職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-09-27

「日学祭担当、三年目」工藤先生(高2副担任・社会)

今年も日学祭が近づいてきました。目の回るような忙しさですが、とても充実しています。
今年は「感謝」をテーマに、様々な企画を用意してきました。保護者の方、OB、一般の方、そして地域の方に、ぜひにちがくの男祭を楽しんでいただけたらと思っています。

実は私にとって、今年の日学祭は、少し特別です。
私が日学祭担当になった二年前、実行委員として、また、生徒会として頼もしい働きをしてくれた一年生が何名もいました。
お互い日学祭担当一年目、という(一方的な)連帯感もあり、彼らと共に苦労しながら日学祭を作り上げたときには、すっかりこの行事の魅力にはまってしまったのです。
昨年、彼らは二年生。学校の中心となる学年でした。実行委員会と生徒会の中枢メンバーとして、本当によく働いていましたし、彼らなりに、プライドと責任感をもってやっている姿はとても素敵でした。

そして今年、彼らは三年生。高校生活最後の日学祭を迎えます。
彼らも私も日学祭一年生だったころ、三年生のメンバーは経験豊富で、何を聞いても答えてくれ、何を頼んでもこなしてくれる、とても頼もしい人たちでした。
今、彼らがそんな存在になっていることを頼もしく、誇らしく思います。
自分たちがやるんだ、自分たちが作り上げるんだ、という意識をもってくれていることが後輩にもいい影響を与え、今年の委員長をはじめとする二年生・一年生にも、今後が楽しみなメンバーが揃っています。
日学祭を成功させるという共通の目標に向かって、共に進み、三年目を迎えた生徒たち。どうか、彼らの最後の日学祭が、ひたすらに楽しいものでありますように。
そんな気持ちがあるので、今年は少し特別なのです。

でも、日学祭担当でいる限り、きっとどの年も特別になっていくのでしょう。
実行委員だけでなく、全校生徒、教職員、OB、保護者の方も一緒に作り上げていく日学祭には、思い入れがどんどん増していきます。
ご来場いただく皆様にも、そんな楽しい気持ちが伝わるような日学祭にしたいと思います。
どうぞ、2日間、目いっぱい楽しんでください。楽しい企画目白押しで、皆様のご来場をお待ちしています。