部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-12-19

LDSS(Long Distance Swimming Series)報告

12月16日(土)辰巳国際水泳場にて行われたロング ディスタンス スイミング シリーズに高校生4名が参加しました。この大会はその名のとおり、長い距離を泳いでタイムを競います。普通競泳の競技であれば50m、100mが中心となりますが、この大会は短くても400m。リレーも400mx4の1600mです。トライアスロンのスイムパートの練習としても最適の大会で、どれだけ成長できたか実感できる大会でした。表彰は各年代であり、10歳代の参加は水泳部などの参加が多かったですが、入賞多数、リレーでは2位となりました。優勝者にはバスタオル、入賞者にはタオルが贈呈されました。

あとは生徒の感想文を持って報告といたします。
>>>は顧問のコメントです。


高1C 福島旺 (400mと1500mに出場)
今大会は久しぶりに泳ぐ長距離でした。1コースに最大6人と多人数で、抜かす時に大変だったけど波があって海で泳ぐことを考えるといい練習になりました。また、個人種目では二種目ともに一位をとることが出来たけど大会新を狙っていたので、届かなくて残念でした。リレーでは1位を取れると思っていたため非常に悔しかった。1500の800m地点でエリートの記録会でも闘えることが分かったので自信をつけて、まずはスイムを日本選手権に出ても恥ずかしくないレベルにしていきたいです。

>>>海外遠征できるようになるためのエリートスイム基準は800mで9分程度。1500mの通過タイムでも9:37ということは普通に泳げば9:15くらいはいけそうのようだ。そうなるとあとは本当にランがあれば、トップアスリートになれる。この冬はスイムは落とさず、バイクとランに集中しよう。2種目優勝おめでとう。


高1C 山口大貴 (800m出場)
今回は高校に入ってから始めて水泳の大会に出ました。苦手な大勢で泳ぐのも慣れてきて、いつもどうりにおよぐことができた。
タイムはイマイチだったので、普段練習以外でも泳げるといいなぁと思います。

>>>練習日以外でも個人的にプールに行って練習するという意味ですよね?それには大会意識を持つ必要があります。適当にやっておけばキレる基準ではないので、「自分に厳しく生きる」ようなこころを部活だけではなく、一般生活でも持続させましょう。まずそこが大切です。2位入賞おめでとう。


高1B 黒川由宇(800m出場)
今回の大会ではスイムの800mを泳ぎました。三位という結果だったが記録はあまりよくありませんでした。自分の実力から言うの10分はきれるはずですが10分半もかかってしまいました。反省点としては、ストレッチ不足、練習不足だと思います。ストレッチは泳ぐ前に必ずできるので絶対やるべきだと思いました。練習不足では、日頃の練習をこなすのは簡単なので工夫して、泳ぎます。また、部活以外の日は一週間に3回もあるので、そのうちの2回はスイムにあて、残りの日はバイクやランをしようと思いました。JTUまでもあと少しなので三月までにタイムを縮められるようにします。

>>>スイムで約10秒短縮、ランで30秒です。不可能な数字ではないので心から頑張って欲しいと思います。まだまだ自分に甘く、やらされて練習している雰囲気もあります。もっと気持ちを盛り上げて、自分のために貪欲に記録を求めましょう。3位入賞おめでとう。


高1B 野村佳音(800m出場)
今回の大会で、800m自由形を泳いで、自分は体力がないと実感しました。

次の練習からはレベルの高いコースでまわるのを意識するのではなく、一つ一つ全力で取り組んでいきたいです。



>>>確かに全く体力がないですね。全力を出していないようにも確かに見えます。自分で今後の取り組み方を誓ったわけですから、その誓を守って下さいね。