広報室(高等学校)

2017-07-14

12日水曜日、芸術鑑賞会がありました。
午後の集合時間だったので、講習や部活動を終えた生徒たちは夏の日差しの照り付ける中、麻生市民館に一堂に会して「寄席」を見ました。

今回は舞台に最も近い席で鑑賞していた中学生の感想文をご紹介いたします。

杉田くん
私は芸術感想教室に行き、寄席を見ました。
まず初めは落語です。落語と言っても難しい話ではありませんでしたが、身振りや口調、小道具などをよく見て話しの流れを想像する必要がありました。自分でストーリーを想像するので、一人ひとり異なる話が展開されることにも面白さを感じました。
次に曲芸を見ました。たくさんの技がありテンポよく進んでいくので、見ていて飽きることはありませんでした。どこで失敗してもおかしくないような難易度でした。
最後に漫才を見ました。分かり易く、こちらもテンポが良かったので、とても楽しく見ていられました。最初から最後まで面白かったです。
今回芸術鑑賞教室でさまざまな演芸を見ましたが、それぞれに違った面白さがあり、どれも楽しかったです。


高橋 Kくん
僕は芸術鑑賞教室で、日本の伝統文化に触れることができたなと思いました。芸術鑑賞の中でも特に、落語は初めて聞いたので、色々と驚きがありました。まず落語家の人が扇子や手ぬぐい、座布団だけを使い、あとは声に変化をつけたりしてすべての行動を表現していたことが、なかなかまねすることのできない、素晴らしい技術だと思いました。他にも聞き手を自分の話の世界に引き込む話し方など、とてもすごいと感じました。このように落語のおもしろさを感じられたので、また聞きたいなと思いました。


山中くん
今回の芸術鑑賞教室では落語と曲芸、漫才を見ました。落語では、笑点の林家木久扇さんの息子である林家木久蔵さんが落語を披露してくれました。落語家の子どもならではのお話を面白おかしく話してくれました。また、林家さんの落語を聞いて、ほめ上手になろうと思いました。上手に人をほめることができると自分によいことがあると学びました。
曲芸はとても印象に残っています。傘の上で湯呑を回したり、あごの上に棒や茶碗を積み重ねるなどたくさんの芸を見ました。その中でも特に、口にくわえた棒の上で急須を自由自在に操る芸は素晴らしかったです。これらのたくさんの芸をお客さんの前で失敗せずにすべて成功させるためにどれだけ努力してきたのか、見ていて感じました。
落語家さんや曲芸師さん、漫才師さんがお客さんを笑顔にするために努力をするように、自分も夢を実現させるために努力していこうと思いました。

2017-06-24

中学部長、谷口先生のコラムがご出身の九州の新聞、南日本新聞に掲載されていました。

紹介しているのは5月24日、6月7日、6月21日に掲載されたものです。

今回はとくに、中学生、高校生でも読みやすい内容になっているように思います。読んでみましょう!

保護者様もぜひご一読ください。

※前回の記事
http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9538

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9538

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9459

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9381

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9340

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9292

2017-05-27

数日前から心配された天候も回復。むしろ開催を危ぶみ悩んだ分、天が与えてくれたようなさわやかな風が吹く、ベストコンディションでの体育祭となりました。

写真は午前中までのダイジェスト。
高校の競技は迫力があります。蛇の皮むきや棒引き、クラス対抗リレー。
全力でのぞむ姿にこそ美があります!

中高ともに騎馬戦。それぞれ作戦もあったようです。身体ばかりでなく頭脳も回転させていました。

中学ダンスは今年は演出までこだわった「見せる」を意識したもの。この通り(写真9枚目)リーダーとして中学生をまとめた3年生たちは衣装としてスーツを着るまでの力の入れよう。グランドが一瞬ストリートになりました!

昼食休憩後の恒例の硬式野球部とサッカー部の応援合戦はなかなかオチをつけられないという苦しい展開に・・・。試合ではがんばれ!

