職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-11-06

「東京都軽音楽部連盟の大会出場」大橋先生(高3担任・社会・軽音楽)

軽音楽部は普段放課後に週に1〜2日ほど、バンド毎で練習をしています。その練習の成果を披露する主な機会は夏合宿と日学祭と卒業ライヴが恒例となっています。

しかし今年、久し振りに東京都軽音楽連盟主催の大会に出場することになりました。この大会は毎年行なわれているのですが、技量が伴わないと部としては出場させていません。今年出場するのは、日学祭の中庭ステージにも立った2年生のバンドです。バンドを組んで約1年半、最初は初心者からのスタートでしたが、必ず個人個人が努力をして、練習の日には必ずメンバーが揃い、そしてバンドとしてリハをやる際にはお互いの音をしっかり聴いてという、当たり前といえば当たり前ですが、そういうことをしっかりと続けてきたバンドです。お互いがお互いを高めあった結果、バンドという集団として大きく成長しました。

前回出場したバンドもそうでした。そのバンドの学年には3バンドあり、それぞれがライバルというわけではありませんがお互い高めあっていました。その代からはプロを目指し、先日アメリカの超有名ミュージシャンのバックでギターを弾くべく渡米したギタリストもいます。

バンド内でお互いを高めあう、部としてお互い高めあう、そしてそのために地道に個人練習に励む、これはバンドだけでなく、他のことにも通じる部分があると思います。

大会予選は11月11日の土曜日、ポッキーの日です。今日もそのバンドは練習日。予選通過、本大会出場を達成して欲しいと心から思っています。