職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-03-13

「卒業おめでとう」熊野先生(高3担任・数学科)

みんな勉強や部活などに一所懸命で、この三年間があっという間に過ぎてしまったことと思います。この日本学園で、真剣に何かに取り組み、壁にぶつかって悩み、互いに励まし合い、共に喜び合うなどの様々な経験が、この先必ず力となります。自信を持って次の新しい世界に踏み出してもらいたいと思います。

今までは周囲の大人が注意や助言をしてくれましたが、これからは自分の足で歩いていかなければなりません。解放感があり、伸び伸びできると思うでしょうが、自由の広がりに比例して責任も重くなるということを忘れてはなりません。周囲に流されることなく、注意深く考えて行動することが必要です。

また、今後は自分のために勉強をし、やがて仕事をすることになります。それはそれでとても大事なことですが、それと同時に世の中に役立つ人間であるべきだと思います。先人の恩恵を受けて私達は生きており、互いに社会の一部を担い合っています。それはとても小さく見えることもありますが、でも、どれも欠けてはならない大切な一部です。今までたくさんのことを受けてきたのですから、今度は社会に還元するというのは当然のことです。特別に何かをするように言っているわけではなく、社会の一翼を担っている存在であるという自覚を忘れないでほしいと思います。