大学との関連行事

2017-12-13

2017年12月12日(火)、恒例の中学2年生の創発学行事である明治大学和泉キャンパス見学がおこなわれ、わがクラスが参加しました。

まず、教室で明治大学の紹介DVDを見たあと、あらかじめつくっておいた3つのグループに分かれて、ガイド役の3人の学生の方たち(男子2人、女子1日と)に案内していただいて、キャンパス内のさまざまな施設を見学しました。女子学生に案内してもらったグループはなんとなくそわそわしていました。

その1、図書館。約40億円をかけて2012年に建設された図書館は、本があるだけではなく、学生がレポートを作成するときのためにパソコンの貸し出しをしていたり、おもに簿記の試験を受ける学生用に、電卓を使用することのできる専用の部屋があったりと、近所の公立の図書館とはかなりおもむきが異なっていました。また、サークルなどでミーティング用に使えるスペースがあったりなどしてかなり開放的なつくりでした。

その2、体育館。和泉キャンパスの奥にある大きな建物が体育館。なかにはボルダリングをする壁や室内プールもあり、なんと予約すれば個人でも借りられるとのことでした。また、ジムもあり自由に学生が汗を流すこともできます。
体育館の廊下には学生が発行しているスポーツ新聞『明大スポーツ』が貼り出されていて、明大の体育会の活動を知ることができます。

その3、メディア棟。ここでは第二外国語の検定試験やTOEFL、TOEICに備えた音声教材などがそろえられているそうです。
いずれの施設にも多くの学生の利用者がいて、立派な施設がとてもよく活用されていることがよくわかりました。
また、キャンパス内にはコンビニや書店があることに生徒たちはいちばん驚いていました。入りたそうにしていましたが、今日はダメ。

そして最後に学生食堂。お昼すぎに全員で予約していた席につき昼食になりました。明大の学生食堂は広いうえに1階から3階まであり、和洋中華さまざまな料理やデザートも楽しむことができます。
ふだんの昼食はおうちのお弁当や日学の学食の中学生弁当を食べている生徒たちにとってみれば目移りするほどの状態で、はじめは興奮のあまり何を注文すればいいか分からずとまどっている生徒もいました。
なんだか最終的には学食を楽しみに行ったような感じになりましたが、生徒たちにとってみればはじめてのキャンパス見学で、大学というところの雰囲気が少しでもわかってくれたのではないかと思います。今後の進路意識の向上につながってくれたらと願っています。

2017-10-25

本日、明治大学経営学部の黒田兼一教授に「ブラックバイトとフリーター」というテーマで講義をしていただきました。

ブラック企業・ブラックバイトとは何か、そしてそういった企業が増えていった原因は何か、また、非正規雇用労働者が増加している現状、そして日本と海外での教育の違いに至るまでわかりやすく説明していただきました。

身近な問題として興味深く講義を受けていた高校2年生。講義終了後の質疑応答ではかなり多くの質問が飛び出しました。

そのなかには「教育や文化の違う海外の企業とはどう付き合っていけばよいか? 」「高校で職業教育を受けている海外で働くにはどうすればよいのか? 」など自らの描いている将来像についてのものや、「自主的にスキルアップのために残業するのはよくないことなのか? 」といった率直な疑問をぶつけるものなどがありました。

自分のこととして講義内容を聞き、考えている様子が見られ、非常に有意義な時間を過ごすことができていました。よく耳にする言葉ですが、中身について詳しく考えるきっかけがない彼らにとって本日の講義は刺激的だったようです。

こういった経験が彼らの視野を広げ、世の中の出来事について関心を持って「知ろう」という行動につながってくれるものと期待しています。

2017-09-25

9月13日(水)放課後、明治大学出張講義が行われ、高校第1学年のA組全員とB〜F組の希望者計34名が参加しました。

今回は、明治大学理工学部教授の黒田洋司先生が、「移動ロボット工学入門〜はやぶさ・ドローン・自動運転車とその先へ」という題で話してくださいました。黒田先生は移動ロボット工学を専門とする研究者で、ロケット「はやぶさ」の研究開発にも関わった方です。

