大学との関連行事

2015-09-19

「幽霊はなぜ怖いのか?」〜高1明治大学教授による出張講義を受講

「幽霊はなぜ怖いのか?」
本のタイトルにもなりそうなキャッチ―なテーマ。

2015年9月16日(水)15:30より、明治大学情報コミュニケーション学部学部長で工学博士でもある石川幹人先生が本校で上記をテーマとした講義をしてくださいました。

石川先生は「なぜ幽霊がこわいのか、不思議なことを信じてしまうのか、人間の感情や思考の本質に迫る」という内容を、高校生にもわかりやすく、順序だててお話くださいました。



生徒の感想を少しご紹介いたします。(一部抜粋)

■高1「少年H」くん
「おもしろい!わかりやすい!」と思いました。
とくにテーマであった「幽霊はなぜ怖いのか?」というもの。私はそのことについて深く考えたこともなかったので、とても気になりました。人がお化けを怖がる理由は理性や感情、親から聞いたわけでもない本能的なものでした。これはお化けだけでなく、野菜の好き嫌いや高所恐怖症なども当てはまるということがわかりました。
このように人をひきつけ興味を持たせてくださった明治大学の授業をまた受けてみたいです!

■高1「N」くん
私はこの講義で認知心理学をいう分野の話をはじめて聞きました。その内容で特に「嫌いな食べ物」の話が一番おもしろいと思いました。
また、明治大学の出張講義で90分という大学の授業に近い形で受けることができて、非常に良い経験ができて良かったです。

■高1「M」くん
大学へ行ったら自分の知りたいことを調べられるんだなあと思って興味を持った。

■高1「T」くん
今回明治大学の情報コミュニケーション学部の石川先生に「幽霊はなぜ怖い」というテーマで講義をしていただきました。人間の心理についての話や、視線を誘導して見せるマジックなど、興味深い話をしてくださいました。
幽霊が見える人間の心理状態について質問すると幽霊が見えるという人は起きていながら夢を持ている状態らしく、イメージが視界にうつってしまうそうです。
全体の内容はとても幅広いもので難しかったです。今回の講習を聞いて心理学に少し興味を持ちました。