやっているようですが、まだその記録を突破していないのでは?結果的には目標にしていたTMTUのB指定は獲得できなかったばかりではなく、後輩の福島にJTU強化選手取得を先を越されてしまいましたね。あと7ヶ月です。先輩の意地を練習の時から見せて下さい。


高2D 北島翔
今回の記録会が今シーズン最後となりました。その中で自分の自己ベストを出す事が出来たので個人的には良かったと思いました。まず、スイムにおいては記録としては6分24秒と前回の記録会から5秒縮める事が出来ました。ただ、25mごとのクイックターンでミスを連発してしまった為に大きなタイムロスが出てしまいました。ターン練習は普段の練習で身に付けようと思います。一方で前よりも肩が軽くなり腕を回しやすくなったので進みが良かったと思います。ランでは前回よりも約1分縮められました。これはランでスピード練習を行った事と、
身体が軽くなった事が理由だと思います。ただ、レース展開としてペースを一定に保つ為に最初に抑えてしまった事が良くなかったと感じました。自分は最初にペースを上げると後半でバテてしまうのでペースを上げるべきではないと考えていましたが、今回の記録会でそれは良くない事だと分かりました。次の記録会ではペースを最初から上げていこうと思います。

>>>北島も記録会に出るたびに毎回記録が短縮されています。本当にすごいことです。努力が成果として出るのは嬉しいことでしょう。さらに上を目指すためのミスも自ら発見できています。いつも練習もその連続です。レースペースでスイムしたり、ランをしたりするときはいつもタイムを気にかけましょう。今日は何本までがんばれたのか?昨日よりも0.01秒でも早くなればいいです。その積み重ねがやがて1秒、10秒になっていきます。


高1C 益山恭平
今回の記録会では、今までにない悔しい気持ちとなってしまいました。スイムでは、5分30秒を目標としてやっていたのですが、結果は6分5秒と目標より35秒も遅くなってしまい、前回のタイムと変わんなかったのが、とても悔しかったです。ランでも11分台には乗せようと思って、やったのですが、12分46秒と前回よりも遅くなってしまった事がな一番悔しかったことです。スイムでは、クイックターンを覚えれば5分台には乗ると思うので、まずは、次の記録会までに、クイックターンを覚え5分30秒に近づきたいです。ランはもう走り込むしかないので、日頃の練習でも手を抜かずに、休みの日でも走らないといけないと今回の記録会で強く思いました。次の記録会では、スイムは5分30秒ランは10分52秒を切れるように頑張ってC指定を取ろうと思います。

>>>ランが前回よりも落ちているのがだめですね。日頃の練習の際もふざけ過ぎで、バネはあるのに活かせていません。本当に速くなろうという気があるならば、もっと練習から真面目にやるべきです。顧問のアドバイスもしっかり耳を傾けてください。


中2A 黒川遼宇
今回の目標がスイム、ランどっちとも5分切ることでした。結果はランは切れたもののスイムが切れていませんでした。なのでスイムの特にダッシュの練習をして行きたいです。ランは満足のできるタイムでした。やっと5分を切り、こっからは、スイムをもっと楽にできるようどんどんにタイムを上げ頑張っていきたいと思います。そして福島先輩がJTU指定をとりました。なので僕も取れるように頑張って行きたいです

>>>スイムは部活でもたくさん練習ができるようにプールのコースを確保しています。限られた時間なので、有効に利用するため日頃の勉強では今まで以上に努力して補習などにしましょう。来年こそJTU強化選手になろう!