職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-11-18

「数学研究同好会(仮)」吉見先生(中学副担任・数学)

本校では年間3回の数学検定(実用数学技能検定)を学内で実施しています。本校では、創発学のみならず、ありとあらゆる場面で事前学習、事後学習を行います。当然、数検でもその限りではありません。事前に過去問を解き、既習範囲の復習と、未修範囲の発展的学習を数学科の教員だけでなく、クラスメイト、先輩からも教わり、教え合いながら合格を目指しています。

数検では、中学1年生終了程度が5級、中学2年生終了程度が4級、中学3年生程度が3級となっており、各学年が終了した段階で、学年に見合った級が取得できていることが目標となります。現時点の段階でいうと、各学年の終了を待たずに、目標級を取得する生徒が非常に多く、今回の検定でも、自分の学年に対応した級以上の受験をしています。

先日行われた数検では、クラスメイト同士で教え合い、教科担当者が、未履修範囲について授業をし、フォローしました。現在の中学生からセンター試験に変わる新テストの対象者となるので、形だけの指導ではなく、成り立ちや、考え方も含めて指導したため、その成果があったようです。

生徒同士教えたい気持ちが強くなると同時に、だんだんと自分の理解にも繋がって自信をつけていった様子がわかりました。

学年全体がこの数検に盛り上がっている雰囲気をみていると、数学同好会のように錯覚してしまいます。もしかしたら、そのうち同好会から部に昇格・・・という夢を密かに感じさせてくれる熱心さでした。

みんなの努力が結果につながることを信じて、結果を待とうと思います。