職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2018-03-05

「高校三年生になる君たちへ」工藤先生(高2副担任・社会)

今年度、副担任として、また、現代社会の授業担当として、高2学年に関わってきました。7クラス中5クラスの授業を担当していますが、それぞれにカラーが異なり、どのクラスも個性豊かな面々で構成されていて、笑ったり怒ったりの一年間を過ごさせてもらいました。

一年たってみて、彼らのめざましい成長に驚いています。…と書ければ美しくまとまるのですが「君たちはまったく…いつになったら成長してくれるんだい?!」と頭を抱えてしまうことも、実はしばしば。

けれどもやっぱり、成長はしているのです。

たとえば、来年度の選択科目を迷っていたA君。選択科目を決めた際に、色々考えたけれど、将来この仕事をやりたいんです、だからこの科目に決めました、とこっそり教えてくれました。同じく、迷いに迷っていたB君。春期講習で開設される講座から、来年度の選択科目とは違うのだけれど、自分の興味関心のある講座を受講してもいいですか、と聞きに来ました。もちろんウェルカムです。

進路を決めるというのは、とても大変です。「将来の目標を決めなさい」「やりたい仕事を見つけなさい」と、言われれば言われるほど分からなくなってしまうものですし、それを見出すためには、まず自分自身ととことん向き合わなくてはならないからです。
そんな中で、自分の興味関心がどこにあるのかを見定め、将来の目標を設定していった生徒たちは、やはり大きく成長しているんだな、と感じます。

一つ上の先輩たちは、そうした成長をしながら、もうすぐ日本学園を卒業します。
にちがくでの残り一年、高3になる彼らに何を残してあげられるのか、彼らの成長をどこまで助け、見守っていけるのか。彼らに負けず、私も、一年ごとに成長していきたいと思います。