黒田先生は、惑星探査ローバ、火山観測ロボット、無人放射線観測ロボットなどについて分かりやすく説明して下さいました。特に無人放射線観測ロボットは、「3.11」(東日本大震災)以後に注目され、活用されるようになったとのことです。黒田先生は、ロボットはあくまで人の役に立つためにある、との考えをお持ちのようでした。話はロボットのことだけにとどまらず、自動運転車やロボットベンチャーなどにも及びました。

講義の最後、ある生徒が「ロボットの未来の形はどうなるのでしょうか?」と質問をしていましたが、黒田先生にとってもロボットの未来を予測することは難しい問題のようでした。将来、人間とロボットの関係がどうなってゆくのか、私たちとしても考えざるをえない問題です。

以下、生徒の感想文とアンケートを一人ずつ載せておきます。

<感想文より>
「私は最初、(黒田先生が)理工学部と聞いて自分は文系に進む予定だから必要ないと考えていました。しかし今回の出張講義を受けて理工学部も楽しそうだなと思うようになりました。今回のテーマが身近な内容だったため、聞き入りやすく、興味津津でした。今回の出張講義のおかげで自分の進む道の選択肢が増えました。」

<アンケートより>
「ロボット製作は、人間型ロボットが大半を占めていると思っていました。でも人型ロボットだけでなく、移動ロボットも作られていると知ることができて、ロボットにとても興味を持った。自分が理系に行くことになったら今回の講義のことをふまえて進路選択をしたいと思いました。」


神戸信宏(高1学年主任、社会科)

2017-07-14

本日、明治大学生田キャンパスの登戸研究所に行ってきました。ここでは、戦争中に日本軍が極秘に行ってきた兵器研究などが行われていた場所です。様々な研究の中には、動物や、人体を使った実験などもあり、そこでの仕事にかかわった多くの人たちは、戦後ここで行われてきた活動の一切を誰にも話すことがないように硬く口止めされていました。

40年経って、はじめてこの登戸研究所でのことを話す人が現れて、徐々に戦争というものの本当の恐ろしさを知らされました。世界でも類を見ない極秘の資料館。生徒たちも戦争の恐ろしさを垣間見たと思います。

生徒の感想を紹介します。


「登戸研究所に行って」 益川くん

今回、登戸研究所に行き、説明を聞き、わかったことは、まず単純に戦争は恐ろしい、ということでした。その中でも一番驚いたことは、中国人を雇い、爆弾に入れるためのウィルスをその中国人の人々の体内に入れて、実験していた日本人が「最初は抵抗を感じていたのだが、それをやっているうちに一種の趣味となっていた。」ということでした。人と人との戦争がこんなにも人々の精神状態を麻痺させてしまうということに恐ろしさと、残念だなあという気持ちになりました。

今の日本は平和です。しかし、他の国では戦争をしている国もあります。だけれども日本も七十年、八十年前は戦争をやっていたという事実があります。これは、最近起こったこととして考えることもできます。僕はもちろん戦争を体験したことがないですが、実際に戦争が起こったという事実があるので、今回の登戸研究所での話も含めて、表の事実も裏の事実もよくかみしめておこうと思います。

2017-07-11

7月10日(月)、高校1年A組の生徒たちが、日本学園の近くにある明治大学和泉キャンパス図書館を訪問しました。初めに明治大学の図書館担当の方がプロジェクターを使って図書館について説明して下さり、その後、生徒たちは3グループに分かれて館内を見学しました。勉強したり議論したりしている大学生たちの姿に接して、いろいろと刺激を受けたようです。

以下は生徒たちの感想文からの引用です。

「図書館全体のデザインがとてもきれいで、日光の取り入れ方や空調の工夫がされており、学生のことを考える姿勢が伝わってきて、そういう心遣いも大切だということを学びました。」

「明治大学の図書館では学生が利用しやすいように様々な工夫がされていた。例えば、1・2階では生徒たちがディスカッションできるようになっていて、3・4階では落ち着きのある雰囲気で集中して勉強できると思った。様々な学生の使用法に応えられる図書館だった。」

