職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-12-15

12/11(月)沖縄修学旅行事前学習として、フリージャーナリスト烏賀陽弘道さんによる講演を行いました。


12/11(月)に、フリージャーナリストの烏賀陽弘道(うがやひろみち)氏をお迎えして、高校2年生を相手に、沖縄修学旅行の事前講演をしていただきました。
烏賀陽氏は、京都出身、京都大学を卒業後、朝日新聞社に勤務、報道記者として勤めながら、コロンビア大学に自費留学、軍事・安全保障論で修士号を取得、その後朝日新聞を退社、フリーの報道記者・写真家として活躍されている方で、いくつもの著作があります。
近著としては、『「Jポップ」は死んだ』『フェイクニュースの見分け方』があり、自分は2冊とも拝読しましたが、それぞれ、現場を大切にし、「事実」とは何であるかについて冷徹に考える、気骨あるジャーリストでしか書けないような内容になっています。また、福島第一原発事故を緻密に取材した『福島第一原発メルトダウンまでの50年』は、あの原発事故を取材・レポートした著作物の中では出色のものだと思います。興味をもった方はぜひ一読をおすすめします。
沖縄戦と基地問題をめぐるお話をしていただくのみならず、生徒たちに本当のジャーナリストや知識人とはどういう人物なのかということも感じてもらいたく、烏賀陽さんに講演を依頼することにいたしました。そして、快くお引き受けいただきました。

さて、講演の内容ですが、沖縄戦の内実から、その間米軍基地化される過程と、基地がなぜ70年も経つのにそのままあり続けているのかについて、ジャーナリストである烏賀陽さんならではの切り口で、学校の授業やマスメディアでは絶対に聴けない話が満載の、大変「値打ち」のある講義でした。映像やデータを駆使して分かりやすく、途中壇上によじ登り、スクリーンににじり寄って説明する烏賀陽さんの熱意に、生徒も熱心に聴き入っていました。

以下に、今回の講演の生徒の感想をいくつか載せます。

今回この講演を聴いてニュースで報道されている事よりもさらに深いところまで聞くことで知らなかったことや時代背景を知ることができたので、とても有意義なものでした。
歴史に残るほど酷かったと言われている沖縄の戦争の実態を知って、自分の中に恐怖や驚きがあった。さらに民間人をまるで物のように扱って戦争に利用していたことを知ったので、戦争の残酷さなどを知ることができたと思う。
そして、占拠した地域に勝手に基地などの軍事施設を作り上げ、それは今なお人々を苦しめているということは改めて問題と感じた。沖縄という土地たけでなく、日本という地域がいわば”ハブ”的な役割をしていることも知り、アメリカが基地を手放さない理由も知った。そしてどのようにして基地や経済が成り立っているのかや、基地の土地で生計を立てている人がいるこという、基地があることによって助けられている人々がいるということも改めて知ることができたと思う。(N)

私は沖縄の基地問題についての講演を聴いて、この講演を聴く前は沖縄の基地問題はオスプレイや米兵による沖縄県民が被害にあうような犯罪、行動ぐらいだろうと思っていましたが、講演を聞いて、自分の予想もしなかったことが話に出てきて驚きました。特にアメリカの米軍基地が日本国内にある割合のグラフで沖縄の約3/4を占めていて、また沖縄本島の10%を占めていると聞いて、アメリカの米軍基地の大きさを甘く見ていました。私は沖縄の数多くの問題を軽視していたので、これから沖縄の米軍基地が絡んだ問題を深く考えるようにしようと思いました。(O)

当時の日本の背景を知ってより沖縄に関心が出た。また戦争の被害だけでなく、第二次世界大戦における政府の立場も語られて、民間人の立場のみでしか語られなかった戦争がよりわかりやすく、客観的な目線で沖縄戦を見られるようになれたと思います。
本当の意味の沖縄戦を知り、伝えていきたいと思いました。(T)

今回の修学旅行に向けて、学年では以下の事前学習を進めてきました。
1.NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」を観て、意見感想を書く。
2.沖縄基地をめぐる最近の事件・事故に関する新聞記事を読んで、意見感想を書く。
3.沖縄の自然や、政治経済、方言、地理・信仰、食文化について、各クラスの旅行委員がまとめ、学年の生徒に対してプレゼンテーションを行う。
4.今回の烏賀陽氏による事前講演

沖縄修学旅行に際し、ここまで徹底した事前学習ができたことは、日本中のどこの学校にもないと自負しております。

さて、12/18、来週の月曜からいよいよ現地へ向かいます。生徒諸君は事前学習を活かして、現地でしか感じられないことを感じ、さらに沖縄について深く考えられると思います。

