職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2018-02-28

「第67回八支部スピーチコンテスト」工藤美先生(中学副担任・英語・モノポリー)

2月17日(土)、昭和女子大附属昭和中高で行われた第八支部スピーチコンテストに参加しました。

このスピーチコンテストは世田谷区と町田市の私立中高の生徒が対象です。参加するのに予選などはないので希望者は誰でも参加できます(希望者が多い場合はもちろん学校内で選考します)。

今回は中学暗唱の部で中学2年のS君、高校暗唱の部で高校2年のS君、高校スピーチの部で高校2年のT君、帰国子女の部で中学2年のZ君が参加しました。

中学暗唱の部のS君は知らない人の前、しかも人数も多くて緊張したとのことですが、最後までスムーズにスピーチすることができました。

高校暗唱の部のS君は選んだ題材(オバマ大統領の広島訪問時のスピーチ)がかなり難しかったようで直前まで苦労していましたが本番では区切りもしっかりと入れて自分のペースでスピーチができました。

高校スピーチの部のT君は他のコンテストにも出場したことがあり、本番も今までの経験が生きているようで特に緊張した様子もなく発表できていました。

帰国子女の部のZ君は同じカテゴリーの他の参加者が全員高校生というなかでも物怖じせずにスピーチができました。

人前で、しかも英語でスピーチをすることは簡単なことではありませんが、時間もなかなか取れないなか、今回参加した4名はよく頑張ってくれたと思います。英語の学習の方法はさまざまありますが、こういったコンテストに出場する、出場するのに向けて練習するというのも1つの方法です。普段の学習以外でもこういった取り組みをすることで英語の力が伸びる1つのきっかけにもなってくれたらと思っています。