部活動

表象文化研究部

主に東京で行われる絵画展や映画を通じて、ある表象が歴史的な文脈の中で、どのように利用されているかを研究する部活動です。つまり、芸術・文化に触れて自らの感性・教養を磨くことを目的としています。

部活動・委員会一覧
2017-07-28

7/27 「レオナルドとミケランジェロ展」ーミケランジェロの大きなキリスト像

先日、生徒たちと三菱一号館美術館に行きました。レオナルドとミケランジェロの主だった素描がたくさん見られるたいへんよい美術展です。

そのときはまだ来ていなかったのですが、なんとミケランジェロのキリストの彫像(たいへん大きなもの)が来ています。単身見に行きました。泣けるほどすばらしい彫像です。

ああ、ミケランジェロは彫刻家だったなと改めて思いました。日本で見ることができないために、素描とかで満足していましたが、これほど大きなミケランジェロが日本で見られる機会はそうないと思いますので、この夏ぜひ一目会い行かれてはどうですか。

キリストが元気な感じなのは、システィ―ナ礼拝堂の天井画同様に、復活後のキリストを彫ったからでしょう。