部活動

トライアスロン部

トライアスロン部は2014年で創部10周年を迎え、次のステージへとステップアップしはじめました。シドニーオリンピックから五輪正式競技となったトライアスロンは2018年からは国体の正式種目となります。オリンピックディスタンス(五輪正式距離)はスイム1500m、バイク40km、ラン10kmですが、高校生はその半分の距離(スプリントディスタンス)で競います。中学生はさらにその半分(スーパースプリントディスタンス)です。
3種目とも外部団体(明治大学や渋谷区・目黒区トライアスロン連合など)とも合同練習をしながら、自己鍛錬しています。基準を突破して全国大会出場を目標にしています。ジュニアオリンピック代表選手と競り合うだけでなく、最近はにちがくトライアスロン部が脅かす存在になりつつあります。2014年度から日本トライアスロン連合により「トライアスロン強化クラブ」として、全国の中高から唯一認定されました。いずれは強化指定選手、ジュニア代表選手をこの中から輩出したいと思っています。
主な成績:2014年JOCジュニアトライアスロン選手権 U19: 24位・27位・34位など。
近隣都県のトライアスロン大会、上位入賞多数。

部活動・委員会一覧
2018-01-22

ジュニア宮古島強化合宿

1月4−7日に沖縄県宮古島にて実施された東京都トライアスロン連合(TMTU)主催の「ジュニア宮古島強化合宿」にトライアスロン部から高校1年の3名が参加しました。この合宿はTMTUで認定を受けた強化選手のみ参加可能の合宿で、総勢11名。今回はコーチとして、日本トライアスロン連合事業企画委員会副委員長の山本光宏さんが担当され、5年間従事したTOTO陸上部の指導メソッドを交えて練習を組み立てていただきました。
現地はあいにくの天気で、ほとんどが雨ばかり。気温も低く、例年であれば海で泳いでも平気だったのですが、今回ももちろん泳いではいますが、風もあり寒さを感じながらのトレーニングでした。ですが、内容は非常に濃く、これからトップ選手として活躍するのに必要と思われる筋力トレーニングを伝授いただきました。早速練習に取り入れておりますが、今後3名の伸び、活躍を見守りたいと思います。

練習内容は次のとおりです。
1日目 バイク (天候:晴れ) バイク組み立て後、2日目の自転車練習に支障がないようにコース確認のドイツ村往復。

2日目 (天候:雨)
? 午前 バイク:基本的な乗り方の習得
1. シッティング (サドルの前後、座る位置による主動作筋の違いを確認)
2. ダンシング (身体の動きを確認および効率よいダンシング技術の習得)
3. コンビネーション
4. バイク・ローテーション(レースに向けての実践練習)
? 午後 ランのためのトレーニング
1. ストレッチポールでのベーシックセブン (良い姿勢を獲得するためのメソッド)
2. セラバンドで中臀筋、内転筋(理想的なフォーム維持に必要な補強トレーニング)
3. 割り箸スクワットで脚筋力強化

3日目 (天候:曇り雨)
? 午前 バイク: ホテル出発〜空港方面〜東平安名崎方面へ〜比嘉ロードパーク〜東平安名崎〜来間大橋〜〜ホテル戻り (55km)
? 午後 ラン : 宮古島駅伝チームとの合同練習
(ア) 筋力トレーニング
(イ) 6000m (5000mペース走 + 1000m各自ペース)
(ウ) 400m(300m50秒+100m30秒以内)x 3本