なお、修学旅行の様子は、このHPの「にちがく行事ブログ」にアップしていきますので、ぜひとも御覧いただけたらと思います。

2017-12-11

日本学園柔道部創部120周年記念式典ならびに万田清文先生ご勇退記念式典(11/26)を終えて

お陰様をもちまして、日本学園柔道部は120周年を迎えることができました。

また、万田先生のご勇退記念の式典も開催することができました。万田先生の日本学園へのご奉職にも敬意を表したいと思います。さらに、この式典を開催するにあたり、皆様のご尽力にこの場をお借りし、感謝申し上げます。ありがとうございました。

創部から120年、110周年式典から10年間、万田先生の41年間に対する多くの方々の気持ちのこもった式典でした。閉会後にもOBの方から熱いお言葉をいただき、とても感慨深いものがありました。お陰様をもちまして、日本学園柔道部は120周年を迎え、新たに121年目に突入いたします。今まで諸先輩方が築きあげてこられた伝統に新しい歴史を積み上げて行きたいと存じます。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
そして、万田先生41年間ありがとうございました。

今後、万田先生には、日本学園柔道部師範兼総監督として我々のご指導をしていただきます。
今後とも柔道部をよろしくお願いいたします。

柔道部部長 手塚 貢夫

2017-12-09

中学に続き、高校でも現高校2年生から学期ごとに読書テストを行っています。1学年全員、コースに関係なく同じ1冊の本を読み、その内容についてのテストを受けます。

単行本をひとりで読み込んでいく経験をもっている生徒は、そう多くはいません。まさに読書初心者として1冊の本と向き合っている生徒もいます。そういう生徒たちでも抵抗なく読書に親しめるような作品を探します。

高校1年生の2学期は、若手の国語教員F先生が熟慮に熟慮を重ね、さらにクラスの担任M先生のアドバイスも頂き、リリー・フランキーの『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』に決めました。早速書店に注文し、国語担当の教員が配布します。するとその場ですぐに読み始める生徒、しばらく手に取り表紙や本の感触を味わっている生徒など、手渡す方もこの一冊が生徒達にどう受け止められるか、興味津々の瞬間です。この本はやや長編ですし、期末試験も迫っていることから、担当の先生方と相談して冬休みを挟んで3学期早々にテストをすることにしました。

配布して2日後、「読み終わりました。感動して泣きました」と、やや目を腫らしてスポーツコースのA君が言ってきたのには驚きました。何しろ彼の所属している部は、練習時間が長いことでよく知られています。練習が終わって帰宅後、睡眠時間を削って読み終えたのでしょうか。そんな彼に、「冬休みに読む本があるといいよね?」と、山田詠美著『ぼくは勉強ができない』を貸しました。この本は、平成11年のセンター試験の国語?・?で出題され話題を呼びました。20年以上も前に出版されたものですが、読むといつでも主人公の高校生時田秀美君の気持ちに戻れます。

そして、A君はこの本も翌日には読み終えました。「先生、もっと本を紹介してください。」と、その読書欲のすごさに私も少々うろたえながら「期末試験が終わったら、また本を貸してあげるよ」と期末試験の最終日を満を持して待っているところです。

2017-12-07

毎朝やってる朝テスト。最近、我がクラス全体の得点率が上がってきました。
みんな、よく頑張っていると思います。
朝登校して、その日のテスト範囲の英単語や漢字を20〜30個覚えるだけですが、塵も積もれば山となるのです。
また、短期記憶の能力を鍛えることは、ワーキングメモリを上げ、さらに長期記憶の能力向上にもつながると思います。短期記憶でもいい。これからも毎朝、しっかり取り組んでください。これは、頭の基礎練なのです。

現在、期末試験期間中です。放課後、クラスの生徒の勉強につき合っています。
数学などは、彼らにとって難しい教科の一つです。様子を見ていると、中学時代の基本的な計算でつまずいている生徒は、高校でも苦労しているようです。そういう諸君は、中学時代の復習に戻る勇気を持ってください。

因数分解があやふやだと、二次方程式や二次不等式は難しく感じるでしょう。
「基本」ができていないと「応用」が難しいのは、勉強もスポーツも同じです。
上手くいかないときは、基本に立ちもどりましょう。

