職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-02-17

吹奏楽部では、一年中さまざまなところで演奏をしています。

春は入学式・卒業式などの行事での演奏、夏には慰問演奏、秋は文化祭、冬はクリスマスコンサート、そして3月に集大成として定期演奏会と、演奏機会がとても多くあります。

このように、イベント盛りだくさんの中、1月上旬に行われる「アンサンブルコンテスト」に参加してきました。

出場団体は打楽器と金管の2団体。6年振りの出場となったため、「アンサンブルコンテストとはなにか?」から始まり、夏前から出場の検討をし、9月には出場を決意していきました。生徒たちでスケジュールを考え、年末年始もほぼ休みなく練習に励んでいました。

部員たちはいつもは慰問演奏などで演奏し慣れていますが、プロの演奏家から評価をしてもらうのは始めての経験のため、本番は大変緊張していたようでした。

結果は、2団体とも銀賞受賞。金賞には一歩届きませんでしたが、今後の成長に期待したいと思います。

結果だけではなく、部活内の活性化にも繋がりました。いつもは同じパートでの練習でしたが、金管アンサンブルは違う楽器の人たちと、しかも指揮者がいないため自分たちでいろいろと考えなければなりませんでした。

「ここはどうやって演奏しようか」「あそこはもっとメリハリを持って演奏しよう」など、生徒たちでしっかり話し合いながら5分間の演奏を極めていきました。

少人数でアンサンブルをすることで、演奏だけではなく部活の仲間として成長できたのではないかと思います。さらにこの輪が広がり、部活動全体がグッと引きあがるといいですね。

2017-02-13

2月に入り、中学入試や高校入試が本校でも実施されています。この時期になると、15年以上前にはなりますが、自分の中学受験を思い出します。私は中学受験で4校の受験をしました。そしてその4校は、すべて男子校でした。そこで、今回のリレートークでは「男子校の魅力の1つ」について、私なりの考えをつらつらと綴っていこうと思います。

男子校という選択肢。なかなか受け入れられない人もいるようです。しかし、思春期を男子のみの空間に捧げるのも良いものです。いや、思春期だからこそ良いとさえ感じます。その理由は「素」をさらけ出せるからです。さまざまな感情が渦巻くこの特殊な時期に、同性のみの空間だからこそ「素」をさらけ出して生活できるのではないでしょうか。そして、ここで作られた「素」でコミュニケーションをとる友人関係というものは、今後の人生にも役立ちます。もちろん集団生活の中で円滑なコミュニケーションをはかるためには、「世間体」「恥」「建前」などが必要なのは理解しています。しかし、これらだけでは精神的に疲れてしまいますよね。そんなとき、この男子校で出会った友人とご飯に行くと、今でも「素」でいられます。なんせ6年間「素」で過ごしてきた仲間たちですから。時に「恥」を忘れてバカなこと、くだらないこともやりました。時に「建前」もなく本音でぶつかり合いました。そんな時間の経過とともに作られた強固な絆。これは異性のいる共学校ではなかなか作られないレベルの強固な絆であり、これこそが男子校の魅力なのかなと私は考えています。

他にもたくさん「男子校の魅力」はあります。しかし、思いつくことを全て書いてしまうと、それぞれの発見がなくなってしまいます。今、在校生はこれ以外の魅力を各自で発見していることでしょう。卒業してからわかる魅力もあるかもしれません。男子校には男子校ならではの魅力が溢れています。在校生も卒業生も是非、男子校の魅力について考えてみてください。受験生や保護者の方も是非、男子校の魅力を感じにいらしてみてください。

2017-02-11

高校1年生も入学してすでに1年近く経ちます。

入学当初4月に私が生徒全員に話したのは「中学までの自分にこだわることなく、高校生として新たに成長していこう」ということです。中学まではなかなか成績が取れなかった、勉強も途中であきらめていた、そういう自分をともかく忘れる。なかには第一希望の高校に落ちるという形で日本学園に来たという生徒もいます。そういう過去のことはすべて忘れて、初心に返って努力をしようということを、強く言いました。

1学期より高校1年ではある教材を用いて、英語の基礎から学習する「モジュール講習」を実施しています。ドリル形式で自分の進度に合わせて学習していきます。基礎基本からつまずいている者にとってはもう一度最初からやり直せるものです。
夏休みには、これとは別で特別に一週間、英語をもう一度基礎からやり直したい生徒を集めて勉強会を実施しました。参加した生徒はほとんどが最後までやり遂げて修了証をもらいました。
そして、10月に行われた英検において、その受講者のうち数名が合格しました。そのうち1名は中学での英語の成績は平均より下だった生徒です。夏の暑いなか登校して英語の勉強に励んだ努力が身を結びました。合格者はとてもうれしそうでした。

