職員室

リレートーク

にちがくの教職員によるリレートーク
~学校生活、そして日常を語り繋ぎます~

2018-01-22

「バンドもひとつのチームである」小泉先生(高1副担任・英語・軽音楽部)

私が顧問をしております軽音楽部ですが、なんと同好会から部に昇格して今年度で10周年を迎えていたのですね。いえいえ、気づいていなかったなんてとんでもございません。お知らせするタイミングを見計らっていたわけで…

10年の間には、多くの部員が在籍し、多くのバンドが結成されました。残念ながら、途中で解散してしまうバンドもありましたが、メンバーの増減は多少あったにしても、卒業まで続いたバンドもあり、なかには東京都軽音楽連盟のコンテストでも勝ち進むバンドもありました。では、うまくいくバンドとそうでないバンドの差は何でしょうか?もちろんさまざまな理由はあると思いますが、バンドのリーダーにも関係があるのではと思います。

先日読んだ記事の中で、ウォール・ストリート・ジャーナルの編集者、サム・ウォーカー氏の著書『The Captain Class』が紹介されていました。彼は成功を収めたプロスポーツチームの共通点を探るために、100年以上さかのぼって1200以上のチーム(!)を分析してきたそうです。そして彼が発見した共通点は、「優れたリーダー」でした。

よくスポーツの記事を見ると、強いチームには優れたプレーヤーがいるとか、名将と呼ばれる監督がいるとか書かれているように感じます。しかし、スーパースターばかりを集めたチームが必ず優勝し続けるかというとどうでしょう。また、優勝請負人と呼ばれる監督が、どのチームでも上手く行くかと考えると、必ずしもそうではないですね。

そして、ウォーカー氏は優れたリーダーの資質として、以下の7つの点を挙げています。

1 並外れて粘り強い
2 ルールの限界までプレーする
3 縁の下の力持ち的な役割を引き受ける
4 チーム全員とはっきりとコミュニケーションする
5 言葉ではなく行動でチームのモチベーションを上げる
6 強い信念を持ち、人と違うことを恐れない
7 自らの感情をコントロールできる

冷静だが熱い気持ちと固い信念を持ち、周囲からの信頼も厚い人物像が思い浮かぶのでは? そして、この優れたリーダーの資質は、スポーツだけでなくさまざまな組織にも当てはまるとのこと。それならばバンドにも当てはまるのでは? と考えました。

今年度までに軽音楽部に所属したバンドは多数ありますが、例えばコンテストで結果を残すバンドやLIVEで良いパフォーマンスができるバンドには、上記の7項目のほとんどが当てはまるリーダーがいました。そのようなリーダーたちは、ふだんの練習のときから他のメンバーに的確な指示を出し、しっかりと目標に向かって他のメンバーたちを引っ張っていました。そしてそのことが、良いパフォーマンス・良い結果につながったのです。

参考記事:「1200チームを分析:常勝軍団に不可欠なのは、名監督でもスター選手でもない」
https://www.businessinsider.jp/post-100727

追加事項:リーダーの重要性を書きましたが、優れた組織というのはリーダーだけが優れているのではないのですね。ぜひとも「フォロワ−シップ」という言葉を調べてください。リーダー以外のメンバーの重要性もわかると思います。

そんな、さまざまなバンドが出場する「卒業LIVE」が以下のように行われます。年度末のお忙しいところだとは思いますが、ぜひとも皆様お誘いあわせのうえ、ご来場いただければありがたく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

軽音楽部 卒業LIVE
日時:2018年3月28日(水)
場所:下北沢MOSAiC (前回と同じ場所になります) http://mu-seum.co.jp/access.html
世田谷区北沢2-2-14モアイ茶沢 TEL: 03-5787-4559

開演時間・チケット・パンフレットなどの詳細については、追ってお伝えいたします。

写真は、前回の卒業LIVEより。