部活動

表象文化研究部

主に東京で行われる絵画展や映画を通じて、ある表象が歴史的な文脈の中で、どのように利用されているかを研究する部活動です。つまり、芸術・文化に触れて自らの感性・教養を磨くことを目的としています。

部活動・委員会一覧
2017-12-11

12月11日「魔笛」・12日「ジャージー・ボーイズ」事前学習レジュメ・・・学内鑑賞会

表象文化研究部のこの冬の活動は、大きく学内と学外で分かれて行われることになりました。まず、11日にモーツアルトの現代版「魔笛」、12日はイーストウッド監督の「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞します。以前も東宝版ミュージカル「エリザベート」を鑑賞したことがありましたが、徐々に音楽的な表象文化について触れる機会が増えてきたのは、頼もしい限りです。

自分たちで企画を立てて実施していくのが、本来の部活動です。事前学習のレジュメも自分たちで交代で作り、相互に発表した上で鑑賞する、これが大事だと思います。「魔笛」は中1栗橋君が、「ジャージー・ボーイズ」は高1大岩部長が作成しました。

また17日(日)には、東京にある美術館をいくつかめぐる企画があります。

明大前→日本民藝館→松濤美術館→東京ステーションギャラリー→パナソニック 汐留ミュージアムなど。