職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2017-11-20

「あつき恵み教室」(中学キャリア教育)の事前学習 谷口先生(中学部長)

日本学園の創発学の大きな柱は、第一次産業(林業・漁業・農業)の現場で体験・取材する「調査研究」のプログラムと自らの「得意」を将来へつなげ、自己創造していく「キャリア教育」のプログラムです。

中高生くらいになれば「職業」についてある程度は知識や意義などは知っているだろうと思うのは、おそらく大人の思い込みです。本校の創発学で「キャリア教育」の初歩から何年も指導した経験から言わせていただくなら、実際に「職業」に就いている方から話を聞いたり、働いていらっしゃるところを訪ねたり、質問したりして初めてやっと中高生は「職業」の輪郭がつかめるようになってきます。

今回の「あつき恵み教室」は4人の講師の方々(航空宇宙科学・オーストラリア大使館・CGデザイナー・文具デザイナー)にお越しいただき、お話を聞き質問する機会が持てましたが、いきなりこの授業に参加しても生徒たちは、お聞きしたお話が身になりません。

その出発点として、いつも取り組ませている事前学習が、ワークシートを持たせ保護者や身近な方に直接インタビュー取材をし、クラスで発表するプログラムです。相互発表になりますので、他の生徒の発表を聞き、自分が取材した方とは異なった「職業意識」を聞くことができ、比較できます。そうすることで、初めて「職業とは何か」という問いに近づけるようになってきます。

その準備段階を経て、今回の「あつき恵み教室」を迎えました。その詳細は、担任の山下先生が書かれると思いますので、そちらをぜひお読みください。ちなみに「あつき恵み」という言葉は、本校の校歌「♪ひとの世の/あつき恵みに/こたえつつ/おのがつとめを/つくさなむ」の部分から取っています。

講師の先生方、ありがとうございました。