部活動

表象文化研究部

主に東京で行われる絵画展や映画を通じて、ある表象が歴史的な文脈の中で、どのように利用されているかを研究する部活動です。つまり、芸術・文化に触れて自らの感性・教養を磨くことを目的としています。

部活動・委員会一覧
2017-08-13

高1大岩君の「フランス絵画紀行」5 市立近代美術館・パレ・ガルニエ・自然史博物館編

8月11日
今日は市立近代美術館と人類博物館、国立自然史博物館内の大温室と動物園、植物園へ行きました。
市立近代美術館は改装工事中であまり観られず…
国立自然史博物館は広すぎるため、2日に分けての鑑賞となりそうです。
博物館の敷地内に動物園などがあるのは中々素晴らしいことだと思いました。

大岩




8月12日
今日も国立自然史博物館へ行きました。
この博物館は、敷地内に各種展示館に加え、動物園、植物園、大温室もある大きな博物館でした。
このように生物も同時に観ることができる博物館は極めて素晴らしいと思います。
博物館に行く前に、近くにある古代ローマ時代の遺跡・リュテス闘技場へ行ってみました。世界都市パリにも紀元1世紀末の遺跡があるのは中々驚きです。
夕方は憧れのオペラ座、パレ・ガルニエの内部を見学しました。ヴェルサイユ宮殿にも匹敵するほどの内装が美しいかったです。

残りの可動日数は4日となりました。
ルーヴルが開館しているのは3日間なので、最後の総まとめという形になりそうです。

大岩