2017-12-06

吹奏楽部の冬は11月23日勤労感謝の日の『ちょっぴり気の早いクリスマスコンサート』から始まります。実は10年以上前に、当時サッカー部員さんのお母様から、『私の勤めている施設へ慰問に来ていただけませんか』と声をかけていただき、現在の慰問活動がスタートしました。

以来10年以上にわたり、欠かさずそちらへは伺って演奏をさせていただいています。お電話を差し上げると、『もうそんな季節ですね』や『お待ちしておりました』と言っていただき、長年続けてきたこの活動もこの季節の風物詩になったと感じています。

さて、クリスマスの1ヵ月以上前から本番が入る売れっ子ぶりですが、我々吹奏楽部にも実はねらいがあります。それはクリスマス本番に学校で行いますクリスマスミニコンサートに向けて、レパートリーを広げているわけです。お子さん方に喜んでいただくためには戦隊ものやキャラクターの曲など、大人の方へはクリスマスソングや懐かしい曲など20曲以上のレパートリーを45分の間(慰問演奏は基本60分で楽器の紹介などソロ曲を含みます)にできるだけたくさん聞いていただくために工夫していきます。

またご近所の高齢者施設、幼稚園さん、保育園さんからもたくさんかわいいお客様を迎えて、日本学園3号館会議室がいっぱいになる。。。というわけです。

今後の演奏予定は
12/ 8(金) 厚木市睦合ホーム2ステージ
12/ 9(土) 美郷ホーム(町田市)、ケアプラザ多摩(多摩市)
12/11(月) デイホーム赤堤(世田谷区)、松原北保育園(世田谷区)
12/13(水) デイホーム上北沢(世田谷区)、上北沢保育園(世田谷区)
12/14(木) ニチイケアセンター豪徳寺(世田谷区)、烏山北保育園(世田谷区)
12/15(金) みどり幼稚園(年少さん/年中さん)、(年長さんと保護者様)(世田谷区)
12/22(金) デイホーム松原(世田谷区)

そして
12/25(月) 13時より(45分程度)
日本学園3号館1階会議室にて、クリスマスミニコンサート
お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。

2017-12-01

This year has been very productive. The students have studied very hard and have applied themselves in the classroom. I joined many classes this year and my impression is that the students enjoyed my English classes. I especially enjoyed teaching the senior high A and B classes. They are very hard working students and I feel that their English level has increased greatly this year. They were able to understand very difficult sections in their textbook and they really appreciated having a native speaker in the classroom. I recently started using picture cards in the senior A and B classes when teaching the students new words and it really helped them imagine the new words and retain their meaning instead of just reading them in the textbook.

The junior high students have also improved greatly with some students passing the grade 2 Eiken examination and interview. I was very impressed to see junior high students pass the grade 2 exam. I came up with some new ideas and games to challenge the students to generate English sentences while looking at picture cards. I think that visuals are very important and they seem to be effective with the students. I want to use these visual stimulants more in my future classes and I think the students will improve much faster.

I wish the students all the best for their end of year examinations.

2017-11-29

11月も終わりに近づき、いよいよ12月となります。一年生は入学してから、8ヶ月が経とうとしています。生徒の様子を見ていると、入学当初に比べて成長したなーと感じることがしばしばあります。まだまだ成長してほしいので、こちらも全力で向き合っていこうと思っています。

さて、高校1年は来年度の文理選択を来月上旬までに決めることとなっています。自分が将来何をしたいのか。どのような人間になりたいのか。それらをしっかり考えて決めなくてはならない、いわば「人生の岐路」です。

私は国語科の教員ですが、もともとはねっからの理系肌でした。なので、中学時代の友人に国語の教員をしているというとかなり驚かれます。将来は何かの研究でもしていたいと思っていましたし。そのくらい文系とは縁遠かったのです。ではなぜ目指したのか? 理由は二つあります。一つ目は、中学1年次の担任の先生が国語の先生だったということ。女性の先生でしたが、生徒に好かれ、パワフルで、みんながその先生について行く、そんな先生でした。でもまだそのときは、「こんな大人になりたい」というくらいでした。二つ目は高校の古典の授業です。そのときの先生は講師の先生でしたが、古典文学がものすごく好きで、授業中に目がキラキラしながら授業をされていました。単純に教科書を追うのではなく、さまざまな資料を用い、文学の本質を追うような授業でした。そのときに、「あ、文学は奥が深い」と強く感じ、大学でも学びたいと思うようになりました。そして大学でしっかり学び、今に至るというわけです。