1年前の春の大学入試で、東洋大学や工学院大学の理工学部に合格した生徒がいます。本人には申し訳ないですが、日本学園に入学する前の中学時代の成績は振るいませんでした。残念ながら推薦基準に満たず、一般入試で本校に入学してきたのですが、彼は入学後、「自分を変える」「中学の先生をびっくりさせる!」と宣言し、努力をし続けました。担任も3年間、彼を叱咤激励しました。理科が苦手だった彼はいつしか理系に進み、上記の大学を含め多数の大学に合格しました。
彼は勉強ばかりをしていたわけでは全くありません。生徒会活動も積極的に励み、文化祭などの行事にも積極的に参加、周囲を楽しませるユーモアも兼ね備えた生徒でした。学園生活を誰よりも存分に楽しんでいました。
私は学年主任として3年間、入学から大学合格までつきあいましたが、他にも入学前からすると考えられないような結果を出した生徒がたくさんいます。

どういうわけか、総じて男の子はマイペースなところがあり、勉強にもなかなか全力で取り組めない子も少なくないです。しかし、あえて言えば、全力で取り組んだことがないことが逆にチャンス、とも言えます。日本学園では全力で自分を発揮するきっかけがたくさんあります。

男の子はいまだ磨かれていない「ダイヤモンドの原石」です。男の子はスイッチが入ると頑張ります。そうすると驚くような努力をして、目覚ましい結果を出すことがあります。それも男子校、日本学園の真骨頂です。

いま、高校1年の「原石」たちがその片鱗を見せ始めています。今後、彼らがどのような輝きを見せてくれるのか、学年主任として本当に楽しみに思っています。

2017-02-08

センター試験が終わって3週間、1月の末から始まった一般入試の合否発表に一喜一憂し、担任は、私立大学の前期日程受験の結果次第では次なる手を考え指示しなければならない慌ただしい日々です。近年目まぐるしく変わる大学入試に伴い、去年はこうだった、ああだったと言っても当てにはならず、良きにつけ悪しきにつけ、今年は今年なりの受験をたたかっているところです。

生徒たちは、初めての大学受験に緊張しています。この先の世界が、自分の将来の幸せにつながっていると信じ、勇気を振り絞って試練に立ち向かっています。登校して自主勉強している生徒は、合否発表をインターネットで見るために受験票を手に職員室を訪れます。合格の報には生徒共々歓声を上げて喜び合えばいいのですが、難しいのはそうでなかった場合。見るからに意気消沈しているにもかかわらず、こちらの声掛けに気をつかって気丈に受け答えしている姿は、健気でもあり本当に心を打たれます。生徒達にしてみれば、自分を立て直し、自分を信じて次の目標に向かっていくのに精一杯であるはずなのです。

高校3年生を連続して3回も担当すると、1月から3月にかけてのこうした落ち着かない雰囲気に馴れても良いのですが、なかなか馴れることはできません。どんな落とし穴があっても、こちらはドンと構えていられるような心構えを持って迎えられるようになりたいと願う毎日です。

2017-02-07

本校の正面玄関の前に130周年を記念して植樹された二色の梅の木が、花を咲かせました。毎朝、出勤するたびに気になっていたのですが、もしかしたら数日見過ごしたでしょうか、本日見ると紅千鳥(赤)、青軸(一重白)の二本とも、いくつもいくつも小さなかわいらしい花を。澄んだ二月の空気、高く青い空、たくさんの木々に囲まれた重厚な校舎。今日は中学入試最終日ですが、日本学園の静かな佇まいは、受験生の皆さんの心をきっと落ち着かせてくれると思います。

日々の学習はもちろん、先日の小飯塚先生のリレートークにもありますようにHRの時間を利用したALTによる英語の取り組み、林業や漁業体験をはじめとするたくさんの独自の『創発学』プログラム、そして卒業時には『研究論文の制作・発表』で三年間の集大成。三年間はもちろん、高校生活、その後の人生も折にふれて見守っていけるのが、伝統校ならではの在り方と感じます。

