部活動

表象文化研究部

主に東京で行われる絵画展や映画を通じて、ある表象が歴史的な文脈の中で、どのように利用されているかを研究する部活動です。つまり、芸術・文化に触れて自らの感性・教養を磨くことを目的としています。

部活動・委員会一覧
2017-10-03

10月3日「運慶展」(東京国立博物館)・・・無著・世親像のすごみを体感

学園祭代休日、8:30明大前駅集合。中1(奥村・栗橋・坂田・佐藤・廣岡)高1(大岩・富岡)高2(鎌田)そしてALTジェイミーと顧問で、現在始まったばかりの「運慶展」に出かけました。まとめて運慶作を見られるのは、そう何回もないと思います。というのも、運慶作の仏像は、本来は京都や奈良だけでなく、関東のお寺の各所にあり、美術物である前に、仏教の信仰のために作られたものだからです。いつも借り出すわけにもいかないでしょう。

そこは忘れないで見たいものです。そういった歴史的な創造物であり、父・康慶から運慶・快慶そして湛慶などへ流れていくいわゆる「慶派」が中心になってできた仏像群です。

目玉は、無著・世親像のリアルさ、生きているみたいです。また隆々とした四天王像。険しい表情の表現は目に焼き付きます。さらに八童子像(国宝)も小ぶりながら、さすがは運慶とうならされます。

東大寺南大門の仁王像は、運慶・快慶・湛慶など弟子たちが結集して作った大作で、奈良の東大寺に行かれた方は一度はにらまれた経験があると思います。あの体感を身近にできる展覧会だと思います。

また後半には三十三間堂のもっとも大きな十一面千手観音像を作った運慶の長男・湛慶の特集などもあります。快慶や湛慶になると運慶よりも丸みが出てくるような気がしました。

会場は平日でしたが、かなり混んでいました。しかしじっくり近くで見られる程度でした。これから話題になってくるはずですから、皆さんも混雑する前に、時間をみて行かれてはどうでしょうか。