職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-10-21

「山渓部員がハセツネカップに出場、年代別優勝!」高橋先生(高1・山渓部・社会科)

去る10月8日、9日と、第25回日本山岳耐久レース(長谷川恒カップ)が開催されました。今年は部員としては初めて、2年生の橋本君が出場しました。私は毎年出ていたのですが、今年は足の故障で欠場、彼の応援に回りました。

このレースは、奥多摩の山々を駆ける距離71.5km、途中の給水所は1カ所のみ(その他2カ所に自然水あり)、コース中半分以上は夜間の走行という、山岳耐久レースの名にふさわしい過酷なレースで、トレイルランの日本選手権的な位置づけの大会です。部内最速の脚を持つ橋本君も、さすがにスタート前はやや緊張の面持ちです。しかもこの日は例年にない暑さ、厳しいレースが予想されました。しかしこの悪条件をものともせず、橋本君は快走を見せ、11時間17分33秒でゴール。途中の35km地点にある三頭山で一時バテたものの、そこから見事に復活し、60km地点からの長い尾根を、すばらしいスピードに乗ってまさに激走、10代の部では2位に6時間以上の差をつけてぶっちぎりの1位でした。表彰式では、このタイムに会場がどよめいたほどです。

彼のこの活躍、他の部員にもとても刺激になったようです。「同じ部にいる仲間がこれだけの成果を上げているのだから、自分たちも!」という雰囲気を最近感じます。それも、悲壮感漂うのではなく、明るく和やかに、かつ緊張感をもっているという感じで。最近は、登山の計画のみならず日頃の練習メニューも顧問ではなく自分たちで考え、決められるようになってきました。私たち顧問の口出しもこのところめっきり減り、手持ち無沙汰になることもしばしば。人数は少ないですが、意欲的に活動している山渓部、今度の「オープンキャンパス」では、最先端の登山道具や山岳救助技術を使った部活体験の企画を予定しています。登山界で密かに評判になりはじめている本校山渓部員たちと、オープンキャンパスで楽しい時間を過ごしてみませんか? お待ちしています。