「学生が快適に過ごしやすいように、椅子や机の形や色の工夫をしていた。この図書館に37万冊の本があることにとても驚いた。あらゆる所に工夫がしてあって、見学していて楽しかった。」

※神戸先生のリレートークをご覧ください
http://nihongakuen.ed.jp/cumpus/shokuin_article.html?p=9645

2016-12-14

本日、中学2年生は、明治大学和泉校舎見学に行ってきました。文学部演劇学科3年生Nさん(明治大学のパンフレットの表紙にも載っている学生さん)案内のもと、大学内を見せていただきました。

本校の生徒たちは少し緊張していたものの、ていねいでわかりやすいNさんの説明を、落ち着いて聞くことができました。生徒たちが「すごいな」とつぶやいた図書館には、静かに調べものなどを行うフロアの他、グループ研究などができる小さな部屋が何部屋もあるフロア、資料を調べながらパソコンなどでレポートを作る専用のブース(これはパソコンや電卓の音が気になるということで設けられたそう)などがあり、探求をすすめる学生にとって最高と思える空間でした。
案内の学生さん曰く「こんなに自由に研究できるところは天国です。私の先輩方も卒業したくないと言っています。私も同じ思いです」とのことでした。

そしてそんな施設に圧倒された生徒たちは最後に、学生食堂で昼食をとり、名物の3倍カレーを平らげました…。(うん…頼もしい。)

担任として、今日の見学を通じて、生徒たちにはこういったスペースで思いっきり学んで、精一杯学生生活を謳歌して欲しいと強く思いました。

ありがとうございました。

2016-11-07

10月26日(水)に明治大学教授による出張講義が主に高校2年生に向けて実施されました。

テーマ「なぜクリティカル・シンキングを学ぶのか」
1批判的思考のためのガイドライン 2クリティカル・シンキングと議論

講義の先生紹介:鈴木健先生(明治大学情報コミュニケーション学部教授)

講義の概要:私たちはなぜ批評を学ぶのだろう?
批評(criticism)の語源は、ギリシア語のkrinein(英語のjudge,decide.決定する、批判する)であり、物事を中立的にまたは懐疑的にせよ、危機的な状況で判断、意思決定することを元来は意味していた。また「批判」という言葉は、反対する、受け入れないなどのイメージからしばしば否定や非難と同義語として用いられるが、実際は、情報を分析し、吟味し取り入れることを指し、客観的把握をベースとした正確な理解が必要である。

さて、この、概要を読んだだけで面白そうな内容を実際に受講した生徒たちの感想を少しご紹介します。

高2 S.K君
僕は中学生の時に、半年ほど今回の講義のテーマと同じ、クリティカル・シンキングという名前の授業を学校で受けていました。その時に感じていたこととして、なかなか自分の意見をきちんと論理的に表現するのは難しいというものがありました。しばしば自分の意見が思い浮かんでも、それが駄目な理由ばかりが思い浮かんでしまって、すぐに立ち消えてしまうことが多かったのです。ただ、今回の講義の中で「“世の中の提案が、全ての人に都合が良いものならば、説得の能力は不要である。しかし、ある人にとって都合のよい提案は、別の人にとっては不都合である”。つまり、みんなに都合よくならないから議論になっているので、解決策に不都合なところがあったとしても、他の案を出してそれらを比較検討した上で一番良いものを選んだり、組み合わせたりすればよい」という内容がありました。
まず意見が浮かんだら、駄目な理由を考える前に、いくつも案を出してみるということは前から言われてはいるものの、できていなかったことだなと思いました。また、今回、話を聞いていてクリティカル・シンキングの手順のようなものの中に“「前提」と私達の「偏見」を分析する”ということや“感情的な推論を避ける”ということがありました。ここで僕は、よく国会議員のヤジや最近行われているアメリカの大統領選の討論会は、感情的な意見が多く出ていて、これは討論などと呼べるものなのか?と感じ、「こうした人達は、討論などをよくやっているはずだから、もう少し感情的な意見は減らすべきだ」と思いました。
今回、この講義を聴いていて、まだまだ難しい内容も多くありましたが、大学の授業を少しでも体験することができて、よかったです。