4日目 (天候:雨)
午前:筋力トレーニング 3日間の総復習

あとは選手の感想にて報告といたします。

高1C 福島旺
今回の合宿では雨が多く、なかなか予定表どおりに進まず、複雑な日程だったため、生活面では時間を忘れて、遅れてしまったので、話をしっかりと聞いて遅れないように注意したいです。また、今回はバイク中心の練習メニューでしたが、強度は低く、距離も少なかったため、効率よく走れるように集中して走ろうと思いましたが、まだまだ無駄がありそうなので直せるようにするのと、走行中のペースがバラバラなので一定のスピードで走れるようにすることが今後の課題だと思いました。ランは6キロのペース走でしたが、5キロまでは順調に走れていたけど、ラスト1キロのフリーペースになってからは足は動くのにスピードが出ていなくて、先頭についていくことができなかったので、スピードをつけることがランの課題だと思いました。スイムの課題は、波があってもまっすぐ泳げるようにすることです。まだ泳いでる時に急いでしまい、うまく前を確認できていないので、しっかりと前を見れるように経験を積みたいです。1日目と2日目には勉強会として練習ノートを書いたり、ランに必要な技術や筋肉を山本さんから教わったり自分のためになることの多くを教わることができたので、たくさん活かせるようにして、実践できるものはすぐにでも行い、目標に近づけられるように頑張りたいです。

>>>昨日練習ノートを見たら、きちんとかけていました。継続することが大切ですし、書くことによって新たな発見があります。次の目標はJTU強化のレベルを上げること。そして、ジュニア上位に入賞することでしょう。自分に足りないところの分析も的確にできてきているし、ますます期待が持てます。

高1B 黒川由宇
今回の合宿は、天候が悪かったため実践練習というよりはコツを聞くという合宿でした。実践はできませんでしたが、山本コーチからのストレッチから始まり筋トレ山の登り方、平坦での走り方と集団走行などのコツをたくさん聞きました。一番印象的だったのはストレッチポールを使ってのストレッチでした。一回で効果が出ていて驚き、これからも続けようと思いました。また、筋トレでは主に中臀筋の鍛え方でした。チューブを使っての筋トレで効果的で良かったのでこれも続けようと思いました。合宿全体としては、今回もメカトラが多く満足のメニューでやることができませんでした。これからはメカトラにも目を向けてこれからないようにします。スイムでは得意だったはずのオープンウォータースイムがまったくうまく泳げなかったので出来るだけ毎日泳ぎこみたいと思いました。6000のペース走では、周りに合わして走るという感じでしたが、うまく走ることができませんでした。同じ距離で同じスピードでも、走り方や体力、筋力の差を感じたので、主に下半身強化、走り込みを続けていこうと思いました。今回合宿は反省ばかりでしたが、次の練習、合宿では、満足のいく練習ができるようにしたいです。

>>>先日もバイクのメカトラがありました。一度オーバーホールをしてみたほうがいいかもしれません。クリーニングもいまいちで、もう少し自分の自転車を大切に扱うようにしましょう。まずは磨いて下さい。スイムについてはさらに泳ぎ込める環境を見つけたようなので、しばらく様子を見たいと思います。ランですが、全力の8割の力でしっかりいいフォームを意識して走るペースの練習を今後とも多くしていきます。由宇の場合は、スピードの上下がありすぎて、距離をこなすと速い時と遅い時の格差が酷いです。6本やるならば適切なスピードから少しずつ上げていって、最後に出し切るようにして欲しいです。気分で走っているように見えてしまいます。

高1C 山口大貴
4日、宮古島で合宿しました。宮古島は東京に比べて暖かくとてもいい環境で練習できたのですが、雨で練習が潰れてしまった所があったので、そこは残念でした。自転車の練習が多く、収穫が多くありました。まずはドラフティングの時に、回りをしっかり気にすることです。集団走行の時は、1人が倒れると、みんなが落車してしまうので、安全を考え、回りを気にしながら走れるようにしたいです。2つ目はシッティングとダンシングのこつです。サドルのポジションによって漕ぎ方も変わってくるので、気をつけてみようと思います。ダンシングの時は体のブレが目立つのでてこの原理をうまく使って漕げるようにしたいです。あとは回転数を安定できるようにしたいです。ランでは着地のことが印象に残ってて、ミットフットタッチでの走り安さがよくわかりました。普段では学べないことが多く学べました。この経験を活かして頑張りたいです。また練習ノートもしっかりかきつづけたいです。

>>>先日ノートを見せてもらったらしっかり継続していました。偉いですねえ。学んだことをしっかり書き留めて、練習の時に振り返るポイントにしているでしょうか?着地はきちんと出来ているか意識していますか?身体がぶれていませんか?などなどチェックポイントを忘れずに日々全力で練習しよう。自転車に自信をつけてきているようなので、さらに得意を伸ばせ!