部活動

モノポリー同好会

モノポリー同好会は 2016年度に新しく発足(ほっそく)した同好会です。
モノポリーは1930年代にアメリカで誕生した不動産取引のボードゲームです。
ボードゲームですが、毎年日本選手権が開催され、5〜6年に1度世界選手権も開催されている世界的に人気のあるものです。世界選手権では日本人も2人優勝しています。
モノポリーでは同じカラーの土地をそろえるために必ず他の人と交渉をしなくてはいけません。そのため、自然とコミュニケーションの力も上達します。そのほかに場の状況を読む力や計算力、判断力など様々な力が身につきます。ぜひ一緒にテーブルを囲みましょう!

部活動・委員会一覧
2017-04-03

ボードゲーム交流会

3月30日に中央大学杉並高校を訪問しました。

中央大学杉並高校には「思考ゲーム研究会」があり、本校のモノポリー同好会の記事をご覧になった顧問の先生が声をかけてくださいました。

今回、本校の生徒はモノポリー以外のゲームを体験し、中央大学杉並高校の生徒さんには実際にモノポリーを体験してもらいました。

モノポリーは最初はなかなか交渉も進みませんでしたが慣れてくるにつれて徐々に権利書のやりとりも進み、家を建てるところまでいきました。顧問はバンカーを務めましたがついつい熱が入ってしまい、面白そうなゲームがあったにも関わらず結局体験せず・・・(TICKET to RIDEなど実際にやってみたかったものもありました)

一方、本校の生徒は「ガイスター」「Love Letter」など他のゲームを体験しました。こちらは中学生だけで上手く話せるかな?と思いましたが特に問題なくコミュニケーションを取れていたようです。普段は触れないゲームをやってみたというのもあってか、新鮮に感じた生徒も多かったようでした。

今後もこういう機会があればお邪魔して交流を深めていくことができればと思います。