個人的には、新年を迎えて頂く年賀状の中に、卒業生の保護者の方とのやりとりが年々少しずつふえていくのも、教師冥利・・・、幸せを実感しています(はじめは生徒とのやりとりですが、何年かたつと男の子はだんだん筆無精に・・・、代わりにお母様から頂くようになり、四年前に卒業した一貫生Sくんのお母様とは近年、互いの宛先を極限まで小さく書き、葉書いっぱいにお手紙・・・という年賀状の交換を。夫にのぞかれ「それはもはや年賀状の域を超えてるだろう・・・」)。最後は「日本学園での日々が懐かしいです。またなにかご縁がありますように。」と、いつもながらのあたたかいお言葉があり、また一年、目の前の生徒と保護者の方に最善を尽くそうと心の励みになります。

これから6年間、色々なことがあります。困難にぶつかるとき、悩んで迷ってつまずきかけるとき、乗り越えなければならない壁もきっと。決していいときばかりではない、そんな6年間を生徒だけでなく、保護者の方々にとっても安心して頂けるよう、大切なお子様をあずけてよかったと、ご卒業後も心から思って頂けるよう、一緒に歩んでいきたいと思っています。

2017-02-03

中学2年生の担任の小飯塚です。

現在、本校では中学入試が行われています。数日行われる入試で、生徒たちは学校が休みになり、家にずっといるのも退屈なようです。2日ぶりの通常授業の今日は1日中話が尽きない様子でした。授業中も。(・・・メリハリ大事)いや。それはありえません。

今年の2年生では、朝学習の「英語」で、発音からスペルをつなげていく取り組みを、1年間行ってきました。今こうして、私がこの記事を書いているときも、授業終了のホームルームでALTのジェイミー先生が、クラスを2チームに分けて、単語の意味のクイズや、スペルなどをクイズ形式にして生徒たちを盛り上げています。
私のクラスのこのクイズでは、英語が得意な子が積極的に手を上げるばかりでなく、普段の英語の時間には手があがらない子もかなり積極的に参加し、反射的に答えています。何より生徒たちは楽しそうに学んでいます。
日常のホームルームでの取り組みですし、これらはいわゆる英語の授業といった感じではありませんが、この1年でリスニングの反応がよくなったと思うのと、英語の取り組み姿勢が皆前向きになりました。

英語に興味を持つことができ「ちょっと僕ってイケてるかも?」なんていう自分への期待? 自分への「気づき」が、生徒の表情や態度に感じられるとき、日々の活動が救われた気持ちになるのは私だけでしょうか…。

これが本当に今までの労が、静かに吹っ飛ぶ瞬間でもあります。この気づきが、彼らのすべてのモチベーションを高める小さくとも将来大きくなるであろう「爆発」になります。来年の今頃に行う研究論文発表は、そんな気づきを沢山生み出すきっかけになります。
自分は何が好きか、何に興味があるのか、深く調べれば調べるほどその本質が見えてきます。調べきってもしかしたら自分には合わないという気づきもあるかも知れません。でも、これは合わないものに気づけた前向きな発見で将来必ず役に立つ思考になります。

日本学園中学校では、基礎学習はもちろん本校オリジナルの「創発学」という学習の中で「様々な職業体験を通してその仕組みを知り社会との関わりを知る」というプログラムがあります。自分とは何かを考え、自分には何ができるか、 何がしたいか、を気づかせる時間です。

中学受験も、残すところ2月5日(日曜日)と7日(火曜日)。当日申し込み可能です。
是非日本学園中学校で一緒に学んでみませんか?

2017-01-31

今年の正月、自宅の玄関に綺麗な花がたくさん飾ってありました。大きな花瓶でしたから、そのままの状態で何日か置かれたままでした。よく見ると、数本のトルコキキョウだけが、元気なく花を下に向けていたのです。急いで取りだして、茎を短めに切り落として別の花瓶に入れ替えてやりました。すると、一日もたたずに再び元気を取り戻し、白い花弁に紫の縁取りのかわいい花たちが、気持ちよさそうに咲いてみせてくれました。

綺麗な花がたくさんあれば、その中のしおれた数本の花など気を留めず、取り除けばよいだけのことかもしれません。しかし私はその数本が生気を取り戻し、少しでも長く咲く姿を見たいと考えてしまいます。
茎の状態が悪いと、水分がうまく全体に届かなくなるために、しおれてしまうこともあります。それでも「だからダメ」とすぐにあきらめてしまわずに、元気を取り戻すように手入れをしてやりたいのです。

