部活動

為替株式学習部

新聞・TVのニュースで毎日伝えられる為替や株式の情報。「なぜそんなにうごいちゃうの?なぜ大切なの?」そんな小さな疑問をきっかけに、日本から世界へと視野を広げてみませんか?
活動としては、世界情勢から為替レートを予想したり、株式購入体験を通して社会とのつながりを学んだり、経済にかかわるクイズコンテストに出場しながら、経済知識を深めています。社会人になってからも絶対に役立つ経験がたっぷり堪能できます。主な参加大会に、日本経済新聞社主催「学生円ダービー」(為替相場を予想する大会)、野村証券・日本経済新聞社主催「ストックリーグ」(株式の長期保有と分散投資を学び、そのレポートで審査される大会)、りそな銀行主催「エコノミクス甲子園」(経済知識のクイズ大会)、ジュニアアチーブメント主催「知の甲子園」(会社経営のための意思決定を学ぶ大会)などがあります。また専修大学や麗澤大学などが主催する経営コンテストなどにも積極的に参加して、大学に入学してからの講座を体験するだけでなく、大会では様々な賞も獲得した実績があります。昨年度からヤマト運輸主催の「高校生経営セミナー」に参加して、インターンシップ体験をしています。
主な実績:学生円ダービー 優勝(2007年)、ユニーク賞(2001年)、ストックリーグ 敢闘賞(2006年)、麗澤大学企業経営チャレンジ 優秀賞(2011年、2012年)、ヤマト運輸高校生経営セミナー東日本予選突破(2014年)

部活動・委員会一覧
2018-02-11

SIR国内決勝結果報告

2月4日(日)ホテルニューオータニ・ガーデンタワーにあるNN生命オフィスで開催されましたSIR (Social Innovation Relay)全国大会決勝に高2D伊藤君が参加しました。あいにく当日は河合塾記述模試と日程が重なり、大西・国光君は参加できませんでした。今回で3回目という2017年度大会は、主催者のコメントでは「大変レベルの高い大会」となったようです。結果的には上位3チームに選出されず、日本代表には選ばれませんでした。

優勝 : AmaFessional(京都府立洛北高等学校) 国際大会出場となります。
準優勝 : 優勝したい (広島学院高等学校)
第3位 : OIRAs (武相高等学校)


高2E 大西駿
SIRは昨年度に引き続き、2度目の参加となりました。昨年度は2次アイデアで落選してしまい、決勝までたどり着けませんでした。
今回は時間をかけて、自分の納得できるものが出来上がったため、決勝に進める7チームに残ることができました。
あいにく、日本代表を決定する決勝の日が模試と被ってしまい、プレゼンテーションに私は参加することができませんでした。
他校の生徒との交流も楽しみでしたし、なにより、自分が主となって煮詰めてきたアイデアを自分が発表できなかったことが残念でなりません。
日本一までは手が届きませんでしたが、トップ7にまで残れたのは誇るべき成果だと思います。大会終了後、伊藤君の紹介で他校の生徒とライン友達になりました。プレゼン内容のこと、学校のこと、趣味のことなどいろいろ話し、そこには自分の知らない世界があって面白かったです。

このSIRは社会的課題を解決するためのビジネスアイデアを作成するというもので、高校生には無理難題なのではないかと当初は思いました。しかし、こういった難しい壁こそ、自分をレベルアップさせるには必要だと考え、最終的に決勝に残れるレベルのアイデアが完成しました。それが『引退したアマチュアアスリートと長時間勤務に苦しむ教員や指導に満足できない運動部員を抱える学校を結び付ける地域共助型ビジネス』でした。後で、他校のアイデアを聞くと「視覚障碍者用のイヤホン」など、自分では考えつかなかってであろう面白いアイデアばかりで、感嘆しました。将来、自分がビジネスを起こす際の参考になりました。SIRは非常に有意義な大会で、学ぶことも多く、ためになりました。


>>>顧問としても大西には参加してほしかったのです。素案からほぼ一人で組み立ててくれました。勉強も頑張っていますし、河合塾の模擬試験は有料で申し込んでいることもあるので本人の「模試を受験したい」という意思決定を尊重しました。参加してくれれば感想に書いてある以上の学びを体験できたでしょう。ですが、今回のように自分の判断できちんとした意思決定をすることは正解はないのですが、重要なことですし、大切なことです。どういう理由でどんな意思を決定するのか、自分の将来を少しずつ左右させていくからです。後戻りは出来ません。そんな意思決定の重要さも為替株式学習部で学ぶべきことだと思います。



高2D 伊藤夏輝

感想待ち



さて、皆様にお知らせです。高体連研究部から下記のようなフォーラムが開催されることになりました。
興味がある生徒はぜひ参加してほしいと思います。高3教員室堀越まで2月13日までに申し出て下さい。
既にやる気のある生徒会から5名の参加者が出ています。興味あればぜひ!!


クーベルタン-嘉納ユースフォーラム2017 実施要項(案)
【目 的】
1.2020年へ向けて高体連加盟校の生徒・教員が、1)オリンピック・ムーブメントやオリンピズムを理解し、2)学校や競技種目を越えて人的交流をはかる。
2.2020年以降も高校生対象の国内ユースフォーラムを続けていくための組織づくりに貢献する。

【主 催】 東京都高等学校体育連盟研究部(東京都高体連研究部)
特定非営利活動法人サロン2002(NPO法人サロン2002)

【協 力】 筑波大学オリンピック教育プラットフォーム(CORE)

【期 日】 2018年3月11日(日)

【会 場】 桐陰会館
〒112-0012 東京都文京区大塚1-9-1 筑波大学附属中学・高校 敷地内


【主なプログラムとスケジュール概要】
◆3月11日(日)
9:00〜10:30 講義 クーベルタンと嘉納治五郎(仮題)
10:30〜12:00 演習 OVEP(Olympic Value Education Programm)を用いたグループワーク
12:00〜13:00 昼食・休憩 ← 昼食は各自で用意してください
13:00〜15:00 実技 「ボッチャ」(予定)
15:00〜15:30 クロージング
15:30 解散

【参加費】無料