高2 M.K君
私はクリティカル・シンキングについて最初は全くわかりませんでした。直訳すると批判的思考ですから、否定的な考え方なのかと思っていました。しかし、前向きに物事をとらえようとする考え方だと知ったときは驚きました。現在、日本はいろいろな問題を抱えていますが、クリティカル・シンキングを理解することで、それらを自分達で考えるきっかけになると思いました。今回、グループで意見を出し合って、議論し、発表して評価を受けることで自分が提案したものの良い点と悪い点が明確にわかりました。特に年金問題というテーマについては、自分達にとって、かなり重要な問題であることは何となくわかってはいたのですが、データを元に解決策を考えるということを大人数でやることで多角的に考えることができました。これはなかなか経験できないので、貴重でした。
今後、大学生、社会人になったときに必要とされるのは、グループで議論をするときに積極的に発言し、みんなの意見をまとめる力だと思いますので、クリティカル・シンキングを使いながら、いろいろな問題について考えていくことが必要だと思いました。

高2 N.H君
今回の授業では、クリティカル・シンキングを軸に、いろいろな問題解決や議論の方法を学びました。例えばディベートやディスカッションは中学生や小学生の時にやっていましたが、今回の授業を受けるまでは、同じようなものだと思っていました。しかし、そうではなく、ディベートとディスカッションには明確な違いがあることを学びました。また、クリティカル・シンキングはとてもおもしろい方法だと思いました。ディベートのように別々の立場に分かれて議論するのではなく、問題に対しての前提や私達の偏見、感情的な推論などを取っ払い、白紙にして、一から事実と向き合って密度の高い議論をするという方法で、意見も幅広く、極端な考え方もしっかり議論をするのです。クリティカル・シンキングは、今まで自分が知っている方法とは違い、とても新鮮で興味が沸きました。
ワークショップの時間では、グループで話し合っていて、それぞれ違う意見が出て、一つひとつ議論して、いろいろな案が出て、今まで自分が経験してきたディベートやディスカッションよりとても面白いと感じました。最後のまとめの時も、それぞれのグループの案がほとんど重なることがなく、いろいろな方面から問題に対して解決方法を出していたのを聞いて いて、飽きることがなく、最後までクリティカル・シンキングを楽しむことができました。
クリティカル・シンキングは非常に創造的で、人数が多ければ多いほど多種多様な意見が出て、とても可能性のある問題解決の方法だと思いました。

2016-09-24

9月21日、明治大学理工学部機械工学科の黒田洋司教授が高校1年生へ向けて授業をしてくださいました。ご専門のロボット工学についての説明を初め、ロボット技術の進展から見えてくる世界の中の今後の日本についてまで色々とお話くださいました。
質疑応答では質問が途切れず、なんと30分超え。それだけ講義内容に興味をそそられた証拠ですね。
黒田先生がおっしゃったように「自信を持って」「日本にとどまらず世界で活躍できる」人材に成長できるよう頑張ってほしいですね。

生徒の感想を掲載させていただきます。一部抜粋しています。

NS君
「黒田先生の話を聞いて」
今回、黒田先生が出張講義に来てくださいました。自分の興味のある分野だったので、とても楽しく講義を聞くことができました。
僕が一番印象に残ったのは自動運転の車です。もし自動運転車が世界中に広まっていったら事故も減るので早く実用化されてほしいです。しかし、日本の車の会社がなくなってしまうのは少し怖いです。
黒田先生のお話を聞いたことで努力の大切さを改めて知りました。努力に勝るものはないという言葉を聞いて、今まで自分がなまけてしまったことを反省できました。
今回は出張講義の経験を通して少しでも自分にプラスにし、今後にいかしていければいいなと思いました。

NK君
「講義を聞いて」
ロボットなど将来に役立つことは黒田さんが何度も言っていたように数学が大切ということを改めて知ったので、日頃の数学の授業や自宅学習のときにもすべてを身につける気持ちで取り組んでいきたいと思った。
自分にとって外国の大学とは遠い存在だったが話を聞いて自信と実力をつければ十分外国の大学に入学できるということを知ったので少しだけ外国の大学について近く思えるようになったと思う。

