部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2017-12-29

日大豊山・成城合同葛西臨海公園練習報告

12月19日葛西臨海公園にて日大豊山高校・成城高校の自転車競技部との合同練習会を実施しました。両校はこの冬3回目のようですが、にちがくは日程が合わず、今回だけの参加となりました。バイクでにちがくから葛西臨海公園に移動(およそ30km)、公園ではビーチを利用した筋力トレーニングを実施しました。

up.1km 往復
1.スキップ 普通 3往復
2.スキップ 上に高く 3往復
3.スキップ 前に遠く 3往復
4.四股踏み
5.すり足前進 3往復
6.チームで前進 3往復
7.ダッシュ 10本
8.馬とび

いずれも深く足が沈む砂場でやっていることで、かなり筋力が必要となります。お互い刺激し合っていい練習となりました。
あとは生徒の感想で報告といたします。
>>>は顧問のコメントです。

高1C 福島 旺
自転車の強豪校でも自転車を使わずにトレーニングするのには驚いた。自分もただ自転車に乗ってトレーニングするのではなく筋トレなどのレースに繋がることをしようと思った。

>>>基本はスクワットが効果があるようです。加えて足の回転を速くするような練習も効果があるでしょう。


高1C 山口大貴
久しぶりのビーチランは前回やった時と違って、土が柔らかく、とてもきつかったです。ジャンプやしこをすることによって、さらに負担がかかってやばかったです。いい経験でした。

>>>前回はお台場での大会でランを行った時ですね。海沿いを走ると砂が固まって走りやすいのですが、今回はふかふか。精一杯ダッシュをして砂らだけになっているのが印象的でした。

高1B 黒川由宇
今回は葛西臨海公園まで自転車でいって海浜でランの筋トレなどをし、また自転車で帰るという1日でした。バイクでは久しぶりにみんなで走って宮古島に行く前にいい練習になりました。砂浜では地面と違い力を吸収されてしまうので陸での筋トレよりすごくきつかったです。とくに砂浜でのスキップは地面とは桁違いにきつくいいトレーニングになりました。また砂浜で練習をすることになったらさぼらずやりきります。

>>>ということは、少しサボっていたのかな?うまくかっこよく見せなくても、必死にやっている由宇の方がかっこいいぜ!


高1B 市橋寛行
感想待ち。



高1C 益山恭平
今回の合同練習は、葛西臨海公園でビーチランをしました。最初の1キロのジョグでは普通の道を走るのとは違って足腰が結構きつくなって、凄く辛かったたです。ジャンプ系のトレーニングでも辛くて最後の方は足が上がんなかったです。ビーチランはすごくいい練習だと思いました。
合同練習というものは、あまりないのでいい経験ができたと思いました。また機会があればやりたいと思いました。

>>>ビーチランは要請があればまたやりますよ。合同練習もまた機会を作ります。益山の頑張っている姿ももっと見たいので。

高1B 野村桂音
今回の練習は足腰がとても鍛えられたと思います。しかし、砂浜の練習の意味がよくわからなかったです。

>>>上にある友達の感想をよく読んで考えてみよう。