学校は、勉強だけでなく友達と一緒に多くの行事や、クラブ活動などを行う場所です。日本学園では毎日元気に活動している生徒がほとんどですが、何か様子の違う生徒を見かけることもあります。いろいろな事情で悩んでいることもあるでしょう。助けてもらいたいと思っていても、自分からうまく話せないこともあるでしょう。
直接それが解決の糸口にならずとも、気にかけ話しかけると、心の中で問題を解決するきっかけをつかんで不思議に元気を取り戻してくれる場合もあります。
生徒たちが、元気で楽しそうに活動している学校が一番よいと思います。

本校は、生徒一人ひとりがそれぞれの思いを胸いっぱい膨らませて、力を出せる学校です。勉強をするだけではありません。生徒が自信をつけながら、ときに他者に助けられながら、自ら多くのことにチャレンジし、成長しています。さまざまなことを、失敗も経験しながら、大きな成長を遂げています。

校内のイベントではクラス全体で、まとまりながら力を出すこともあります。
クラスの中で何かに悩んでいれば、そっと声をかけてくれる友達や先生がたくさんいます。
知らない間に多くのことを考え、グローバルに変化していく社会の様子を察し、何からはじめればよいを自然に学べる環境がある学校です。
本校で楽しい時間をともにしながら、一緒に学んでいきましょう。
皆さんの未来に、エールを送ります。

2017-01-23

前日の22日に高校の推薦入試がありました。天気にも恵まれ、大きなトラブルもなく実施することができました。

推薦入試では受験生の人と面接を行います。面接の時、受験生が緊張しているのが見た目にもはっきり伝わってきます。動きが硬かったり、肩が上がったままだったり・・・そこでちょっと緊張をほぐしてもらうために「緊張してる?」と何人かには声をかけました。大体は「はい」と言って少し笑ってくれたので少しリラックスできたかな、と思っています。

面接と聞くと「大変だな」と思う人もいるでしょうが(私も受験生のときはそうでした)、尋ねる内容で突飛なものはありません。面接はもともとのしゃべりの上手さといったものをみるのではなく、質問に対して、自分なりの考えで答えているか、といったところを見ます。

面接はコミュニケーションです。面接で緊張するのは当然ですし、「上手く話せなかったらどうしよう」と思うのも当たり前のことです。ただ、緊張しすぎるとせっかく準備してきたことを出せずに終わってしまうかもしれません。それは非常にもったいないですね。面接のときには面接官の先生とコミュニケーションをするつもりで臨んでみましょう。自分でも驚くほど話がスムーズにできるかもしれませんよ?!

さて、こちらは高校入試の話でしたが、本校は中学入試も行っています。
中学ではコミュニケーション能力を身につけるために創発学に代表されるような様々な取り組みを行っています。詳細はぜひホームページや学校案内をご覧ください。現在出願期間中ですが、入試のことをはじめご質問等があれば遠慮なくお問い合わせください。学校見学も随時受け付けております。

そして中学受験生の皆さんも2月の受験を直前にひかえて最後の追い込みに入っていると思います。本番ではそれこそ緊張すると思いますが、今までやってきたことを信じて受験に臨んでくださいね。皆さんの持っている力が十二分に出せるよう、我々もしっかりと準備をしてお待ちしています。

2017-01-20

高校2年生は3学期に夏目漱石の『こころ』を扱います。
静かな空間で本とじっと向きあうのも読書の楽しみですが、作品の舞台に出かけてみるというのもまた一興です。アニメや漫画でいうところの「聖地巡礼」の小説版ですね。

というわけで、今回は上野公園から小石川へ散歩しました。
上野公園は、〈先生〉が「精神的に向上心のないものは、ばかだ」と言って〈K〉を打ちのめした場所。二人はそこから小石川の下宿先まで口を聞かずに帰ります。
そんな二人の心中に思いを馳せながら、その帰路をたどりました。

【上野公園〜東京大学】
上野公園を出た後は、せっかくなので二人の通った東京大学(帝国大学)を抜けていくことに。
キャンパス内には、同じ漱石作品から呼び名がついた「三四郎池」があります。正式な名称は「心字池」で、その名のとおり、心という字をかたどって造られました。
漱石は帝大の出身です。至極当然、心字池の由来は知っていたでしょう。『こころ』を執筆するにあたって、漱石はこの風景に何を見たのでしょうか。
都会の喧噪にあって時間が止まってしまったように静かなこの空間は、思索にふけるにはもってこいです。吹きぬける冷たい風が私の頭を研ぎ澄ませてくれました。(アメ横で抹茶ソフトを食べたの失敗だったかな…)

