部活動

モノポリー同好会

モノポリー同好会は 2016年度に新しく発足(ほっそく)した同好会です。
モノポリーは1930年代にアメリカで誕生した不動産取引のボードゲームです。
ボードゲームですが、毎年日本選手権が開催され、5〜6年に1度世界選手権も開催されている世界的に人気のあるものです。世界選手権では日本人も2人優勝しています。
モノポリーでは同じカラーの土地をそろえるために必ず他の人と交渉をしなくてはいけません。そのため、自然とコミュニケーションの力も上達します。そのほかに場の状況を読む力や計算力、判断力など様々な力が身につきます。ぜひ一緒にテーブルを囲みましょう!

部活動・委員会一覧
2017-05-10

第23回会長杯

5月4日に第23回会長杯が開催され、生徒7人と顧問で参加しました。

会長杯の「会長」とはコピーライターの糸井重里さんのことで(現在でも会長です)、糸井さんのこれまでのモノポリーに対する貢献をたたえて創設された大会です。また、この大会は初めて参加する人や経験が浅い人を優遇するシステムがあるため、初めて参加する人でも優勝するチャンスがあります。


初めて参加した生徒の中には世界選手権で優勝した方(岡田さん・2002年世界選手権で優勝)と対戦するという贅沢なひと時を過ごしたのもいました。(すごさが分かったかどうかは・・・?)


3ゲーム行い、様々な方との対戦で普段のゲームとはまた違った経験を積めたでしょう。部内なら通る交渉も大会では通らない、あるいはその逆といったケースもあったのではないかと思います。


結果は以下の通りです

M君(高1)×◎△
K君(高1)×△×
O君(高1)◎××
J君(高1)−××
D.A君(中2)×××
T.A君(中2)×××
N君(中2)×××

※◎→モノポリー勝ち △→生き残り(2位以下)
×→破産 −→不参加


高校生の方が一日の長があると見えます。中学生はこの大会がデビュー戦になった生徒もいましたが苦い結果となりました。こういった経験を今後のランキング戦に生かしてほしいと思います。

ちなみに顧問の成績は×△◎でした。