このように、「自分はこっちだ」と思っていても、案外、別の道が自分にふさわしい道かもしれません。文理選択をする上で、きっかけとなるような小さな出来事がいっぱいあると思います。将来と真剣に向き合うことも大人になる大きな一歩です。よくよく考えて、自分の選択した道へと一歩踏み出してほしいと思います。

2017-11-27

本校では、生活指導部の先生方を中心に定期的に校門指導を行っています。11月から冬服に完全衣替えということもあり、服装の乱れがないかどうかをチェックしたりしていますが、メインは挨拶です。

挨拶の「挨」という言葉には心を開くという意味、「拶」という言葉にはその心に近づくという意味があるそうです。要するに、挨拶とは、自分の心を開くことで相手の心を開かせ相手の心に近づいていく積極的な行為である、と書かれておりました。

単純に爽やかな挨拶をしたりされたりすることで、皆が気持ちよくなるというのが、ずっと指導を続けていての実感です。これを共有してもらいたいとも思っています。

爽やかな挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいないと思いますし、挨拶が飛び交っている学校は活気があってとても良い学校だと思います。来校された方々からは、生徒の挨拶が非常に良いですね。という声もよく聞かれ、とても嬉しい気持ちにとなる事が多々あります。

みんなが挨拶というものを今以上に意識して、学校全体が活気のある爽やかな居場所になるように、これからも私自身が積極的に挨拶をしていきたいと思っております。

2017-11-25

「日々の泡」 フランスのボリス・ヴィアンの小説タイトルでもありますが、今回は私の学級通信の右隅にあるコーナーのお話。
サブタイトルで「担任が思いつくままに、ぶつぶつつぶやく日記」としています。

その名の通り毎回思いつくままに、トピックもさまざま。生徒たちへ向けて、はもちろんですが、ときに保護者のみなさんへ向けて書くこともあります。

毎回通信を配布すると、あれだけ騒がしい・・・もとい、大変元気な生徒たちも静まりかえって読んでいます。そして毎回載せている朝テストのクラスランキングに自分の名前が入っているかをチェック。その他は特に感想を述べるでもないわけですが、先月通信をクラスに配布したところ、「あれ?ぶつぶつがない!!」と数名の生徒。意味が分からず聞いてみると、「泡ですよ、泡!」 と言うのです。その日は文化祭明けの特大号だったため写真をたくさん載せる都合上、「ぶつぶつ」の「泡」、つまり「日々の泡」は休載していたのでした。なんだ、ちゃんと読んでタイトルまで覚えてくれているのだな、と嬉しくなりました。また、保護者の方から「すべてファイリングしてとってあります」「愛読者です!」などというコメントを生徒づてにいただくこともあり、そういった声が励みになっています。

先日のこと。とある保護者の方から「先生! 初めて手渡しで学級通信をもらいました!」とのご報告。その生徒は今回朝テストのランキングで始めてクラス10位に入ったのです。彼は教室で通信を見ている時はノーコメントでしたが、夕飯の時お母さんへ「10位入ってるから」とだけ言って渡したそうです。想像するとほほえましいですね。高校生にもなると、なかなか学校やクラスでのことを話さなくなるものだと思います。でも、こうした通信が会話のきっかけになることもあるのだと感じる最近です。より多くの生徒たちとご家庭の橋渡しとなればいいなと思っています。

2017-11-22

前のリレートークにもありましたが、先週の土曜日(11/18)、4人の講師をお招きして「あつき恵み教室」が開かれました。

2部構成のため生徒たちは全員のお話しを聞くことはできず、2人の方を選んで聞くことになりました。

生徒たちが普段接する大人は、自分の保護者や教員などに限られるでしょうから、それ以外の大人のひと人たちの話しを聞くこと自体が珍しく、刺激になったことだと思います。

4人の方のうち3人までが、本校の生徒の保護者であることから、あたかも自分の子どもを教えさとすように話される方もいらっしゃって、生徒たちも緊張感のなかにも親しみをもちながら聞いていたようです。

講師の方たちは、ご自身の仕事との出会いややりがいなどのほか、中学高校時代のお話しや生徒たちが学生時代にやっておいた方がいいことなどを親切に教えてくださいました。

3人から5人の小さなグループですから、講師の方によっては一人ひとりの生徒の名前を語りかけながら、その生徒にあわせて今後のための個別、具体的なアドバイスをくださる方もいてとてもためになったようです。

今週から中学2年生はまとめのレポートの作成をはじめています。せっかくの貴重な体験ですから、しっかりしたレポートをまとめて来年の「15年後の自分」発表に生かしていってもらいたいと思っています。