そして吹奏楽部は各学年の生徒が上手に分担をしながら、演奏で競技全体を盛り上げました。

本日の体育祭にご来場いただいた保護者様、受験生の皆様、ありがとうございました。

お見送り時に生徒たちに「楽しかったよ」といったお声かけをいただき誠にありがとうございました。

2017-05-22

今年も体育祭のポスターができあがっています。

いつも完成して間もなく、体育祭がやってきてしまうので
お目見えの機会が少なく、もったいないと感じます。

美術部 中学3年生 王君の作品です。

※5月27日(土)開催予定。

※雨天の場合は5月29日(月)になります。

※個別相談ご希望の場合は当日に窓口でお申し出ください。

2017-05-15

以前からご紹介していますが、谷口先生(中学部長・国語科)のコラムがご出身の九州の新聞、南日本新聞に掲載されています。

ご紹介しているのは4月26日と5月10日に掲載されたものです。

中学生、高校生も読んでみましょう。今回は考えさせられる内容も含んでいます。
保護者様もぜひご一読ください。

※前回の記事
http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9459

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9381

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9340

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9292

2017-05-12

5月8日〜10日まで、在校生保護者の方向けに授業参観がありました。
今年も新入学生である中学1年生や高校1年生の保護者様のご参加を多くいただきました。以下に、とくに生徒の様子をとらえた感想をいくつかピックアップしてご紹介します。その他「わかりやすかった」「テンポがよかった」などの授業の感想も多くございました。
秋(11月)にもこうした機会がございます。多くの保護者様の御来校をお待ちしております。

中1 技術
実際に物を使用しての授業は子供達の興味を引くとても楽しい授業でした。

中1 美術
個々の作業を真剣に取り組んでいて楽しそうでした。静かに集中してよくやっていました。

高1 体育(柔道)
初めて子どもが柔道しているところを見ました。先生の話を聞いて上手ではないですが、何とか動いていたので、ちょっとうれしい気持ちになりました。
クラスメイトとも仲良く少しずつなっているように感じてちょっと安心しました。

高2 音楽
先生のお声がとてもステキでした。子供達も思っていたよりもしっかり声を出して歌っていたのが良かったです。一緒に習いたいくらいでした。

授業以外
椅子をスマートに出してもらい、大変嬉しい心づかいでした。生徒の挨拶が気持ちよかったです。ありがとうございました。

2017-05-10

本日の朝礼では、めでたく関東大会に進出することになったバスケットボール部とバレーボール部の壮行会が行われました。
「日本学園の代表としてがんばります」と各部の部長が意気込みを語ると、在校生や教職員から拍手での激励がありました。
がんばれ! にちがく生!

※バスケットボール部の活躍はこちら
http://www.nihongakuen.ed.jp/cumpus/club.php?id=9

※バレーボール部の活躍はこちら
http://www.nihongakuen.ed.jp/cumpus/club.php?id=2

2017-05-08

これまで3階にあった進路指導室。リニューアルして3号館1階、図書室前に移動しました。生徒たちが積極的に利用できるように昼休みや放課後、開室しています。(開室中は教員もおりますので、何か質問があったら気軽に声をかけてください。)

進路指導室にある主な資料としては一般的ではありますが、「大学入試の過去問題集」「進路関係書籍や資料」などがあります。

リニューアル開室した初日の放課後、のぞいてみると、白で統一された室内に早速数名の高校2年生が集まっていました。
彼らは部屋に入ってすぐのソファーで大学の過去問を見たり、大学の学校案内を見たり、模試の過去問を見たり・・・。
本日の利用の様子から、リニューアルされた施設を存分に利用しようという意欲、そして進路実現をニュートラルにとらえ向き合おうという気概を感じました。
在校生の皆さん、ぜひどんどん利用してください。

中学生も当然ながら、利用できますので、気軽に来室してみてください。

2017-04-17

本日は各学年で保護者会がありました。
とくに高校3年生の保護者向けには「進路説明会」が開催されました。

学年の担任陣の紹介のほか、学年主任から「目指す」のでなく「ねらえ」といった意識改革の話、「これから1年間の流れ」についての説明、英検の大切さなどの話がありました。

進路指導部長からは昨年入試の本校の結果と昨今の大学入試の形態、センター試験の利用の仕方と一般入試との併願の仕方などのお話がありました。
そして「どのコースにいても(勉強を)やれば受かる。やらなければ(当然ながら)成績はさがってしまいます」の一言。実に単純明快な原理です。これは生徒たちに聞いてほしい言葉でもありました。

受験生、そして保護者の皆様、進路実現に向かってがんばってまいりましょう。

2017-04-15

谷口先生(中学部長・国語科)のコラムがご出身の九州の新聞、南日本新聞に掲載されています。

ご紹介しているのは3月29日と4月12日に掲載されたものです。

今回は少し難しい内容ですが、中学生、高校生も背伸びして読んでみましょう!
保護者様には特に楽しんでいただける内容です。

ぜひご一読ください。

※前回の記事
http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9381

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9340

http://nihongakuen.ed.jp/chugaku/koho_article.html?p=9292