SY君
今回黒田先生の出張講義は聞いて感じたことは、十年後や二十年後の未来に対しての興味や不安です。
私たちの代は成人して就職する人が大半だと思います。しかし、今回の出張講義では急速な機械化とともに競争が起き、なくなってしまう会社が多くなるという話が出ました。これらを聞いたとき、大手企業は倒産しないと思っていた自分の考えが揺らぎ、就職先を決めることに対する不安が生まれました。
一方、好きなことの研究に没頭し、無謀とも思えるような起業をし、今でもなお夢を追いかけている先生の姿に感銘を受けました。そして自分が今すべきことは何なのかアドバイスをいただけたことはとてもうれしかったです。

HK君
私は今回の話を聞いて数学の大切さと今後の日本についても考えさせられました。まず私はその通りだと思いとても共感したのは、自動車についてです。私は車がとても好きで私が直接お伺いしたときも質問に答えていただいてとても感激しました。そして今の車の使用状況が一番非効率的などいうのもとても共感しました。私は車は自分で運転していきたい派ですが、普通の人はそうではなく、安全快適なのが一番だと思うので、自動運転についても見方が変わりました。そして今の車を10分の1にはできるというのも近いうちに起こることだと思いました。
そしてロボットについてもとても面白いと思いました。ドローンや工場についても数学を応用していますし、今後の世界ではもっとロボットは必要になると思います。
最後に私は挑戦することは大切だと思いました。大学のうちに起業して大成功した人もいるので世界はおもしろいとわかりました。

MA君
今回、黒田教授の出張講義を受けて、今後自動運転車やAIの発達によって人の侵入ができないような地に踏み入って調べる話や、普及していくうちに今ある仕事の一部分が消え、新たな仕事が増える話などはとても興味深く、日本の学生は海外の学生よりも話を聞いて、やはり様々なものが自動化していっても人の手は必ず必要だと感じた。例えば人以外の動物や植物の解析をし、その結果を用いAIをより人に近づけるのもまた、人しかいないと自分は思う。だからこそ今後は日本は固い考えを捨てこういったものの進化にも手をつけはじめなければならないというのを気づかされるような講義だった。このような講義をしていただいた黒田教授、ありがとうございました。

2016-07-29

大学への進学意欲を喚起するため、明治大学の優れた教育施設の一つである和泉図書館を見学してきました。「入ってみたくなる図書館」というコンセプト通り素晴らしい施設でした。奥に行くに従って、また、階が上がるに従って静寂な空間になっていくなか、生徒たちも緊張しつつも興味深く見学しており、知的な空間を満喫したようでした。
見学後の質疑応答でも多くの質問が飛び出し、彼らの関心の高さがうかがえました。
将来こんな空間で学習している彼らの姿が見られると嬉しいですね。

2015-12-21

12月21日、中学2年生が明治大学和泉キャンパス・図書館見学会に向かいました。
事前学習を行っての出発です。
見学会では体育館をはじめ、メディアセンター、外国語学習室、図書館などを大学生が親切に手際よく案内してくれました。帰りは大学の食堂でのランチを体験。本校にも食堂はありますが、その雰囲気はまた、別のものです。みんな頼んだものを残さず、モリモリ食べて、大満足のようでした。

以下に簡単ですが、生徒の感想をご紹介します。

OSくん
大学への興味が出てきた。ここを受験して受かったら大学2年生で新しい施設ができる。少し見てみたい。それを見るために受験するのはありかもしれない。

NKくん
図書館のシステムがとてもよくとてもハイテクで驚いた。
体育館にロッククライムができるところがあり驚いた。

MRくん
大学のなかを詳しく知ることができた学生がどのように過ごしているかわかった。
とてもきれいなところでよかった学生が楽しく過ごしていた。

みなこの体験を通じて、事前学習でも学んだように大学へ進学する意義を感じ、「学びたいこと」を深く探求する充実した大学生活を送ってほしいものです。