部活動

為替株式学習部

新聞・TVのニュースで毎日伝えられる為替や株式の情報。「なぜそんなにうごいちゃうの?なぜ大切なの?」そんな小さな疑問をきっかけに、日本から世界へと視野を広げてみませんか?
活動としては、世界情勢から為替レートを予想したり、株式購入体験を通して社会とのつながりを学んだり、経済にかかわるクイズコンテストに出場しながら、経済知識を深めています。社会人になってからも絶対に役立つ経験がたっぷり堪能できます。主な参加大会に、日本経済新聞社主催「学生円ダービー」(為替相場を予想する大会)、野村証券・日本経済新聞社主催「ストックリーグ」(株式の長期保有と分散投資を学び、そのレポートで審査される大会)、りそな銀行主催「エコノミクス甲子園」(経済知識のクイズ大会)、ジュニアアチーブメント主催「知の甲子園」(会社経営のための意思決定を学ぶ大会)などがあります。また専修大学や麗澤大学などが主催する経営コンテストなどにも積極的に参加して、大学に入学してからの講座を体験するだけでなく、大会では様々な賞も獲得した実績があります。昨年度からヤマト運輸主催の「高校生経営セミナー」に参加して、インターンシップ体験をしています。
主な実績:学生円ダービー 優勝(2007年)、ユニーク賞(2001年)、ストックリーグ 敢闘賞(2006年)、麗澤大学企業経営チャレンジ 優秀賞(2011年、2012年)、ヤマト運輸高校生経営セミナー東日本予選突破(2014年)

部活動・委員会一覧
2017-12-05

SIR一次審査通過

今年で2回目の参加になるSocial Innovation Relay(SIR)ですが、前回紹介した私たちのアイディアがとりあえず1次審査を通過して20チームに残ることができました。これからはNN生命のメンターさんのアドバイスを受けながらアイディアをBRUSH UPして12月22日までに「コンセプトペーパー」提出することになります。
どれだけ深く掘り下げられるか挑戦しましょう!

主催者のジュニアアチーブメントからのメールは次のとおりです。


Social Innovation Relay は、課題そのものすら独自に探してきて、かつ、解決するビジネスも提案しなければならないという難しさがあります。個性あるアイデアがある中、 社会的な課題を解決するという視点を持っているか、ビジネスとして成立する可能性があるかといった観点で審査して まいりましたが、ビジネスプランとしては興味深くとも、個人的な問題解決に留まり、 広く社会問題への視点にまでは及ばない内容、 すでに実行されておりオリジナリティに欠けるものなどもありました。広く社会的な問題であるかどうかについて、 今回のチャレンジをきっかけにして今後も広い視野を持って社会への関心に敏感にあって欲しいと思います。

次のコンセプトペーパー作成の作業では、E- mentor となる社員さんのアドバイスを得られることから、 内容をより高められることが期待されますので、その期待を込めて、20チームを残しました。

・team 淞南
・タカオ「良い世来いよ!」
・京野菜班C
・Kaleidoscopes
・AmaFessional
・Destiny
・JKT
・focus
・オフザバック
・優勝したい
・広島学院オールブラックス
・SSJ
・WASEDA GAKUIN
・わしはもこた
・フェニックス
・SUNLIGHT (これがにちがく為替株式学習部のチーム名です!)
・OIRAs
・Earther
・ふれんず
・Fourth

最後に昨年参加して実際に提出されたアイディアのうち、海外の作品を紹介します。
また主催者側から届いたアドレスも添付いたします。

このプログラムを体験した生徒の声を紹介しています。
→ Student https://youtu.be/ApVWDAXfMTY