職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2018-04-09

「なっていくこと」(生成)を言祝ぐ/中学部長・表象文化研究部顧問 谷口哲郎

春、新入生が真新しい制服に身を包み、学校は新鮮な空気感に満ちています。
新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
さて、中学1年生、高校1年生をはじめ、学年が新しくなる在校生の皆さんすべてが、この新年度には、新たな名称を授かりますね(更新されますね)。小学生と呼ばれていた自分が中学生と呼ばれ、中学生と呼ばれていた自分が高校生と呼ばれるようになります。また中学2年生が中学3年生に、高校2年生はいよいよ進路実現をする高校3年生と呼ばれるようになります…。

しかし、その名の通りすぐに「中学生になった、高校生になった、あるいは中学3年生、高校3年生になった」と果たして言えるのかと言えば、私はしばらく時をおいて見なければ必ずしもそうとはいえないと考えます。
大切なのは、呼ばれるその名に自分が追いつくこと、またそう「なっていくこと」です。「なっていく」とは、生成変化していくこと、徐々に別の形態に変わっていくことだと思います。ですから、すぐには難しいと思います。急がずとも徐々にでいいと思います。その名に自分の実態が追いついて、名実ともそろって自分なりのスタイルを築いて欲しいものです。そのためには始業式で水野校長先生の話にもありましたが、自分なりの「目標」をもってひとつひとつのことに取り組むのが大切だと思います。

春、学校は希望に満ちて、また今年も再出発しています。その再出発に必要なそれぞれの人の「生成」(なっていくこと)を言祝ぎ、その確かな一歩一歩を大切にしていきたいものです。