【東京大学〜後楽園】
東京大学の赤門を出て、本郷三丁目駅の方向へ。
春日通りに出たら、そこからずっと直進です。後楽園へ向かって真砂坂を下っていくことになります。『こころ』には「小石川の谷へ下りたのです」と書かれていますが、まさにその通りですね。
上野公園で〈K〉の恋路を遮り、〈K〉をやり込めた〈先生〉は、ここでようやく「体の温かみを感じだした」そうです。勝利した気分で安堵感を得ている〈先生〉ですが、その場所は谷の下。本人は気づいていないけれど暗い未来が暗示されていたのかもなと思うと、私は深いため息がこぼれるのでした。(ああ、真砂坂上にある美味しいハンバーガー屋へ久しぶりに寄れて本当に幸せ…)

【後楽園〜伝通院】
真砂坂を下った後、今度は冨坂をのぼって伝通院へ向かいます。後楽園のあたりは本当に谷なのだと実感しますよ。
二人の下宿先は伝通院の辺りだと考えられます。漱石自身もこの辺りに下宿していた経験をもちます。そのため、『こころ』のほか『それから』などにも伝通院は出てきますね。
もともと徳川家の菩提寺であった由緒正しきお寺です。本校の創立者である杉浦重剛先生もこちらに永眠しています。
パワースポットの類いは信じていない私ですが、こういう場所を訪れると、自らの来し方、行く末について自然と思いをめぐらせてしまいますね。(うーん、お腹いっぱいだけどやっぱり東京ドームシティでエビ料理を少し食べて帰ろうっと!)


さて、実際に歩いてみたところ、およそ50分(食事の時間含まず!)。なかなかの距離でした。それだけの間、〈先生〉と〈K〉がほとんど口を聞かなかったというのは、やはり事態の深刻さが表われていますね。
この場面の〈K〉の心中は本文に書かれていないので、この日は主に〈K〉の心中を慮りながら歩いてみました。東京の地理も頭に入りますし、良いものですよ。(美味しいものも沢山ありますしね!)
最近は、「Ingress」や「ポケモンGO」などスマホを片手に散歩がブームとなっていますが、本を片手に文学散歩もいかがでしょうか。かしこまらずに軽い気持ちでお出かけください。

2017-01-17

受験生の利便性や書類の正確度を高めるために、WEB出願とさせて頂いています。
本日は、高校推薦入試の正式出願開始日でした。たくさんの出願をしてもらい、ありがとうございました。
試験当日、緊張せずに集中はして、しっかりと自分らしさを出してもらいたいと思います。


○WEB出願の注意(高校受験編)
高校一般・併願の正式出願は、1月25日(水)よりとなります。それまで、出願準備として受験生情報を入力することはできますが、受験料の支払い画面は1月25日以降でないと表示されません。それまで入力したデータの修正・変更は自由にできます。
正式出願可能日より、受験料の支払いが可能になります。お支払い後、受験票・写真票・送付用宛名票などの印刷ができます。(変更できなくなります。充分確認してください)
調査書(全員)、推薦書・併願届(該当者のみ)は、角2サイズの封筒に入れて、送付用宛名票を貼り付け、簡易書留にして郵便局の窓口より郵送してください。
受験票・写真票は切り離さずに、試験当日写真を貼って持参してください。


○WEB出願の注意(中学受験編)
受験準備として受験生情報を入力することはできますが、中学受験の正式出願は1月20日からになります。
受験料の支払い画面もこの日以降でないと表示されません。それまで入力したデータの修正・変更は自由にできます。
正式出願可能日より、受験料の支払いが可能になります。お支払い後は変更ができなくなりますので確認をお願いします)
正式出願後、受験票・写真票の印刷ができるようになります。印刷して頂き、写真票に写真を貼って試験当日、切り離さずにご持参ください。


○日本学園で入力ができます(中・高)
入力環境(スマートフォンから入力できます)がなかったり、印刷ができなかったりする場合に日本学園で入力が可能です。
平日9時から16時の間でしたら予約なしで入力できます。その時間以外でしたらご連絡ください。(土曜日14時まで)
もちろん入力のサポートを致します。


↑ ご持参頂くもの(中・高共通)
メールを受信できるもの(スマートフォン・携帯電話:いわゆるガラケー)
登録用の確認メールを受信するためです。
正式出願期間でしたら、受験料(クレジットカードまたはコンビニ払いできます)
高校受験の場合は、調査書、推薦書等をご持参頂ければ郵送の手間が省けます。

ご不明な点がありましたら、日本学園(磯崎)までご連絡ください。

全ての受験生が自分の実力をしっかりと発揮できることを願っています。