職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2018-03-10

「立ち止まりながら前進」川崎先生(高3担任・理科・陸上)

今年の大学入試は、中堅から上位の大学については競争が激しく、本校でも希望通りに合格を果たせなかった生徒たちが少なからずいます。そのような厳しい現実の中、卒業を控えた生徒の皆さんには、どのような道を歩もうとも「とにかく前向きに前進する」心意気で生きてほしいと思います。もしかしたら、自分が志すべきことや夢がはっきりしている人は、脇目も振らずに突き進みたいところかもしれませんが、前向きに前進するとは、脇目も振らずに猪突猛進することとは違います。成果が得られないとき、迷いや判断が難しくて悩んでいるようなときは、必ず立ち止まり、周りの声に耳を傾け、素直に聞き入れることが大切です。何故なら周りの声を聞き入れることで自分を客観的に俯瞰して見ることができ、弱点を理解できるからです。自分のことを指摘してもらうことは、なかなか勇気がいることかもしれませんが、後々振り返る機会があったときに「聞いといて良かったな」となります。

だから前進するとは言っても、自分一人ではなく周りに声を掛けることができる人がいてくれると良いです。それが今春から自分が属する社会で出会う人々ならば、良いですね。もちろんそれが、日本学園での生活で出会った友人や先生方であるならば、皆さんは素晴らしい高校三年間または中高六年間を送ることができたということでしょう。

これからの人生は、これまでよりもずっと長い時間を歩むことになるでしょう。皆さんの歩む人生が素晴らしいものであることを応援しています。
卒業おめでとう。