職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-04-26

「入学式から2週間が過ぎて」神戸先生(高1学年主任・社会科・囲碁部)

早いもので入学式から2週間以上が過ぎました。オリエンテーション期間が過ぎて平常授業が始まり、私が学年主任をしている高校1年生の生徒たちも少しずつ高校生活に慣れてきたように見受けられます。休み時間に1年生の教室の前の廊下を通ると、室内からはにぎやかな声が聞こえてきて、すでにクラスメート間でだいぶ打ちとけてきていることが分かります。

私は1年生の世界史の授業を担当していますが、生徒たちは私の質問に積極的に答えたり、分からないことを率直に私に質問したりしています。どんな学問も、身近な生活の中から「なぜだろう」「どうしてだろう」と疑問を抱くことから始まります。勉強には辛いこともありますが、われわれは学ぶことで世界や人間に対する見方を深めることができるのであり、そこには楽しさや面白さも含まれています。生徒たちには何事に対しても好奇心を持ち、自分が興味を抱いたことは粘り強く追求するという積極的な姿勢で勉強に臨んでほしいと思います。

ゴールデンウィークを過ぎると、生徒たちは高校入学後、初めての定期テストを迎えます。学力を向上させるには地道な努力の積み重ねが必要です。生徒たちの当面の目標は、授業や朝テストの予習復習など毎日の学習習慣をつけて、まずは中間テストに全力で臨むことです。そしてテストを終えると体育祭がやってきます。生徒たちにとっては初めての全校行事なので、“One for all,all for one.”の精神で仲間との団結を深め、大いに盛り上がって楽しんでほしいものです。

オリエンテーション期間中に行われた初めての学年集会で私が話したことですが、生徒たちには、自分の力で人生の進路を開いてゆけるような、自立した人間になってほしいと思っています。3年間にわたる高校生活で学ぶことや体験することの一つ一つが生徒たちにとって成長の糧、心の糧になることを願っています。