部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-12-19

第6回強化練習会報告

12月10日(日)東京都トライアスロン連合主催のジュニアトライアスリート強化練習会ににちがくから高校生3名、中学生2名が参加しました。
下期2回目、今年度では通算6回目の練習会ですが、東京五輪事前準備の影響でプールの予約ができず、今後はバイク+ラン練習が中心となります。

荒川の中洲で実施しておりますが、バイク12km+ラン3kmを2セットがメインメニューですが、参加選手の実力に少し差があるためハンデをつけてスタートしたのですが、油井は何とかトップを捉えるだけの実力が証明されました。バイクとランならばかなりの実力になったと言えるかもしれません。

同じく強化練習会に久しぶりに参加した市橋は苦手のスイムがないので、非常に生き生きしており、特にバイクではハンデをひっくり返すくらいのペースで飛ばしていました。

そして黒川3兄弟。それぞれのペースで着実に速くなって来ています。兄弟間の争いもあり、非常にいい刺激になっています。

この冬はスイムもコンスタントに練習しつつ、バイクとランを中心に練習していきます。