職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-05-15

「慰問演奏に行ってきました」土居先生(芸術科・吹奏楽部・自転車部・高1担任)

5月2日(火)日本学園の開校記念日代休の日です。サッカー部さんからマイクロバスをお借りして、町田市へ1日のミニ遠征の旅に出ました。毎年吹奏楽部へは慰問演奏の依頼を頂きます。新入生部員も含めて、今年度最初の出前コンサートとなりました。

前日の練習終了後、楽器をすべてマイクロバスに載せて準備完了。当日は朝8時に明大前の国道20号線付近に集合しました。途中コンビニでの昼食購入休憩も含め、約80分で午前中の訪問施設『草笛保育園』さんに到着しました。すぐに演奏準備を始めると、何度もお子さん方はその様子をのぞきに来ていました。こちら草笛保育園さんからは、年に一度、保育園の年間行事に入れて頂けるほど、我々吹奏楽部のコンサートを楽しみにして頂いています。また地域の方で、毎回必ずコンサートに参加して下さる方もいらして、大変盛り上がりました。

コンサートでは、楽器の紹介もあり、部員たちが一人または二人程度で楽器そのものの音を聞いて、更に一緒に歌うコーナーも用意しており、部員たちにとっては良いフレージングの勉強になります。歌詞カードも準備して、タイミングを見てお客様に見せる係なども自分たちで判断して行動できるようになっていきます。

午後のステージは、小田急線町田駅がそれほど離れていない施設『いずみの里』さんです。こちらの施設は特養の高齢者施設でデイサービスも併設されており、今回はデイサービスの利用者さん約50名の前でご披露させて頂きました。もちろん、保育園さんと同じプログラムというわけにはいきませんので、別のプログラムをご用意しました。

プログラムの中には中学2年生3人組の『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『東京五輪音頭』、楽器の紹介では『青い山脈』や『高校三年生』なども用意しましたので、大変ご満足頂けたようでした。『いずみの里』さんからのアンケートを添付しました。

夕方のステージは、そのすぐお隣の施設で、『なごみ保育園』さんです。こちらも1年に一度ほど伺っており、先生方も慣れたもので、我々メンバーを迎え入れる準備をして頂きました。このあたりも、『なごみ保育園』さんからお送り頂いたアンケートをご覧下さい。分園の『なごみ第2保育園』さんの副園長先生も聞きに来て下さり、今度はそちらでもという話になっています。

ボランティア活動は十分に意味のあることです。しかしそれだけではなく、実力アップにつながること、より良い演奏をしようと思えること、そして日本中に自分たちの音楽を届けたいと思えることが、この出前コンサートの意味なのです。

追伸
吹奏楽部は副顧問で情報科の三枝先生がFacebook Twitterにて発信もしてくれています。ぜひ、チェックとフォローなどをお願い致します。

twitter http://twitter.com/ngsb1984
facebook http://www.facebook.com/ngsb1984/